【口コミ】ピッコロドッグフード評判@シニア犬・老犬におすすめ食事

人間だけでなく犬の寿命もどんどん伸びており、今では日本で飼われている犬の50%以上が7歳以上のシニア犬・老犬です。人間よりも早いスピードで老いていく愛犬のために、飼い主ができることは毎日の「ごはん」でシニア犬・老犬に必要な栄養を摂り、健康を守ってあげることです。そこでピッコロドッグフードがなぜ人気なのか口コミを集め実際の評判を分析し、本当にシニア犬・老犬におすすめのドッグフードなのかその理由に迫ります。また、市販のシニア犬・老犬用ドッグフードと「ピッコロ」の違い、実際に11歳の愛犬に食べさせた感想、ピッコロドッグフードのお得な通販購入方法も紹介しているので、シニア犬・老犬の飼い主さんは参考にしてください。

 

【目次】
1.シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」の口コミを集めました
1-1 シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」の良い口コミ
1-2 シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」の悪い口コミ
1-3 シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」の実際の評判

 

2.ピッコロドッグフードがシニア犬・老犬におすすめな理由
2-1 シニア犬・老犬におすすめな理由その1:必要な栄養素がたっぷり
2-2 シニア犬・老犬におすすめな理由その2:高タンパクで健康をサポート
2-3 シニア犬・老犬におすすめな理由その3:カロリーと脂質が控えめ
2-4 シニア犬・老犬におすすめな理由その4:人工添加物不使用

 

3.ピッコロドッグフードと市販のシニア犬用ドッグフードとの違い

 

4.ピッコロドッグフードを11歳の愛犬と実際に検証

 

5.シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」のお得な通販購入方法
5-1 シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」は楽天やAmazonで購入できる?
5-2 シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」のおすすめ購入方法

 

6.ピッコロドッグフード口コミ評判@シニア犬・老犬におすすめ食事-まとめ-

 

 

シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」の口コミを集めました

シニア犬・老犬用ドッグフードとして人気の「ピッコロ」の口コミを集め、実際の評判を分析しています。「ピッコロ」ドッグフードに興味のある方は、ぜひ参考になさってください。

 

シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」の良い口コミ

トイプードル 12歳
食いつきが悪くなったわけではないのですが、10歳を過ぎた頃から食が細くなってしまい、全年齢対応のドッグフードでは十分な栄養が摂れているのか不安になり「ピッコロ」に切り替えました。ピッコロを選んだ決め手は、少量でも充分な栄養が摂れることと、関節にもいい成分が入っていたからです。食いつきも悪くなく、以前より元気になった気がするので、うちの子には合っているんだと思います。市販のドッグフードに比べると少々お高いですが、健康で長生きしてもらいたいので仕方のない値段だと思います。

 

ダックスフンド 10歳
市販のシニア犬用ドッグフードに替えてから、体重は増えていないものの見た目が太ってしまい、被毛もパサパサして老けた印象に・・・このままではいけないと思って、口コミで評判だったピッコロに思い切って替えてみました!市販のシニア犬のドッグフードよりもカロリーはやや高めだったので太ることが心配だったのですが、体重に変化はなく見た目はやや引き締まった印象です。そして被毛もツヤツヤで若い頃に戻ったようで本当に嬉しいです。思い切ってピッコロに切り替えて良かったです。

 

ウェルシュ・コーギー 8歳
元々太りやすい体質なのか、7歳を過ぎた頃から更に太ってしまい寝てばかりで心配・・・。シニア犬用のドッグフードに替えてはみたものの、食いつきもよくなく食べない割にはブヨブヨ。食べないのも心配でピッコロに替えたら食いつきがよく、よく食べるのに太りません。それに、なんか元気かも。同じシニア犬用ドッグフードでも色々あるんだと思いました。いつまでも元気でいてほしいから、いいドッグフードを選んであげたいですよね。

 

 

シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」の悪い口コミ

ヨークシャーテリア 10歳
市販のシニア犬用ドッグフードを食べていたら、毛なみが悪くなりパサパサに・・・ピッコロに替えると毛なみは良くなりました。でも、保存料を使っていないので仕方ないのかもしれないけど、開封して3ヵ月しかもたないのは短すぎる気がします。

 

トイプードル 15歳
ものはいいのかもしれないけれど、ちょっと高すぎます。でも、喜んで食べているし以前よりも元気になった気がするので、これからも続けますが・・・やっぱ高いなぁ〜(笑)

 

フレンチブルドッグ 9歳
通販でしか購入できないのが不満です。定期コースで購入していますが、食べムラがあるので余ってしまったり足りなかったりです。ドッグフード自体には満足ですが、通販購入しかできないのが正直面倒ですね。ネットで何でも購入するようなタイプだったら何の問題もないと思います。

 

 

シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」の実際の評判

 

シニア犬・老犬用ドッグフードとして人気の「ピッコロ」の気になる口コミをいくつか紹介しました。口コミのほとんどが良い口コミでしたが、少数ですが悪い口コミがあったのも事実です。その悪い口コミをみてみると、「保存期間が短い」「値段が高い」「通販購入しかできない」という悪い口コミが多く、ピッコロドッグフードの原材料や食いつきに不満がある飼い主さんは今回いませんでした。
原材料や食いつきに問題があるわけではないので、ピッコロドッグフードの評判自体は良いということになりますが、悪い口コミも気にならないと言ってはウソになるので、悪い口コミの理由についても分析してみました。

 


「保存期間が短い」というのは、ドッグフードの賞味期限を延す為に酸化防止剤や保存料などの人工添加物を使用していないからです。市販のドッグフードに比べると、封を開けてから酸化するスピードは速いものの、開封してから約3ヵ月の賞味期限があるので、3ヵ月以内には食べ終わるような気がします。

 


「値段が高い」というのは、原材料にこだわってカサ増しに小麦粉やトウモロコシなどのグルテンを含む穀物を使用していなく、高品質のサーモンとチキンを使っているからではないでしょうか。しかも、ピッコロドッグフードに使用している素材の全てが、人間が食べても問題のないレベルの「ヒューマングレード」のものなので、市販のドッグフードよりも高品質な分、値段も少々高くなってしまっているのだと思います。

 


「通販購入しかできない」というのは、品質管理を徹底して劣化させないためのものだと思います。悪い口コミを分析すると、保存期間が短いのは人工添加物不使用だからで、値段が市販のドッグフードよりも高いのは高タンパクで高品質だからで、
通販購入しかできないのは品質管理が徹底しているからというのが理由だったことが分かります。
犬を飼っている私にっとっては、悪い口コミの理由を見ればみるほど「良いドッグフードの条件なのでは?」と思ってしまいました。ピッコロドッグフードの口コミを集め分析した結果、人の捉え方はそれぞれなので悪い口コミはあるものの、「ピッコロ」は評判のよいシニア犬・老犬用ドッグフードだということが分かりました。

 

>>高品質でシニア犬・老犬におすすめなドッグフード「ピッコロ」公式ページはこちら

 

 

ピッコロドッグフードがシニア犬・老犬におすすめな理由

ピッコロドッグフードは、シニア犬・老犬用ドッグフード界に現れた期待の新星です。そこで、ピッコロドッグフードがシニア犬・老犬におすすめな理由を4つのポイントからご紹介します。ピッコロドッグフードが気になった方は、ここを読めばシニア犬・老犬にいかに最適なドッグフードなのかおわかりいただけると思います。

 

シニア犬・老犬におすすめな理由その1:必要な栄養素がたっぷり


シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」には、シニア犬・老犬に必要な栄養がたっぷり配合されています。まず、シニア犬の慢性的な悩みと言っていい「便秘」を解消してくれるリンゴとサツマイモ。リンゴには、便秘解消に必要不可欠な食物繊維ペクチンが豊富に含まれています。
サツマイモは、胃が弱っている犬でも容易に消化吸収できる良質な炭水化物なので、腸の活動が弱い老犬の便秘解消に大きな効果を表します。リンゴとサツマイモの力で、愛犬に負担をかけずにするっと排便を促してくれるのです。
また、年齢とともに弱ってくる関節の健康維持のためのグルコサミンやコンドロイチン、MSMも配合されているので、年をとってもアクティブに生活を送れるようサポートしてくれます。

さらに、体の内側からシニア犬・老犬の健康的な活力を維持してくれるマリーゴールドも配合。多くのシニア犬の「便秘」「関節のサポート」「活力の維持」という3つの大きな悩みを食事だけで改善してくれます。
しかも、シニア犬の消化の負担にならないよう穀物を一切使用していない「グレインフリードッグフード」なので、アレルギーや体調不良のリスクを大幅に低下させてくれます。

 

 

シニア犬・老犬におすすめな理由その2:高タンパクで健康をサポート


シニア犬のドッグフードにはタンパク質がとても重要です。タンパク質は、筋肉だけでなく被毛や内臓など愛犬の体のすべてを作っている大切な栄養素です。
ピッコロドッグフードはタンパク質の配合割合が、なんと70%とかなりの高タンパクになっています。高タンパクのドッグフードは、加齢に従い低下する犬の身体能力の底上げして、筋肉量を維持するので、お散歩や遊びなどの健康的な活動をサポートしてくれます。
ピッコロに使われているタンパク質は良質なチキンとサーモンなので、犬の食欲をそそる香りがして食が細くなったシニア犬・老犬でも喜んで食べてくれます。

 

 

シニア犬・老犬におすすめな理由その3:カロリーと脂質が控えめ


シニア犬・老犬は運動量が低下する上に、加齢によって筋肉量が減るので、基礎代謝が低下して太りやすくなります。だから、ピッコロドッグフードは「おいしさと栄養」をキープしたまま、カロリーと脂質だけを低下させるように考え抜かれたレシピになっています。
他のグレインフリーの全ライフステージ対応のドッグフードの100gあたりのカロリーはほぼ同じですが、給餌量が他のドッグフードと比べると少量なので、摂取カロリーは低いといえます。低カロリーで低脂質のピッコロドッグフードですが、シニア犬や老犬に必要なタンパク質や炭水化物、ハーブや果物などはたっぷりと配合されているので、少量でもしっかりと栄養補給でき太りにくいのが特徴です。

 

 

シニア犬・老犬におすすめな理由その4:人工添加物不使用


ピッコロドッグフードの原材料であるチキン、サーモン、野菜、フルーツなどは全て100%の自然素材です。しかも生産国はペット大国イギリスで、品質管理担当者が常駐している厳重に管理された衛生的な製造ラインで作られているので、衛生面・安全面共に何の心配もありません。もちろん、人口添加物や保存料、香料なども不使用ですし、使用されている保存料は、人工的なものではなくミックストコフェロールという自然由来の成分なので安心です。ドッグフードの味をごまかす様な人工香料や添加物を使用していないので、食欲が低下している老犬たちも「自然素材の美味しい香り」に惹きつけられて、本来の食欲を取り戻します。

 


>>シニア犬・老犬にピッタリのドッグフード「ピッコロ」公式ページはこちら

 

 

ピッコロドッグフードと市販のシニア犬用ドッグフードとの違い

市販のシニア犬用ドッグフードと、ピッコロドッグフードドッグフードは、同じ「シニア犬・老犬用ドッグフード」といえないほど大きな違いがあります。ここでは、市販のシニア犬・老犬用ドッグフードとピッコロドッグフードの違いを3つにわけて説明します。

 

・市販シニア犬・老犬用ドッグフードは穀物入りで老化を進行させる
まず、一番の違いはグルテンを含む穀物の使用です。ピッコロドッグフードには、犬が本来消化することが難しい小麦粉やトウモロコシなどのグレインは一切使用されていません。
しかし、市販のドッグフードは「シニア犬向けは低タンパク低カロリーでなければならない」という認識の元、カサ増しをして原材料の値段を下げるために小麦粉やトウモロコシといった犬の消化吸収に悪いだけでなくアレルギーや体調不良を引き起こすグルテンを含む穀物が大量に配合されています。

一番上に書かれているのが一番配合割合が多い原材料なので、ドッグフードのパッケージの裏の成分表示をチェックしてみてください。市販のシニア犬・老犬用ドッグフードのように、穀物が多く配合されているドッグフードを食べ続けた場合、シニア犬・老犬の体重は増えないものの筋肉量が徐々に低下してしまいます。筋肉量が減少すると、脚力が落ちてしまい体を動かすことができなくなり、さらに老化が進行します。
人間も犬も、シニア世代に突入すると、日ごろの運動が大切になってきます。人間同様に犬も筋力が落ちてしまうと日常の中で動かなくなり、1日のほとんどを寝て過ごすようになってしまいます。

ピッコロドッグフードは、犬の老化を食い止めるべく70%ものタンパク質が配合されているので、筋肉を落とすことなく健康で元気なシニア世代を送ることができます。愛犬を急に老け込ませないためには「低タンパク・低カロリー」ではなく「高タンパク・低カロリー」のドッグフード選ぶことが必要不可欠になってきます。

 

・市販のシニア犬・老犬用ドッグフードは添加物で体調不良と慢性疾患の恐れあり!
これは、シニア犬・老犬用のドッグフードだけではなく、成犬用のドッグフードにも言えることですが、市販のドッグフードには多量の添加物が配合されています。人口調味料、保存料、香料、着色料、など野生の犬は絶対に口にすることがない人工的な成分を毎日食べ続けることになるのです。特に日本のドッグフードには、法的規制がないため本来は口にするべきではない添加物も入っています。

これらの人口添加物は、長期摂取すると体調不良やアレルギーと言った愛犬にとって不快な症状を引き起こすだけではなく、癌などの慢性疾患の引き金になると言われています。なぜ、市販のシニア犬ドッグフードにそのような有害な人口添加物が配合されているかというと、粗悪な原材料をごまかし人工的な香料で旨みを増し、シニア犬・老犬の食いつきを良くするためです。そして人間が見て美味しそうに見えるように、着色料を使うのです。しかし、粗悪な原材料に人口添加物たっぷりのドッグフードなんて、高齢になった愛犬に食べさせたくありませんよね。
その点、ペット大国イギリスで厳選された原材料のみを使用して作られているピッコロドッグフードは、人口添加物も一切使われていないので、高齢になった愛犬にも安心して食べさせてあげられます。

 

 

・市販のシニア犬・老犬用ドッグフードは低タンパク
昔はシニア犬・老犬には低タンパク・低カロリーのドッグフードがよいとされていました。しかし、ペットを愛する人が増え研究が進み、今ではむしろ成犬よりもシニア犬のほうが高タンパクのドッグフードが必要ということがわかってきました。加齢に従って筋力が低下する愛犬の、体を支えるためには良質な動物性タンパク質が欠かせないのです。野生の犬は、年を取ったからといって小麦粉やトウモロコシを食べることはなく、若い頃と変わらず動物の生肉を食べます。ペットとして人間に飼われている犬も同じように、高齢になっても動物性タンパク質は大切な栄養源なのです。

しかし、市販のシニア犬・老犬用ドッグフードのほとんどが低タンパク・低カロリーのドッグフードです。これらの低カロリー・低タンパクのドッグフードは、カロリーとタンパク質の割合を抑えるために小麦粉やトウモロコシなどのグルテンを含む穀物を使用しているので、シニア犬・老犬の老化を加速させるばかりか、体調不良の原因になりかねません。それに対して、ピッコロドッグフードの成分表示をチェックしてみると「骨抜きチキン生肉(31%)、骨抜き生サーモン(20%)、乾燥チキン(13%)」という様に、肉や魚などの動物性タンパク質を多く含んだ高タンパクドッグフードなのが分かります。この成分表示を見るだけで、愛犬が喜んで食べる姿が目に浮かびますよね。高タンパクのドッグフードは犬にとって美味しいだけではなく、元気で過ごす為に必要な筋肉の低下を防ぎ、毎日の健康をサポートしてくれます。

 


>>シニア犬・老犬の健康をサポートしてくれるピッコロドッグフード公式ページはこちら

 

 

ピッコロドッグフードを11歳の愛犬と実際に検証

 

ピッコロドッグフードがシニア犬・老犬におすすめのドッグフードだということが分かったところで、実際に愛犬に与えて粒の硬さや食いつきなど検証したいと思います。今回、私と一緒にピッコロドッグフードを検証してくれるヒメちゃんです。

 

 

ヒメちゃんは今年で11歳になった女の子のダックスフンドです。
私が結婚して嫁いでくるときに、ヒメちゃんも私と一緒に嫁いできました。
子供がいない私たち夫婦にとって、ヒメちゃんは我が子のように可愛くて愛おしい存在です。
7歳の頃から片目に濁りが出てきて白内障になってしまいましたが、今でも散歩が大好きなヒメちゃん。
でも、9歳を過ぎた頃から年齢のせいか太ってきてしまい、1日のほとんどを寝て過ごすようになり、大好きだった散歩も行きたがる割には帰りは自分で歩くことができず抱っこです。
太るのが心配で市販のシニア犬用のドッグフードに切り替えたのですが、体重は増えないものの見た目は更に太ったように思えます・・・
しかも、余計に老化が進んでしまったように思えて、シニア犬・老犬用のドッグフードを旦那さんと一緒に探していて見つけたのが「ピッコロ」でした。

 

 

ピッコロの口コミや公式ページを見て、とても好印象だったので実際にヒメちゃんに食べてほしくてピッコロドッグフードを頼んでみたというわけです。
市販のシニア犬用のドッグフードに比べるとピッコロは少々高いような気がして購入を迷っていましたが、「ヒメちゃんの健康を考えたら高くない値段だよ」という旦那さんの言葉で購入することを決めました。
ピッコロドッグフードは新鮮なチキンとサーモンを70%の割合で使っているのにカロリーや脂質も控えめらしく、グルコサミンやコンドロイチン、MSMも含まれているようなので、ちょっと痩せてまた元気に一緒に散歩できるといいな。

 

 

ピッコロドッグフードの粒の大きさを見てみると、小粒なので小型犬のシニア犬や老犬でも安心して食べることができます。

 

 

ヒメちゃんは好き嫌いはありませんが、11歳と高齢で体調を崩してしまうと大変なので、今までのドッグフードに少しづつ混ぜながら1週間かけて慎重に切り替えました。
食いつきはというと・・・
ご覧の通り、食いつきがいいです。(笑)
粒が少々硬いように思いましたが、美味しそうに食べていたので問題なさそうです。
歯が弱っているシニア犬・老犬の場合は、お湯などでふやかしてあげてもいいのかもしれません。
食いつきもよかったので、このままピッコロドッグフードを続けてみたいと思います。

 

 

市販のシニア犬ドッグフードからピッコロドッグフードに切り替えて1ヵ月が経ち、今は2袋目の途中です。
初回は喜んで食べるのか不安もあったので通常購入で1袋のみ購入しましたが、美味しそうに食べてくれ便秘や軟便になることもなかったので2回目からはお得な定期コースに変更して購入しています。

 

1ヵ月ピッコロドッグフードを続けてみて、大きな体重の変化は見られませんが、見た目は少し引き締まったように感じます。
そして、大好きだった散歩も行きだけではなく、帰りも自分で歩いて帰ってこられるようになりました。
ピッコロドッグフードは市販のドッグフードよりは少し値段が高いですが、思い切って切り替えて本当に良かったと思います。
たかが犬という人もいると思いますが、私たち夫婦にとってはヒメちゃんは我が子も同然です。
いつまでも愛犬に元気でいてほしいと願う飼い主にとって、「ピッコロ」はシニア犬・老犬の健康をサポートしてくれる理想のドッグフードだと思います。

 


>>シニア犬・老犬の健康をサポートする理想のドッグフード「ピッコロ」公式ページはこちら

 

 

シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」のお得な通販購入方法

最後にピッコロドッグフードの、お得な購入方法をご紹介します。

 

シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」は楽天やAmazonで購入できる?


ピッコロドッグフードは発売してまもない商品ということもあり、現時点では楽天やAmazonなどの大手通販サイトでの取り扱いはありません。もし、楽天やAmazonで検索して「ピッコロ」が出てきた場合は、本物ではなく類似品の可能性がありますし、公式ルートでの購入ではないので細心の注意を払う必要があります。愛犬に、「確実に安全なもの」を食べさせてあげるためには、公式サイトでの購入をおすすめします。

 

シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」のおすすめ購入方法


公式サイトには、通常購入や定期購入など買い方に種類があって、それぞれ1袋あたりの単価が異なるので、どの買い方を選べば一番お得にピッコロドッグフードを入手できるか把握しておきましょう。

 

・ピッコロドッグフード通常価格→1.5kg 3,980円(税抜き)送料640円 代引き手数料237円 クレジットカードは決済手数料無料

 

市販のドッグフードに比べると少々高いかもしれませんが、高品質のドッグフードと考えると仕方のない値段だと思います。このお値段よりもっと安くなるのが定期コースです。ここからご紹介するのが定期コースの価格で、購入する袋数が多ければ多いほど割引率が高くなります。
合計金額が7000円未満で10%オフ、7000円以上で15%オフ、20000円以上で20%オフになります。1回当たりの購入価格が1万円を超えると送料と代引き手数料が無料になるので、そこを狙いたいものです。

 

こちらが、各袋数毎の割引率と特典です。

定期コースは1週間から13週間(約3か月)の中で好きなタイミングを選ぶことができるので、愛犬の食べる量や選んだ袋数に応じて調整しましょう。一番お得になるのは定期コースで1度に6袋購入することですが、大型犬でなければ13週間以内で消費するのは難しいかもしれないので、送料と代引き手数料が無料になる「1度に3袋の定期コース」が現実的にはお得になります。

 

ただ、食いつきにムラがあったり偏食気味のシニア犬・老犬の場合、最初は「通常購入」で食いつきを試してから定期コースにすることをおすすめします。

 


>>シニア犬・老犬用ドッグフード「ピッコロ」をお得に購入できる公式ページはこちら

 

 

ピッコロドッグフード口コミ評判@シニア犬・老犬におすすめ食事-まとめ-

ピッコロドッグフードは、発売されてまもないシニア犬・老犬用のドッグフードですが、口コミを見てわかる通り非常に評判が良いドッグフードです。その理由は、シニア犬・老犬が喜ぶ味と栄養バランスです。
ピッコロドッグフードにはシニア犬・老犬に必要な栄養素がたっぷりと配合されている「高タンパクで低カロリー」のグレインフリードッグフードで、人口添加物も不使用なので安心して愛犬に食べさせることができます。年を重ねて賢くなったシニア犬・老犬は、穀物多過で人工添加物がたっぷり含まれている市販のドッグフードは、本能的に受け付けない場合が多いですし、そのようなドッグフードを食べ続けていると老化を進行させててしまいます。
しかし、新鮮なチキンとサーモンを主原材料として使用しているピッコロドッグフードはシニア犬・老犬も喜んで食べてくれ、犬本来の筋肉と活力を取り戻すことができます。愛犬にいつまでも元気でいてほしいシニア犬・老犬の飼い主さんはぜひ公式ページからピッコロドッグフードを試してみてください。

 


>>シニア犬・老犬に犬本来の筋肉と活力を取り戻すピッコロドッグフード公式ページはこちら

 

 





愛犬家がおすすめするドッグフードランキング

 

ドッグフード