犬が太っちゃった|肥満防止ができるドックフードとは

愛犬の体型がみるみる変わってしまった、なんて経験がある飼い主さんも多いかもしれません。

 

ワンちゃんって可愛いので、ついついおやつとかいっぱい与えてしまうんですよね。

 

そこで考えておかなければならないのが、ドックフードから肥満防止をする、といったことです。

 

ドックフードの種類によっては太りやすいものもあります。

 

こちらではドックフードからワンちゃん体型維持について考えます。

 

 

■炭水化物量が多くなっていないか?

 

・人間と同じ理由で犬も太る

 

人間はお米やパンなどを大量に摂取してしまうことで、肥満の症状が現れてしまいます。

 

炭水化物が脂肪となって身についてしまうのです。

 

だからこそ、最近では低糖質ダイエット、と呼ばれるものも生み出されました。

 

実際に多くの方は、そのダイエットで痩せることに成功しているのです。

 

ワンちゃんも炭水化物を摂取することで太ってしまうケースが多くなっています。

 

そもそもドックフードの中に炭水化物が多く含まれているのです。

 

現在販売されているドックフードですが、量を増やすために炭水化物でかさ増ししている現状があります。

 

そんなドックフードをワンちゃんが食べ続けてしまえば、どんどんと脂肪が身についてしまい、太ってしまうわけです。

 

 

・肉中心のドックフードに切り替えること

 

いつまでも炭水化物中心のドックフードをあたえないでください。

 

肉中心のドックフードに切り替える必要があります。

 

お肉でも太るのではないか、と思っている方もいるかもしれません。

 

基本的に、肉に含まれる脂質では太らないとされています。

 

そもそも犬は昔から肉中心の食事をしてきました。

 

ですから、お肉をとったとしても健康を害するようなことは基本的にありません。

 

 

■食物繊維が多いドックフードは犬のダイエットに良いのではないか?

 

・おすすめできない

 

確かに、犬のダイエット用ドックフードとして高繊維質タイプと呼ばれるフードもあります。

 

食物繊維が多く含まれており、体内に栄養を吸収されるのを抑えてくれるのです。

 

しかし、食物繊維が機能を発揮しすぎてしまうと、身体に必要な栄養についても吸収されなくなる可能性があります。

 

確かに痩せられるかもしれませんが、愛犬の健康を害しては意味がありませんよね。

 

そもそも食物繊維が多く含まれているドックフードは肉の量も少なめです。

 

それではたんぱく質不足に陥って、毛並みも悪くなってしまいますよ。