ウェットタイプとドライタイプのドックフード|虫歯のリスクについて

ドックフードに関しては、ウェットタイプとドライタイプが有りますよね。

 

飼い主さんはどちらを選んだらいいのか、なんてことを考えるわけです。

 

そこで一つの考え方に、虫歯のリスク、といったものが有ります。

 

ウェットタイプとドライタイプですが、どちらのほうが虫歯のリスクが高いのでしょうか。

 

解説させてもらいますね。

 

ワンちゃんに虫歯ができてしまった経験がある飼い主さんには必見のテーマですよ。

 

 

■ウェットタイプのドックフードは虫歯のリスクが高い!

 

・食べカスが歯に残りやすい

 

ウェットタイプのドックフードですが、歯につきやすい、といった特性があるのです。

 

べっとりと歯にウェットタイプのドックフードが付いたままとなってしまうことで、虫歯が発生してしまうことも十分に考えられます。

 

ドライフードに関しては、虫歯のリスクが少ないので、歯の健康を考える上ではかなりおすすめとなります。

 

一方で、ワンちゃんの食いつき方を見てみると、圧倒的にウェットタイプのほうが美味しそうに食べてくれますよね。

 

ウェットタイプのドックフードを食べているワンちゃんは、ドライフードを食べてくれないこともあるほどです。

 

そもそもウェットタイプのドックフードは、肉類などがしっかりと含まれており感触が良いわけです。

 

さらに、水分も多く含んでいるので消化もしやすいといったメリットが有ります。

 

飼い主さんの中には、虫歯になるリスクはあるけれど、ウェットタイプのドックフードを与えたい、なんて思っている人も多いわけです。

 

しかし、ウェットタイプのドックフードを与えたからといって、必ずしも虫歯になるわけではありません。

 

実は良い対策方法があるのです。

 

 

■歯磨きができるタイプの犬用お菓子を与えよう

 

・食べカスを落としてくれるフードも存在している

 

ワンちゃんを歯磨きするのは大変ですよね。

 

じっとしてくれるわけではありません。

 

現実的に難しいので、他の方法で歯についたドックフードを落として上げる必要があります。

 

実は、歯についたかすを食べることで落としてくれるドックフードも存在しているのです。

 

そのフードを噛むときに、歯についたかすを一緒に取り除いてくれる、といったスグレモノなアイテムです。

 

ワンちゃん用ガムもおすすめです。

 

ワンちゃん用ガムを与えることで、あのガムを噛む時に歯についたカスが落ちます。

 

さらに唾液も出るので、虫歯になりにくい口内環境が得られるわけです。