犬種によって味の好みが違うのは何故なのか?

ワンちゃんであれば、どんな犬種であろうと美味しく感じるドックフードがあるのではないか、といったことも思うのではありませんか。

 

しかし、実際には違います。実は、犬種によって味の好みには大きな違いがあるのです。

 

こちらでは、犬種とドックフードの味の好みについて詳しく解説します。

 

 

■小型犬は食べやすいドックフードを好む

 

・アゴの強さにかかわる味の好みに注目

 

小型犬はどうしても噛む力が大型犬よりは弱くなります。

 

ですから、食感重視で味を感じる傾向が強いのです。

 

ドライフードを全く食べないわけではありませんが、中型犬や大型犬に比べると、ウェットタイプのドックフードを好む確率が高いことも紛れもない事実です。

 

ワンちゃんおおやつ用に、犬用のガムがあると思います。

 

そういったおやつも中型犬や大型犬は好むのですが、小型犬はあまり食べないケースが多いんですよ。

 

ただ、最近では小型犬用のおやつも出ているので、そういったタイプであれば食べてくれます。

 

 

■犬は人間よりもグルメでないことは確か

 

・人間の味を感じるセンサーと犬の味を感じるセンサーの数に違いあり

 

人間にも犬にも舌の上に味蕾(みらい)と呼ばれる味を感じるセンサーのようなものがあるのです。

 

人に舌にある味蕾(みらい)の数・・・約10,000個
犬の舌にある味蕾(みらい)・・・約2,000個

 

犬は、人に比べて5分の1の味覚しかない、ということが分かるわけです。

 

ただ、何も味蕾(みらい)だけで味を感じているわけではありません。

 

臭いや食感、さらに温度などによっても判断しているのです。

 

 

■そもそも犬が美味しいと感じる味わいは?

 

・甘いものを美味しいと感じやすい

 

肉食系の動物でも有るので以外に感じるかもしれませんが、実は犬は甘党なのです。

 

たとえば、甘みがある焼き芋といったものや、パンも美味しいと感じているのです。

 

ですから、ドックフードでも甘みがあるものを美味しいと感じやすいです。

 

しかし、甘みが強いものを与え続けてしまうと、その味に慣れてしまい、もっと甘いモノを望んでしまうようになるので注意しなければなりません。

 

 

■犬が苦手と感じる味わいは?

 

・苦味が苦手である

 

人間と同じように、苦いものを危険と感じます。

 

苦いものを与えてしまうと、食べなかったりするので注意して下さいね。

 

中には、吐き出してしまうワンちゃんもいます。

 

犬の味覚は子供に近い、といったことが言えるかもしれませんね。

 

甘いモノが好きで苦いものが嫌いなわけです。