ドックフードを食べなくなったら、変えたほうがいいの?

ワンちゃんも食欲がなくなってしまうことがありますが、急にドックフードを食べなくなってしまう、なんてことがあるのです。

 

こちらでは、そんな時にどのように対応したら良いのか、といったことについて詳しく解説します。

 

 

■ドックフードを変えてみるのもおすすめ

 

そもそも、ドックフードの種類は一つだけではありません。

 

複数の種類があります。

 

ワンちゃんも同じ味に慣れてしまって、美味しいと感じなくなってしまっていることがあるのです。

 

ですから、食事内容を変えてやると食欲が回復することもありますよ。

 

【主なドックフードの種類】
・ブーフ系
・フィッシュ系
・野菜系
・穀物系

 

普段から穀物のドックフードを与えていると、食欲が減退してしまうケースが非常に多いのです。

 

そんなワンちゃんに対して、ビーフ系やフィッシュ系のドックフードに変えてやると、ガツガツ食べてくれるようになった、なんてこともあります。

 

特に、夏の期間はワンちゃんも食欲が減退してしまうことがあります。

 

そのままにしていても良いことはひとつもないので、試しに、いつもの食事と変えてみてください。

 

食欲に大きな変化が現れるかもしれません。

 

 

■ドライフードからウェットフードに変えるのもおすすめ

 

ドックフードには、半生タイプも有ります。

 

少し値段が高いので、小型犬が主に利用しているわけですが、実はドライフードよりもワンちゃんにとっては美味しいものなのです。

 

ですから、ドライフードで食欲が落ちてきてしまっているなら、半生タイプ(ウェットフード)を与えてみてはいかがでしょうか。

 

食感としても、生肉に近いような感覚が有るので、ワンちゃんにとっても嬉しいのです。

 

ドライフードに飽きてしまったワンちゃん対策には、半生タイプを利用してみるべきです。

 

 

■食欲がなくなっているのは病気が関連しているかもしれない

 

・動物病院で診察を受けること

 

ワンちゃんが病気によって食べなくなってしまっているかもしれません。

 

単にドッグフーフォの味が気に食わなくて食べなくなっているのであればよいのですが、もしかすると何らかの病気が隠れているかもしれません。

 

一度は必ず診察を受けてください。

 

血液検査を受けると、何かしら悪いところが見つかるかもしれません。

 

悪いところがあったのであれば、その病気の対策を実施すれば、またワンちゃんの食欲も戻ってくれますよ。

 

 

■手作り食もおすすめ

 

・残さず食べてくれることも

 

入れるものには気をつけなければなりませんが、手作り食に変えただけで食欲が戻る例も増えています。

 

ごはんやお肉を入れてワンちゃん用の食事を作るわけですが、栄養バランスも難しいので、ネットや本などで調べてから作るのがおすすめですよ。