ドックフードはメーカーによって全然違う!

当たり前のことではありますが、ドックフードはメーカーによって大きな違いがあるのです。

 

こちらでは、実際にどんな違いがあるのか、といったことを詳しくお話します。

 

自分の家のワンちゃんに、どんなメーカーのドックフードを与えたらよいのか悩んでしまっている方は必見ですよ。

 

 

■ワンちゃんの年齢による商品の違いあり

 

・離乳期から12ヶ月までのワンちゃん用
・1歳から6歳までのワンちゃん用
・7歳以上のワンちゃん用
・11歳以上のワンちゃん用

 

上記したように、年齢別に様々なタイプのドックフードを出しているメーカーもあります。

 

実際に、ワンちゃんは年齢によって与えても平気なものと、あまり良くないものもあるのです。

 

誤った年齢のドックフードを与えてしまうと、健康に問題が出てきてしまうことも有るので注意して下さいね。

 

 

・特に高年齢のワンちゃんを飼っている方は注意しよう

 

11歳以上のワンちゃん用のドックフードを取り扱っているメーカーは少なめなので注意してください。

 

すべてのメーカーで取り扱っているわけではありません。

 

ちなみに11歳以上のワンちゃんには抗酸化作用のある成分が含まれているタイプがお勧めです。

 

たとえば、ビタミンEが含まれているドックフードであれば、アンチエイジング作用も期待できますよ。

 

 

■ワンちゃんの体格による商品の違いあり

 

・小型犬用
・中型犬用
・大型犬用

 

ほとんどのメーカーで一応は取り揃えているケースが多いです。

 

そもそも、ワンちゃんの体格によって食べる量には大きな変化があります。

 

大型犬のワンちゃんに、小型犬用の食事を与えたとしても、満足してくれるわけではありませんよね。

 

自分が利用しようと思っているメーカーに、ワンちゃんの体格にマッチングしたドックフードがあるのかを事前に確認しておくべきです。

 

ちなみに、あまり知られていないかもしれませんが、かえって小型犬のほうがエネルギーは必要、といったことは知っているでしょうか。

 

大型犬よりも動き回るので、エネルギーをしっかりと補給してあげなければならないのです。

 

 

■メーカーによる価格に違いに注目

 

・安いメーカーもあれば高いメーカーも有る

 

価格は千差万別です。

 

ただ、長期的に利用することを考えたら、少しでも安いところを利用したくなるのは当然ですよね。

 

しかし、安ければ良い、といった考え方も危険なのです。

 

安いものは、危険な添加物などが含まれていることも多いので、ある程度値段がしっかりとしているものを選ぶのがおすすめですよ。