ワンちゃんは雑食系|ワンちゃんに野菜もあげるべき?

ワンちゃんは肉食であることが基本です。

 

しかし、雑食であることも確かです。

 

食べてはいけない野菜もありますが、食べても良い野菜があるんですよ。

 

こちらでは、ドックフードとは別に野菜も与えるべきなのか、といったことを解説します。

 

もし、野菜を与えたほうが良いのであれば、今日からでも実践したい、なんて考えている人もいるかもしれませんね。

 

 

■基本的に野菜は必要なし!

 

・犬はもともと野菜を食べない動物

 

犬は、狼から分派してきたとされていますよね。

 

最近の研究では、人に慣れる狼同士を掛け合わせることで、どんどんと人間にとって飼いやすいようにしてきた、といったことが指摘されています。

 

犬の先祖である狼は完全に肉食で、基本的に野菜を食べないわけです。

 

人間は雑食性であり、日本人のように歴史的に長く肉以外の者を食べてきた歴史もあります。

 

その結果、我々の腸は長くなり、野菜の消化に適した状態になったのです。

 

しかし、肉食を中心とした動物は腸が短く、肉食に特化しています。

 

犬も腸が短めなので、野菜を食べることに特化した身体をしているわけではありません。

 

・そもそもドックフードには様々な栄養素が含まれている

 

ドックフードは、犬がそれだけを食べて健康的な生活が出来るように考えて作られているのです。

 

蛋白質やビタミンも豊富に含まれているので、ドックフードを適量与えていれば、栄養不足になることは考えられません。

 

ただ、なるべく自分の作ったものをワンちゃんに与えたい、と思っている飼い主さんもいますよね。

 

そんな時に、野菜を与えるケースも出てくるわけです。

 

野菜を与える時ですが、おすすめの調理方法があるので述べさせてもらいます。

 

 

■野菜をワンちゃんに与える時のおすすめ調理方法

 

・野菜を茹でること
・みじん切りにすること
・ドックフードと一緒に与えること

 

茹でることで柔らかくしてあげます。

 

さらにみじん切りにして食べやすい状態にしてあげるのです。

 

ただし、野菜を食べる習慣が犬にはないので、そのままでは食べてくれません。

 

そこでドックフードにトッピングさせます。

 

ドックフードを食べるのと一緒に、野菜も一緒に食べてくれるわけです。

 

茹でることとみじん切りをすることは、ワンちゃんの胃腸に負担をかけない、といった効果もあります。

 

ちょっとしたことではありますが、それがワンちゃんを健康にしてくれるのです。

 

『ワンちゃんに与えても良い野菜例』
・キャベツ
・ブロッコリー
・さつまいも
・かぼちゃ、など

 

ちなみにネギ類は絶対にあたえないで下さい。

 

ワンちゃんと非常に相性が悪く、生命の危険性もあります。