食べ残したドックフードは出したままでも平気なの?

ワンちゃんも体調によっては、ドックフードを残してしまうことが有ります。

 

特に夏場は、ワンちゃんも夏バテして少食気味になってしまいます。

 

食べ残しのドックフードはどうしたらいいのでしょうか。

 

そのままでも問題はないのでしょうか。

 

それとも処理したほうが良いのでしょうか。

 

詳しく解説させてもらいますね。

 

 

■絶対に出したままにはしないこと!

 

・ドックフードも劣化してしまう

 

乾燥しているドックフードであれば、菌が繁殖しにくかったり、保存が効くのではないか、と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、すでにワンちゃんが口をつけたものなのです。

 

ワンちゃんのよだれなどがドックフードについていることも有り、そこから菌が繁殖して、ドックフードを危険な状態にしてしまう可能性も出てきます。

 

菌の繁殖といっただけではなく、長時間ドックフードの放置は風味を落とすことにもなりかねません。

 

ワンちゃんにとってもまずい味わいになってしまうのです。

 

そんなものをワンちゃんが食べたとすると、その食事はおいしくないもの、と判断するようになるかもしれません。

 

ドックフードを食べてくれなくなる可能性もあるので十分に注意しましょう。

 

 

■どのくらい放置して食べなかったら処分すべきなのか?

 

・15分くらいが目安

 

ワンちゃんは、人間のようにゆっくり食べる、といったことはしません。

 

基本的に一気に食べてしまうので、5分から10分で食事を終えてしまうのがほとんどなのです。

 

食事の量によっては、もう少し早く食べ終えることも有りますよね。

 

処分をするのは食事を提供してから15分くらいたって、もう食べていない場合です。

 

その状態になっていれば、ワンちゃんもお腹いっぱいですし、これ以上食べる可能性は少ないので、処分して下さいね。

 

 

■食べ残しをさせないことが最も大切

 

・ワンちゃんの食べる量を前もって把握しておくこと

 

このくらいの量なら食べきれる、といったものを把握しておきましょう。

 

毎日残して、ドックフードを処分してしまうのも勿体無いです。

 

ワンちゃんの食べる量は、毎日食事を与えていれば大体わかりますよね。

 

残さない程度で、ワンちゃんが満足する量を掴んだら、その量を提供し続けるのです。

 

あまりに大量に与えすぎてしまうと、食べ残しが起きるだけではなく、ワンちゃんの肥満、といったことが起こりかねません。

 

ワンちゃんも太ると様々な病気を招くので要注意です。