【口コミ】ナチュラルドッグフードラムの悪評@本当の評判は逆だった?


生ラム肉を主原材料としているナチュラルドッグフードは、とても人気のドッグフードです。口コミを見てみると、ほとんどが良い口コミだったのですが、気になる悪評があることがわかりました。良い口コミばかりは存在しないのも分かりますが、悪い口コミを見るとその内容が気になるのも事実。
気になる悪評の理由に迫り、原材料や成分へのこだわりから本当の評判について検証し、実際に愛犬に与えてみて喜んで食べるのか調査したいと思います。ナチュラルドッグフードはグレインフリーではないのに、どうして人気があるのかその理由についても解明します。

 

【目次】
1.アランズナチュラルドッグフードラムの本当の口コミ評判・評価
  1-1.アランズナチュラルドッグフードラムの良い口コミ評判・評価
  1-2.アランズナチュラルドッグフードラムの悪い口コミ評判・評価
2.アランズナチュラルドッグフードはグレインフリードッグフード(穀物不使用)ではないの?
3.アランズナチュラルドッグフードの原材料・成分へのこだわり
4.アランズナチュラルドッグフードを愛犬は喜んで食べるのか
5.アランズナチュラルドッグフードラムのお得な通販購入方法と休止・解約方法
6.【口コミ】アランズナチュラルドッグフードラムの悪評@本当の評判・評価は逆だった?まとめ

 


アランズナチュラルドッグフードラムの本当の口コミ評判・評価
アランズナチュラルドッグフードラムの良い口コミ評判・評価
チワワ(3歳)ナチュラルドッグフード歴:1年
軽い食物アレルギーがあるので、なかなか合うドッグフードがなくてずっと手作り食でした。ナチュラルドッグフードはラムにくを原材料としていてアレルギーが起こりにくいドッグフードと聞いて藁にもすがる思いで試したところ、食いつきもよくてアレルギーも起こりませんでした。今は朝はナチュラルドッグフード、夜は手作り食にしているので、私の負担も減りました。

 

ダックスフンド(6歳)ナチュラルドッグフード歴:2年
ちょっと太りやす体質のうちの子のために、ラム肉を使っているドッグフードを探していました。食いつきもいいし、排便も以前に比べてスムーズな気がします。無添加の原材料で品質もよく、定期コースでお得に購入できるのも魅力的です。もちろん無理することなく健康的に痩せることもでき、理想のドッグフードに出会えて満足です。

 

トイプードル(2歳)、マルチーズ(5歳)ナチュラルドッグフード歴:1年
全犬種対応で7ヵ月目から与えられるということで、多頭飼いにはピッタリのドッグフード。以前はグレインフリーのドッグフードを与えていたのですが、排便がスムーズにいかずナチュラルドッグフードに変更して早1年。
グルテンなどの犬の体に負担になるような穀物は含まれていないということで、排便もスムーズになり以前より健康になったような気がします。「アランズナチュラルドッグフード」これからもモリモリ食べて健康で長生きして欲しいです。

 

アランズナチュラルドッグフードラムの悪い口コミ評判・評価
ゴールデンレトリバー(2歳)、チワワ(3歳)ナチュラルドッグフード歴:1年
全犬種対応の高品質なドッグフードということで、愛犬の健康を考えて1年前からナチュラルドッグフードを購入しています。食いつきもよく喜んで食べているのですが、ちょっと不満に思うこともあります。ドッグフードの粒が成犬用にしては小さい気がします。

 

ヨークシャーテリア(3歳)ナチュラルドッグフード歴:3ヵ月
うちの子は体が小さく小食です。ナチュラルドッグフードは開封後の賞味期限が短く、小分けにして冷蔵庫の野菜室で保存しないと品質的に心配です。正直、毎回その作業をするのが面倒です。

 

トイプードル(1歳)ナチュラルドッグフード歴:1ヵ月
食いつきがいいという口コミが多かったので試してみたのですが、食いつきはあまりよくありません。食べないので、今までの市販のドッグフードに戻したら食べました。原材料や評判も良かっただけに期待していたのですが・・・残念です。

口コミを集めてみたところ、良い口コミの方が圧倒的によかったものの、様々な悪評もありました。ここでは私が個人的に気になった悪評をいくつかピックアップして、その理由について調べてみました。
まずは「成犬用にしては粒が小さい」という口コミですが、確かにナチュラルドッグフードは粒が小さいドッグフードです。しかし、小型犬はもちろん偏食気味の犬たちにとっても食べやすい粒の大きさですし、しっかりとした歯ごたえもあるので大型犬も喜んで食べてくれるはずです。粒が小さいあまり、食べ残すようでは問題ですが、今までのように食べているようなら問題はないでしょう。

次に「賞味期限が短い」というものですが、無添加なのでそれは仕方のないことだと思いますし、開封前は12ヵ月、開封後は3ヵ月の賞味期限は決して短くないのではないでしょうか。添加物たっぷりの長期保存できるドッグフードより、私個人としては無添加ドッグフードを選び、しっかりと保存するする方が愛犬の健康のためにはいいように思えます。
そして「食べなかった」という口コミですが、今までのドッグフードから急に新しいドッグフードに替えるとなかなか食べてくれない事があります。また、今まで添加物たっぷりのドッグフードを食べていた犬は無添加のドッグフードに替えると濃い味に慣れていたため、食べないということもあるみたいなので、少しずつ移行して無添加の味に慣らしていくと、徐々に素材本来の味を感じられるようになるようです。
こうして悪評の理由を詳しく見ていくと、悪いと思っていたことが犬の健康を考えると「逆にいいことなのでは?」という結果になりました。ナチュラルドッグフードは本当に評判のいいドッグフードのようです。

 


>>口コミで高評価ナチュラルドッグフードの公式サイトはコチラ

 

 


アランズナチュラルドッグフードはグレインフリードッグフード(穀物不使用)ではないの?
犬を飼っている人、特に愛犬のご飯にこだわっている人にとって「グレインフリー」は今や常識となっていて、犬にとってトウモロコシや小麦にような穀物は「無用の長物で、消化器官に負担を与えるだけのもの」と言う認識だと思います。確かに犬の祖先は狼、肉食です。穀物をそのまま食べる習慣がなかったので、大量の穀物を消化することができません。良質なドッグフードのほとんどはグレインフリーが合言葉のようになっていて、「グレインフリーこそが愛犬の健康を守る」と言うのが世の中の流れと言ってもいいでしょう。

 

ところが、このナチュラルドッグフードはグレインフリーではありません。それだけで愛犬の健康にこだわる飼い主さんは「はい、却下」と考えてしまいそうですが、なぜこれだけ原材料にこだわっているナチュラルドッグフードが「あえてグレインフリーではない」のでしょうか?

グレイン=悪という風潮の中グレイン入りを貫いているには、実はちゃんとした理由とこだわりからの自信があるのです。ナチュラルドッグフードが、グレインが入っている悪いドッグフードなら本国イギリスでも日本でも全く支持を得られず、あっという間に消え去ってしまいそうですが、実際はイギリスでも日本でも多くの犬たちが喜んで食べています。それどころか、グレインが入っているのに体調を崩すどころか腸内環境が良くなって排便がスムーズになったり、アレルギーが出なくなったという口コミも少なくありません。

 

その理由は、使っているグレインにあります。ナチュラルドッグフードは、グレインの中でもトウモロコシや小麦のようにグルテンという物質を多く含むグレインではなく、玄米や全粒オーツ、全粒大麦などのアレルギーになりにくくグルテンがほとんど含まれないものを使っているからです。実は「グレイン=全部悪」と言う訳ではなく「グルテンを多く含むグレイン=悪」なのです。多くの犬が体調を崩したりする原因物質がトウモロコシや小麦で、グレイン入りのドッグフードの中で悪いドッグフードと言われているのは、かさ増しのために小麦やトウモロコシを大量に混ぜているドッグフードなのです。

グルテンを多く含んでいるグレインを使ったドッグフードは愛犬の健康を害しますがグルテンフリーでグレイン入りのドッグフードは決して犬にとってマイナスではありません。むしろ、少量のグレインが入っていることで腸内環境が良くなり、便秘が解消されるというメリットがあります。人間も犬も腸内環境が良くないと、便秘や下痢以外にも様々な体調不良を引き起こすことが知られています。だから、ナチュラルドッグフードは腸内環境を改善するためにも「あえてグレインを使っている」のです。このように、ナチュラルドッグフードが「グレインフリーこそ正義」という世の中の流れに逆らって、グレイン入りドッグフードを開発したことにはしっかりとした理由があったのです。

グレインフリーにこだわらず、犬の健康について真正面から向き合って結果がグレインフリーではなく「グレインインのグルテンフリー」という選択でした。これまでグレインフリーが愛犬のためには一番だと思って、愛犬の便秘や体調不良から眼を逸らしてきた真面目で熱心な飼い主さんは少なくないと思います。そういう方は愛犬のためを思って敢えてグレインを配合しているナチュラルドッグフードを試してみてはいかがでしょうか。

 


>>腸内環境を整えてくれるナチュラルドッグフードはコチラ

 

 


アランズナチュラルドッグフードの原材料・成分へのこだわり
ナチュラルドッグフードは愛犬のことを考えてあえてグレインを使っていることが分かりましたが、実はこのドッグフードが人気なのはそれだけが理由ではありません。原材料や成分にとことんこだわった、愛犬の健康第一で考えているドッグフードだからこそイギリスでも日本でも多くの飼い主さんの支持を集めているのです。ではそのこだわりを1つずつチェックしていきましょう。

 

◯愛犬も飼い主も嬉しい無添加

 


ナチュラルドッグフードには人工添加物が一切含まれていません。人工添加物の全てが悪いとは言いませんが、毎日少量とは言え小さな体の犬たちが食べ続ければ何らかの健康被害が出ないとは言い切れません。人工添加物は消化されずに少しずつ愛犬の体内に蓄積されていきます。だったら人工添加物は一切入っていない方がいいですよね。

 

さらに肉副産物も無添加。肉副産物とは肺、肝臓、脾臓、血液、骨、胃腸、脳、などの内臓のことで、これには病気や怪我で重体の動物たちのお肉も含まれます。こんな原材料を使っているご飯は愛犬に食べさせたくありませんよね。格安ドッグフードの中には価格を下げるためにこれらの原材料を使っていることが少なくありませんので、成分表示をしっかりとチェックしましょう。

ナチュラルドッグフードの無添加はこれだけではありません。着色料、保存料、香料も使われていないのです。通常のドッグフードは香料で良い匂いをつけることで犬の食欲を増幅させるのですが、ナチュラルドッグフードは素材の匂いだけで犬の食欲を掻き立てるようになっています。健康被害の心配がある保存料も使用していません。その分賞味期限が短いので食が細い犬用の場合は、届いたら小分けにして冷蔵庫に入れておくなどの対策が必要になります。それだけ無添加にこだわっている上に新鮮なフードという証拠ですね。このように人工添加物、肉副産物、保存料、着色料、香料が一切入っていないので、愛犬に毎日安心して食べさせてあげることができます。

 

 

◯信頼ある工場で、厳しい品質管理のもとに生産

 


愛犬のご飯を作っている工場を想像したことがありますか?私たちの人間用の食品工場ですら「ゴキブリが混入」したり「金属片が混入」したりと、厳格に管理されているはずの人間用ですらこの始末。ところがナチュラルドッグフードの工場は国際規格を取得して、イギリスの州議会と英国小売協会に認められた施設で製造されています。製造ラインは常にモニターで監視されていて異常があればすぐに察知できるようになっているのです。

 

 

また、原材料は全て製造ラインに入る前に品質試験を受けている上に、完成後のフードも細かく粉砕して品質チェックを受けています。つまり、衛生的な製造ラインで2度も品質試験をパスした安全なドッグフードだけが出荷されているのです。さらに出荷後も製造番号を調べれば製造年月日だけではなく原材料の出荷地まで遡ることができるのです。12ヶ月はそのロットのサンプルを保管して品質に問題がないかどうかをチェックしているという徹底ぶりなので安心ですね。

 

 

◯消化吸収がよく、食習慣が健康に!

 


ナチュラルドッグフードは質の良い調理済みの、グルテンが含まれていないグレインが含まれているので、消化吸収がグレインフリーフードよりも優れています。グレインフリーフードで便秘になったり胃腸の調子が悪くなったりしてしまった愛犬には、このように良質のグレインが適量配合されているフードをあげてみると劇的に果然することが珍しくありません。グレインだけではなく、ナチュラルドッグフードに含まれている野菜やハーブも消化吸収を助けてくれます。これらの食物繊維が食べ物が消化器官を通過する時間を長くしてくれるので、ゆっくりと必要な栄養を吸収することができ、胃腸への負担を和らげるのです。

「犬は肉食だから野菜とかグレインは不要なんじゃないの?」と思うかもしれませんが、犬の祖先、野生の狼たちは動物の草食動物のお肉だけではなく内臓も食べていました。内臓の中には消化されていない野菜や草が含まれています。間接的に大量ではないものの「野菜や穀物」を口にしていたのです。
ナチュラルドッグフードは肉食動物の食生活についてしっかりと検証して「自然界の肉食動物に近い食事」、つまりお肉だけではなくグレインや野菜、ハーブの混合フードに辿り着いたという訳です。犬本来の食生活にほぼ合致していれば、消化吸収はバッチリですし体は健康的になりますよね。

 

 

◯アレルギーになりにくい生ラム肉を最大55%含有、満足の美味しさ

 


ナチュラルドッグフードのメイン材料は生のラム肉です。なぜラム肉なのか、というとその理由は3つ。

1つ目の理由は「アレルギーになりにくいから」です。もちろん中にはラム肉でアレルギーになる犬もいますが、牛肉や豚肉に比べれば圧倒的少数です。犬は言葉をしゃべることができないのでちょっとした体調不良は見過ごされがちですが、実は多くの犬が食事アレルギーに悩まされていると言われています。その中でも、多いのが豚肉や牛肉アレルギーです。ナチュラルドッグフードはその2種類を一切使っていませんので、アレルギーから愛犬を守ることができます。牛肉豚肉以外にも小麦、大麦、乳製品、とうもろこし、大豆、という多くの犬がアレルギーに悩まされている材料も使われていませんので、アレルギー対策は万全と言えます。

2つ目の理由は「ラム肉の脂肪が溶けにくく太りにくいから」です。ラム肉の脂肪は融点、つまり溶ける温度が犬の体温よりも高いため食べている最中に体内で解けることがありません。だからカロリーの高い脂肪は吸収されず、体外に排出されるのです。脂肪の吸収は体への負担になるだけでなく、肥満の原因になるので、愛犬の健康を考える飼い主さんなら避けたいところ。それを自然の摂理で避けることができるのがラム肉、という訳なのです。

 

最後の3つ目の「理由は栄養バランスに優れているから」です。ラム肉にはカルニチンという体を活性化させる栄養素が豊富に含まれています。さらに体の健康と美容に良いビタミンA群、B群、鉄分なども多く含まれています。

他のお肉よりも栄養バランスが優れているのがラム肉なのです。このように、ナチュラルドッグフードがラム肉を使っているのは、コスパでも材料調達の容易さでもなくフードを食べる犬のことだけを考えた結果なのです。

 

ナチュラルドッグフードの原材料や成分、品質管理へのこだわりは、愛犬を思う飼い主目線で見ても満足できるのドッグフードといえそうです。

 


>>原料・成分にこだわった安心安全なナチュラルドッグフードはコチラ

 

 

 


アランズナチュラルドッグフードを愛犬は喜んで食べるのか
ナチュラルドッグフードの原材料や成分、そして特徴を見てきましたが、調べれば調べるほどうちの愛犬にピッタリのドッグフードに思えてきました。
そこでジャジャーーーン!!

ナチュラルドッグフードを実際に購入してみました!!実は私も2歳半になるトイプードルを飼っているんです。
今現在はグレインフリーのドッグフードを与えているのですが・・・排便がスムーズじゃないんです。グレインを全て排除したかったわけではなく、粗悪なドッグフードを与えたくなくて選んだグレインフリーのドッグフードでした。
便秘気味の愛犬を見て、ドッグフードと一緒に玄米なども与えていたのですが・・・。グレインフリーではないけれど、グルテンをほぼ含まないというナチュラルドッグフードを見つけてしまったのです。
どんなに高品質なドッグフードでも合う合わないがあるので、最初から定期コースでの注文には抵抗があり、くぅちゃんに合っているか合わないかまだ分からないので、定期コースではなく1回きりの通常価格で購入しました。

実際に開けてみます。
何だろう?この香り?ドッグフード特有の臭いを覚悟していた私は拍子抜け(笑)
臭くないというと語弊があるかもしれませんが、抹茶っぽい香りです。
実際には抹茶は含まれていないので、ハーブの香りだと思います。

人間にとっては全くイヤな香りに感じません。

ドッグフードの大きさも小粒なので小型犬でも問題なく食べられそうです。
粒の大きさが小さすぎて大型犬には物足りないなどの口コミもありましたが、ドッグフード自体が思ったよりも硬いので、歯ごたえもあり小粒でも大型犬は満足できると思います。

では実際にナチュラルドッグフードを与えたいと思います。
ドッグフードを切り替える時は、急に切り替えてしまうと体調を崩してしまったり、食べなくなってしまう原因になってしまうので慎重に切り替えます。今までのドッグフードにナチュラルドッグフードを混ぜ、1日目は25%、 3日目は50%、5日目は75%、7日目は100%と1週間を目安に切り替えていきます。

ラム肉のドッグフードを与えるのは初めてだったのですが、とても喜んで食べています。
すっごい食いつき!!
ラム肉には体を温める効果もあるみたいなので、代謝をアップし老廃物を排出してくれるので、涙やけなどにも効果があるみたいです。

 


1週間後
ナチュラルドッグフードを与えるようになって1週間が経ちました。もう100%ナチュラルドッグフードに移行です。体調を崩すこともなく、毎日喜んで食べています。
排便もとてもスムーズ!!お見せできないのが残念です・・・(笑)

 

1ヵ月後
食いつきもよくお腹の調子もいいので、気に入って定期コースで頼んでいます。便秘に悩まされることもなくなったせいか、今まで以上に元気なくぅちゃん。愛犬の元気な姿は、飼い主にとって1番の幸せです。

 

3ヵ月後
ナチュラルドッグフードに替えてから3ヵ月が経過しました。便秘はもちろん、下痢もなく、胸やけや消化不良で吐いてしまうこともなくなりました。そしてラム肉とお腹のスッキリ効果で、もりもり食べているのにちょっぴり痩せたんですよ♪健康的に無理なく痩せられるのは、愛犬にストレスを与えず優しいですよね。

 

愛犬の健康のために高品質のドッグフードを求め、グレインフリーを選んでいる飼い主が多いことはいいことだと思います。しかし、愛犬が排便がスムーズにできないのはとても可哀想なこと。そんな時は、ラム肉使用で低アレルギーでグルテンをほぼ含まないナチュラルドッグフードを是非試してみてください。

 


>>愛犬の腸内環境を整えてくれるナチュラルドッグフードはコチラ

 

 


アランズナチュラルドッグフードラムのお得な通販購入方法と休止・解約方法
ナチュラルドッグフードを購入したいと思った方、検討したいと思った方のために購入方法と休止、解約方法をまとめておきました。
購入方法とお値段を比較
先に結論を言うと、一番お得なのは公式ページの定期コースでのまとめ買いです。小型犬であれば1日あたりのドッグフード代は100円程度と、決して手が届かない金額ではありません。格安フードよりは割高にはなりますが、愛犬が病気になって通院することを考えれば、とても悲しいことですし治療費もかかってしまいます。
愛犬の健康を考えれば安心安全なナチュラルドッグフードを選びたいものです。ただ「最初から定期コースにするのは不安」という人もいると思いますので通常購入と定期購入の両方の金額を載せておきます。「うちの子は食べず嫌いが多いから」とか「うちの子、アレルギーが多いから心配」という方はまずは通常購入で1袋だけ購入してみると良いでしょう。

【通常購入】
ナチュラルドッグフード 2s 3,980円(税抜き)
小型犬は1ヶ月で1袋消費しますので1ヶ月あたり税抜き3980円になります。

 

【定期コース】
ナチュラルドッグフード 2s 3,564円(税抜き)
定期コースで一度に7,000円以上(2個)購入すると15%オフ(通常購入の場合は5%オフ)
定期コースで一度に20,000円以上購入すると20%オフ(通常購入の場合は10%オフ)

 

どちらのコースも3袋(10000円以上)購入すると送料や代引き手数料が無料になります。定期コースはそれだけで400円も安くなりますが、さらにまとめ買いをすることで15%から20%もお安くなります。

大型犬の飼い主さんや中型犬の多頭飼いの飼い主さんは定期コースのまとめ買いでかなりお得になりますね。定期コースは1週から13週の中で好きな頻度を選ぶことができるのでまとめ買いもしやすくなっています。小型犬の場合でも、1ヶ月で大体1袋を食べますので、定期コースの13週で3袋購入すれば送料手数料無料な上に15%オフの恩恵を受けることができます。

 

解約、休止方法
「まとめ買いしすぎちゃった」「夏だから食欲が落ちてフードの減りが遅い」または「解約したい」という場合は電話やファックス、メールで手続き可能です。ただし定期コースを注文した場合は3回購入のお約束があるので、3回購入後に手続きをしましょう。

 

amazonや楽天の方が安いイメージがありますが、取り扱いがない場合や保管方法に問題がある場合もあるので、公式ページからの購入をオススメします。また、今現在の最安値を調べたところ、公式ページの定期コースでした。

 


>>ナチュラルドッグフードを1番お得に購入できる公式サイトはコチラ

 

 


【口コミ】アランズナチュラルドッグフードラムの悪評@本当の評判・評価は逆だった?まとめ
ナチュラルドッグフードは便秘がちの愛犬だけでなくアレルギーの愛犬も安心して食べさせてあげることができるように開発されています。多くの犬たちが悩んでいるアレルギーの原因物質、小麦、大豆、乳製品、トウモロコシ、牛肉、豚肉を一切使用していませんし、メインのお肉はアレルギーが出にくいラム肉を使用しています。ラム肉はアレルギーになりにくいだけでなく、栄養価が高いので少量でもしっかりと栄養を補給することができますし、ラム肉の脂肪は融点が高いので、愛犬が食べていても溶けずに吸収されないため、肥満防止にも役立ちます。
また、人工添加物、保存料、香料、着色料、肉副産物が一切含まれていなく、あえてグレイン入りにこだわって犬の消化吸収を良くするための配合バランスになっています。野生の犬本来の食生活を再現することを目指しているため、野菜やグレインを配合しているのです。

人間の食べ物でも無添加やオーガニック食材を使った料理はどうしても食材の味を生かす調理法の場合が多いので、今まで添加物たっぷりの食事をしていた人にとっては物足りなさを感じるもの。ナチュラルドッグフードは栄養バランスや無添加、あえてグルテンを入れている点など、愛犬の健康にかなり力を入れているので、愛犬が食べてくれるのか心配になる飼い主さんもいると思います。確かにどんなにいい食事でも食べてくれないと意味がありませんが、生ラム肉をたっぷり55%も使っている上に食欲を増進させるハーブもミックスされているので愛犬の食いつきはバッチリです。
生後7ヶ月から生涯食べ続けることができる栄養バランスですし、小粒なので小型犬でも食べることができますし、しっかりとした歯ごたえなので、大型犬にとっても満足できるドッグフードといえそうです。
ナチュラルドッグフードの悪い口コミや悪評の理由について詳しく見ていくと、実際には犬にとって悪いことではなく、本当は犬や飼い主目線で開発されたドッグフードであることが分かったと思います。アレルギー食、便秘解消食、としてだけでなく優れた栄養バランスのナチュラルドッグフードを、愛犬の健康を第一に考えるなら一度試してみてはいかがでしょうか。

 


>>低アレルギーで腸内環境を整えるナチュラルドッグフード公式ページ

 

 





私がおすすめするドックフードランキング

 

ドックフード