抜け毛が多すぎる!!ワンちゃんの抜け毛はドックフードで減らせる?

ワンちゃんの抜け毛で悩んでいる飼い主さんも多いかもしれません。

 

以前であれば、外飼いをしていた家庭が多かったわけですが、近年では室内外が当たり前になりました。

 

大型犬でさえ室内で飼っているケースが多いわけです。

 

しかし、室内で飼うとワンちゃんの抜け毛が多くて掃除が大変ですよね。

 

季節ごとに起こるものなので仕方ないことは確かですが、やはり煩わしいものです。

 

こちらではワンちゃんの抜け毛対策に役立つドックフードについてお話します。

 

そんな効果のあるドックフードは実際にあるのでしょうか。

 

 

■ドックフードで対策はできない!

 

・自然現象なので仕方がない

 

抜け毛が少なくなってもらいたい、といった気持ちがあることはよく分かります。

 

しかし、夏毛が抜けたり、冬毛が抜けたりすることは自然現象です。

 

それをドックフードで止める、なんてことは出来ないわけです。

 

そもそも、ドックフードは医薬品ではありませんよね。

 

食品なのです。

 

食品に自然現象として抜ける毛を減らすような効果があったら、かえって大変な作用、といっても間違いではありません。

 

ワンちゃんの抜け毛対策を考えるのであれば、抜けることを前提にする必要があります。

 

 

■ワンちゃんの抜け毛の影響を減らす方法とは?

 

・散歩途中などにブラッシングをしてくること

 

室内で毛が抜けてしまわないようにすることが大事です。

 

そのためには、散歩途中でブラッシングをしましょう。

 

家の中で落ちるかもしれない毛を、外で除去してくるわけです。

 

定期的に行っていれば、1日あたりの抜ける量もそれほど多くありません。

 

ワンちゃんにとってもブラッシングは気持ちいいものなので、喜んでさせてくれるはずですよ。

 

ただし、強く行いすぎるとワンちゃんの肌を傷つけてしまいかねないので注意しましょう。

 

・定期的にシャンプーを実施すること

 

ワンちゃんは毎日シャンプーをする必要がありません。

 

お肌に大きな負担がかかってしまい、皮膚が傷ついてしまうのです。

 

ある程度間隔をあけて実施するのがおすすめです。

 

シャンプーの間隔ですが、月に1回から2回程度に抑えて下さい。

 

そのくらいのペースであれば、抜け毛の予防にもなりますし、ワンちゃんの肌に負担も出ません。

 

・毛の長いワンちゃんは定期的にカットすること

 

日本では、それほど長い毛は必要ありません。

 

特に毛の長いワンちゃんにとっては、バリカンをしたほうが涼しくて良い、といったケースも有るわけです。

 

バリカンで毛を短くしていれば、抜け毛の容量も結果的には少なくなりますよね。

 

掃除も簡単になりますよ。