腸内の善玉菌を増やしてくれるドックフードってあるんですか?

人間もワンちゃんも腸内環境といったものが極めて重要です。

 

腸内環境が悪化してしまえば、当然体の調子も悪くなってしまうかもしれません。

 

体の調子が悪くなってしまえば、寿命が短くなってしまうかもしれないのです。

 

そうなってしまわないようにするためにも、腸内環境を良くするタイプのドックフードを与えましょう。

 

こちらでは、どんなドックフードを与えればワンちゃんの腸内環境をよくできるのか、といったことについてお話します。

 

下痢をしやすいワンちゃんを飼っている方は必見です。

 

 

■食物繊維が含まれているドックフードを与えるべき

 

・水溶性食物繊維を積極的に摂取すること

 

食物繊維と言っても2つのタイプが有ります。

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。

 

水溶性は水に溶けやすく、不要性は水に溶けにくい、といった特徴を持っているのです。

 

腸内環境を良くしたいのであれば、水溶性食物繊維が入っているものを与える、といったことが極めて重要になってくるのです。

 

水溶性食物繊維は水に溶けてドロドロになることで便を柔らかくする、といった役割を持っています。

 

いわゆる、便秘の状態を解放させるような効果が期待できるわけです。

 

もう一つ注目の効果が水溶性食物繊維にはあります。

 

それは善玉菌の餌になる、といったことです。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌がいます。

 

基本的に、健康的な腸内であれば善玉菌が悪玉菌よりも優勢な状態を保っています。

 

一方で、悪玉菌が優位になっていると、腸内環境が悪化して、その影響は全身に及んでしまいます。

 

そこで水溶性食物繊維の出番となるのです。

 

水溶性食物繊維は腸内細菌に分解されやすい、といった特徴を持っています。

 

細かく分解されることによって、善玉菌が食べやすくなるのです。

 

善玉菌にとっては、栄養が入ってきたようなものなので、どんどんと繁殖して精力を拡大していきます。

 

結果的に、悪玉菌を圧倒させるような効果も期待できるわけです。

 

善玉菌が増えていくと、腸内が酸性の状態になります。

 

善玉菌にとって酸性の状態は悪くありません。

 

一方で、悪玉菌にとっては酸性の腸内は非常に住みにくい、といった特徴があるのです。

 

水溶性食物繊維をドックフードで与えることで、悪玉菌自体の繁殖を抑えられる、といった機能まで得られるかもしれません。

 

いかに重要な成分であるかがわかってもらえたと思います。

 

 

・そもそも水溶性食物繊維はどのような食材に含まれているのか?

 

・人参
・ゴボウ
・アボガド
・オクラなど

 

特に注目して欲しいのが根菜類に多く含まれている、といったことです。

 

ドックフードには含まれていないこともあるので、飼い主さんが細かく刻んで食べさせてみるのも良いでしょう。

 

腸内環境が良くなれば、ワンちゃん体調も圧倒的に良くなっていくものですよ。

 

 

・水溶性食物繊維のその他の効果とは?

 

糖尿病の予防や動脈硬化の予防、といったものも期待できるのです。

 

幅広い効果が期待できる水溶性食物繊維なので、ワンちゃんの健康を願っているのであれば摂取させてみませんか。

 

 

■オリゴ糖が含まれているドックフードを与えるべき

 

・オリゴ糖は善玉菌の働きをサポートしてくれる

 

オリゴ糖の効果として注目して欲しいのが、善玉菌の働きをサポートしてくれる、といったものです。

 

オリゴ糖自体が善玉菌の餌となっているのです。

 

水溶性食物繊維と同じような状況です。

 

オリゴ糖を食べた善玉菌は、精力を拡大していき、より乳酸や酢酸といった酸性の物質を作り出していきます。

 

腸内環境を悪化させてしまう悪玉菌ですが、実は酸性に極めて弱い性質を持っているのです。

 

酸性にやられてしまい勢力を縮小させていきます。

 

その結果、腸内の状況が良くなり、ワンちゃんが健康的になっていきます。

 

ちなみに、あなたの飼っているワンちゃんは便秘ではありませんか。

 

散歩に連れて行っても便が出ないことがある、といった経験がある飼い主さんは注目です。

 

オリゴ糖を食べて元気になった善玉菌が算出する酸ですが、実は腸を刺激する機能があることがわかっているのです。

 

腸は刺激されると、蠕動運動といったものを起こすようになります。

 

要は便を排出しやすくするような状態にしてくれるわけです。

 

排便が促されるような状態になるので、便が腸内に詰まってしまうこともありません。

 

もしもワンちゃんの体臭がひどい、といった場合にはオリゴ糖を与えてみましょう。

 

実は、便秘になっていると、便が腸内で腐敗してしまいます。

 

その結果、ガスを発生させてしまいひどい臭いになってしまうのです。

 

腸内の臭いは、血液にも入り込み、全身の至る所に送り届けられます。

 

特に肺に送る届けられると、口臭がひどくなってしまうのです。

 

 

・オリゴ糖の摂り過ぎには注意

 

オリゴ糖は健康によいものですが、大量に摂り過ぎるとかえってお腹がゆるくなってしまう、といったデメリットも隠れています。

 

与える量については十分に気をつけてくださいね。