ドックフードを保存するにはどんな容器に入れるのがベストなの?

ドックフードは品質も確かに需要です。

 

しかし、どんなに素晴らしいドックフードを利用したとしても、管理方法を誤ってしまえば意味がなくなってしまいます。

 

どんなに素晴らしいドックフードであったとしても、管理方法を誤り状態が悪くなってしまえばからだに悪いものになってしまうのです。

 

今回は、ドックフードを保管するためにはどのような容器に入れるべきなのか、といったことをお話します。

 

ドックフードですが、袋のまま保管したほうが良いのでしょうか。

 

それとも何らかの容器に移し替えるべきなのでしょうか。

 

 

■基本的にドックフードは容器に移し替えること

 

・空気に触れた時点で酸化が始まってしまう

 

ドックフードの入っている袋ですが、開封してしまえば、外気に触れる状態になってしまいます。

 

実は酸素に触れてしまったり、空気に含まれる湿気が加わってしまったりすると、ドックフードは酸化を開始してしまいます。

 

酸化した場合には、大きな問題が発生しかねません。

 

ドックフードが腐ってしまう、といった状態にもなりますし、含まれている栄養素が低減して、予定通りの栄養価を摂取できないかもしれないのです。

 

ドックフードの袋は外気に触れやすい状態となっているので、基本的に何らかの容器に移し替えることがおすすめです。

 

そこで問題となってくるのが、どんな容器にドックフードを移し替えるのか、といったことです。

 

 

■ドックフードは密閉しやすい容器に入れること

 

・チャックのついたポリ袋に移し替えよう

 

食品を保存するタイプのポリ袋があると思います。

 

そしてチェックがついていればベストです。

 

ドックフードを入れたら、すぐにチャックを閉めて下さい。

 

チャックの機能がしっかりとしている場合には、基本的に外気に触れることがなくなります。

 

劣化スピードをだいぶ遅らせることが出来るのです。

 

一度開封してしまえば、どうしても劣化が進んでしまいますが、外気とほぼ完璧な形で遮断できれば、劣化のスピードは遅れ、だいぶ日持ちさせられます。

 

 

・密閉度高いタッパーもおすすめ

 

タッパーをおすすめする理由として日差し対策があります。

 

タッパーに関しては色がついており、日差しがもしあたったとしても、中に含まれているドックフードが劣化しにくい状態にしてくれるのです。

 

タッパーであれば大きめのタイプも有り、大型犬のワンちゃんのドックフードも管理しやすいですよね。

 

 

■容器に入れたドックフードはどこで管理すべきなのか?

 

・直射日光が当たらないところ
・涼しい所
・湿気のない所
・風通しの良いところ

 

上記の当てはまるような場所においておきましょう。

 

以前であれば外でワンちゃんを飼っているケースも多かったので、ドックフードも外で管理していた事もあったでしょう。

 

しかし、外にドックフードをおいておくと圧倒的に劣化スピードが早くなってしまいます。

 

湿気もありますし、直射日光にもさらされてしまうからです。

 

ドックフードは基本的に室内管理をして下さい。

 

また、日差しが当たらない場所で湿気のなく涼しいとこれである必要もあります。

 

該当する場所はかなり限られてしまうかもしれませんが、ワンちゃんの健康のためでもあるので良い所を見つけ出す必要があります。

 

ちなみに、上記した管理場所は、基本的にドライフードのことを指しています。

 

ワンちゃんにウェットタイプのフードを与えている方もいるかもしれません。

 

そちらの保管場所に関しても以下にお教えします。

 

 

■ウェットタイプのドックフードの保管方法

 

・冷蔵庫で保管すること

 

ウェットタイプはドライフードとは違い、開封するとあっという間に劣化してしまいます。

 

ドライフードであれば、管理をしっかりとしていれば1ヶ月程度は日持ちします。

 

しかし、ウェットフードに関しては、しっかりと管理したとしても、日持ちするのは2日から3日程度です。

 

すぐに劣化するので、特に管理には気を使わなければなりません。

 

ウェットフードに関しては、開封していない状態であればかなり日持ちをします。

 

あまり良いことではありませんが、保存料が添加されているケースが多いのです。

 

また加熱処理をされているので、製造段階で菌などが混入することが少ない、というのも日持ちする理由です。

 

しかし、ウェットタイプなので、開封してしまうと、あっという間に菌が繁殖してしまう恐れがあるのです。

 

ウェットタイプのドックフードですが、開封したあとはその日のうちになるべく食べさせて下さい。

 

どうしても保存したいというが場合は、冷蔵庫で保管する必要があります。

 

冷蔵庫に入れる時には、しっかりと密閉できる容器に入れてください。

 

そうすれば2日から3日程度であれば保存できます。

 

しかし、1週間や2週間は保存できないので注意しましょう。

 

長期間冷蔵庫に入れていたドックフードを与えてしまっては、ワンちゃんの体調を悪くしてしまうかもしれないのです。

 

ウェットフードはもう一度熱を加えてからワンちゃんに与える、といった方法もあります。

 

しかし、熱による処理はビタミンなどを破壊する恐れがあり、あまりおすすめできません。

 

 

いつまでも安全に美味しく|ドックフードの正しい保存方法

我々は食の安全、といったものをかなり重視しています。

 

かわいいペットにもその考え方を持ってください。

 

たとえば、ドックフードを野ざらしの状態にしてしまえば、すぐに劣化してしまいます。

 

菌などが大量に湧いてしまっていることもあるのです。

 

こちらではワンちゃんの健康をまもるためにも、ドックフードの正しい保存方法について詳しく解説しますね。

 

ドックフードの保存場所などを意識してこなかった方は必見です。

 

 

■ドライフードタイプのおすすめの保存方法

 

・直射日光が当たらないようにする
・温度の変化が少ないところに置く
・密閉状態にして保管しておくこと

 

一般的なカリカリタイプのドックフードに関しては、暗い場所で風通しがよく、袋などに入れて保管しておくのがおすすめ、となります。

 

特に注意して欲しいのが、「カビ」です。

 

ドックフードに水分などがついてしまうと、カビが発生してしまうこともあるのです。

 

そのカビがワンちゃんの体内に入ってしまえば、大きな健康被害にあってしまうかもしれませんよね。

 

下痢などが起きてしまうかもしれません。

 

また、基本的に開封してからは1ヶ月以内に与えきってください。

 

さすがのドライフードとはいえ、ずっと状態を保つことは出来ません。

 

 

・冷蔵庫での保管はダメなのか?

 

冷蔵庫の保管についてはおすすめではありません。

 

冷蔵保存をすると、温度変化が起こってしまうのです。

 

その結果、結露、といったものが生じてしまいますよね。

 

その結露からカビが発生して、ドックフードが劣化します。

 

 

■ウェットフードタイプのおすすめの保存方法

 

・余った場合の保管方法

 

他の容器に移して密閉状態にしてください。

 

そして、こちらのタイプは冷蔵庫で保管することになります。

 

常温にしてしまうと、かえって劣化してしまうので注意して下さいね。

 

そもそも、ウェットフードに関しては、生物と同じ、といった感覚を持つのがおすすめです。

 

冷蔵庫への保管期間についても、1日から2日程度が目安です。

 

それ以上になると、いくら冷蔵庫の中とはいえ劣化してしまいます。

 

 

・食べ残しについて

 

ワンちゃんが食べ残してしまっていることもあると思います。

 

食べ残しについてはしかたのないことなので、そのまま捨ててください。

 

そのままの状態にしていると、ワンちゃんが再び食べ始めてしまいます。

 

劣化している状態のものを食べてしまうことにもなるので、食べ残しについてはなるべく早く片付けて下さいね。

 

食事開始から1時間や2時間経って食べられていないのであれば、残りは片付けてください。

 

 

いつまでも美味しく安全に|正しいドックフードの保存方法

ワンちゃんも大事な家族の一員です。

 

そんなワンちゃんに対して、誤った保管方法のドックフードを与えてしまうのは絶対にいけません。

 

家族の一員に対して危険な食べ物を与えてしまうほど罪なことはありません。

 

ドックフードの品質を守るためには、保存といったものが大切なのです。

 

正しい保管場所にしっかりと置いておけば、ドックフードの品質はしっかりと保てます。

 

こちらではドックフードのおすすめの保管方法を教えします。

 

ワンちゃんを飼いはじめたばかり、といった方には注目欲しいテーマです。

 

 

■直射日光の当たる場所には置かないこと

 

・外で保管しないこと
・室内でも日光が当たる所に置かないこと

 

ドックフードですが、ワンちゃんを外に飼っている場合には、ドックフードを外においておく、といったこともあるわけです。

 

確かに与えやすくなりますよね。

 

しかし、日光に当たる外においておくと、雨などでドックフードがヤラれてしまいます。

 

水があることで虫などがわいてしまい、ワンちゃんに与えられる状態ではなくなってしまうこともあるのです。

 

室内であったとしても、直射日光は良くありません。

 

ドックフードはワンちゃんに美味しいと思ってもらわなければいけません。

 

しかし、紫外線が当たることで、風味などが変わってしまうのです。

 

ワンちゃんも、いままで食べていたものと味が変わってびっくりしてしまいます。

 

中には、食べなくなってしまうワンちゃんもいるんですよ。

 

 

■重要!!温度と湿度が低いところで保管するほど

 

・温度と湿度が高いとドックフードが劣化する!

 

ドックフードを温度の高いところや湿度の高い所に保管している人も未だに多いです。

 

確かに、ドックフードは劣化しにくい、といった印象があるかもしれません。

 

確かに、ドライフードの場合は、劣化しにくそうなイメージが有ることも確かです。

 

しかし、そうも単純ではありません。

 

ドライフードも湿気があると水分を含んでしまい、湿気てしまいます。

 

たとえば、クッキーなどと一緒です。

 

梅雨の時期に、クッキーを部屋に放置していたら湿気ていた、なんてことを経験したことはありませんか。

 

ドックフードにも、全く同じような状況があり得るのです。

 

歯ごたえがないドライ系ドックフードに変わっていて、ワンちゃんが警戒してしまう可能性があります。

 

外に保管して直射に工を当てると、ドックフードが高温化してしまうことがあります。

 

味が悪くなってしまいますし、実は温度によっては入っている成分が壊れて、栄養補給の意味を成さなくなることも考えられます。

 

なるべく湿気のない所、温度の低いところでドックフードは保管して下さいね。

 

 

ドックフードを長持ちさせる!正しい保存方法が知りたい

ワンちゃんに少しでも質の良いドックフードを与えたい、といった気持ちがある飼い主さんがほとんどだと思います。

 

ドックフードは購入した時は品質が良いのですが、保存方法によっては劣化してしまうこともあります。

 

こちらでは、ドックフードの正しい保存方法についてお話します。

 

どんな方法で保存するとドックフードは長持ちするのでしょうか。

 

 

■なるべく外気と遮断すること

 

・外気に触れると湿気てしまう

 

湿気てしまうのは非常によくありません。

 

湿気に菌が繁殖するので、結果的にドックフードの質が圧倒的に悪くなってしまうのです。

 

外気に触れないようにする方法として、ジップロックなどの密閉容器があります。

 

しっかりと外気と遮断できるものであれば、ある程度の乾燥状態を維持できます。

 

その結果、質を維持したままワンちゃんに与えられるのです。

 

ドックフードを開封したら、3日分程度毎にジップロックに小分けしておきましょう。

 

そしてジップロックを開封するのは、食事を与える時だけです。

 

これだけでもかなりドグフードの状態は維持できますよ。

 

 

■保存場所にも気をつけるべき

 

・直射日光の当たらない場所
・高温にならない場所

 

要は、冷暗所に保存しておくことが重要になるのです。

 

直射日光があたってしまうと、ドックフードの品質も落ちてしまいますし、味にも変化が現れてしまいます。

 

ワンちゃんにとっても、嬉しい状態のドックフードとはなりません。

 

ドックフードを高温の場所においておくと、それだけで品質が悪くなってしまいます。

 

なるべく涼しい日の当たらない所に保存しておきましょう。

 

 

■冷蔵庫への保管はおすすめなのか?

 

・逆効果になるので避けるべき!

 

冷蔵庫は直射日光が当たらない場所でもあります。

 

しかも、涼しいところなので、ドックフードの質が保てるのでは、と思って利用している方も少なくありません。

 

冷蔵庫での保存には大きな問題点があります。

 

その問題点とは、結露が発生してしまう、といったことです。

 

確かに冷蔵庫の中は条件的には悪くありませんが、その特性上ドックフードに結露が発生して、品質をダウンさせてしまいかねません。

 

冷蔵庫での保管は行わないでくださいね。

 

 

■無添加タイプのドックフードの保管には特に気をつけよう

 

・防腐剤が含まれていないので腐りやすい

 

ワンちゃんの健康にとっては、無添加タイプのドックフードは特におすすめです。

 

健康状態を維持させてくれる可能性が高いのです。

 

しかし、添加物の中には防腐剤もあります。

 

添加物入りのドックフードであれば腐りにくく品質が保持しやすいのです。

 

無添加タイプのドックフードを利用している方は、特に保存には気をつけてくださいね。

 

開封後のドックフードはどのように保存するのが理想的なの?

ドックフードは一気に食べきらせてしまうタイプのものではありません。

 

500グラムや1キログラム入り、といったものもあるのです。

 

そういった比較的容量の多いタイプを利用している場合には、いかにして保存するのか、といったことが重要です。

 

保存方法を誤ってしまうと、ドックフードが劣化してしまいワンちゃんの食いつきが落ちてしまうこともあります。

 

健康を害してしまうこともあるのです。

 

こちらでは、おすすめのドックフードの保管法についてお教えします。

 

ドックフードの保管いついてあまり考えてこなかった、といった方は必見ですよ。

 

 

■封を開けたらなるべく早く食べきらせる、が鉄則!

 

・封を切った瞬間から劣化は始まる

 

ドックフードは空気に触れた瞬間から劣化が始まってしまいます。

 

ですから封を開けた時点から長時間立ってしまうと、ドックフードはすでに劣化しているのです。

 

なるべく早く食べさせてください。

 

もちろん量をたくさん与えれば良い、といったわけではありません。

 

要は、あまり大容量タイプはおすすめではない、といったことです。

 

できれば、2週間程度で食べきれるようなタイプを選択してください。

 

 

■冷暗所が鉄則〜ドライフードのケース〜

 

・温度が高い場所
・湿度が高い場所

 

上記の場所は絶対にNGです。

 

ドライフードに湿気が入り込んでしまい、劣化を起こしてしまいます。

 

菌が繁殖してしまい、ワンちゃんはドックフードを食べているのではなく、細菌を食べるような状態になってしまいかねません。

 

直射日光もドックフードを劣化させてしまう原因の一つです。

 

家の中に涼しくて暗い場所に保存してください。

 

冷暗所がありましたら、そこにおいておきましょう。

 

 

・密封することもお忘れなく

 

袋に入れたままだと、空気に触れやすくなるので劣化スピードが早くなります。

 

なるべく密封できるよう器に移し替えてください。

 

フードストッカーなどがあればそれを利用しましょう。

 

 

・冷蔵庫は厳禁

 

冷蔵庫がいいのでは、と思ってしまう方もいますが結露が出来るとドックフードに水滴がついてしまうので良くありません。

 

 

■冷蔵庫で保管すること〜ウェットフードのケース〜

 

・密封できるよう器に移し替えて保管すること

 

ウェットフードの場合は、食べきらせてしまうのが良いのですが、ワンちゃんの大きさによっては難しいでしょう。

 

残ったものについては、密閉できるよう器に入れて冷蔵庫で保管してください。

 

ウェットフードは特に劣化が早いので、早急に食べきらせることが望ましいです。