海外でも大人気の日本犬には国産ドックフードがいいの?

ドックフードには日本で製造されたものもあれば、海外で製造されたものもあります。

 

一般的に様々なもので日本産が良いとされているわけですが、ドックフードでは少し考え方が変わってきます。

 

実は海外産の方が良い、といった考え方もあるのです。

 

品質などにこだわって作られており、ワンちゃんの健康を守ってくれやすい、といった指摘もあるほどです。

 

こちらでは、日本犬には国産のドックフードが良いのか、それとも海外産のドックフードが良いのか、といったことについてお話します。

 

日本犬を飼っている方は必見です。

 

 

■意外!海外産のドックフードのほうが日本犬にマッチする可能性が高い

 

・日本犬はアレルギー性皮膚炎が発症しやすい

 

日本のワンちゃんですが、柴犬を筆頭にアレルギー性皮膚炎になりやすい、といった特徴を持っているのです、アレルゲンを含んだ食材が利用されていると、日本のワンちゃんはアレルギーを発症させてしまうかもしれません。

 

そこで注目して欲しいのが、外国産のドックフードです。

 

外国産のドックフードは肉を主原料として利用しているケースが極めて多いのです。

 

一方で、国産おドックフードは穀物を主原料としていることが多いのです。

 

穀物ですが、

 

・とうもろこし
・小麦
・大豆

 

などが利用されています。

 

実はそれらの穀物はすべてアレルギーを発症させてしまう可能性があります。

 

日本のワンちゃんにアレルギー性皮膚炎を発症させてしまうかもしれないのです。

 

そもそも穀物自体が本来はワンちゃんに必要ないとされているので、その点も理解しておく必要があります。

 

外国産のドックフードは、穀物を含んでいたとしての量は少ないです。

 

栄養を補助する目的のみで利用されているので、大量に含まれていることはほとんどありません。

 

安心して与えられるわけです。

 

※もちろん、お肉を主原料として利用しているドックフードでもアレルギーが発症してしまう可能性はあります。

 

たとえば、牛肉アレルギーや豚肉アレルギーなどもあるのです。

 

アレルギーを気にしているのであれば、なるべくアレルギーのリスクの少ないお肉が使われているドックフードを与えるべきです。

 

 

■添加物を見ても外国産が一歩リード

 

・日本のドックフードには人間に使ってはいけない添加物が含まれていることも

 

ドックフードに含まれているものとして注意しなければならないのが添加物です。

 

添加物が大量に含まれているようなタイプのドックフードは、将来的に大きな健康被害をもたらしてしまうかもしれません。

 

健康被害がもたらされてしまうと、例えばアレルギーが出てきてしまうこともあります。

 

免疫力に問題が生じて、対象を崩しやすくなったり癌になってしまったりするリスクも出てきてしまうのです。

 

胃腸の状態が悪化する可能性も指摘されています。

 

問題になってくるのが日本産のドックフードの添加物です。

 

もちろん無添加タイプも有りますが、添加物が含まれているものは人間に使ってはいけないとされるものまで利用されていることがあります。

 

実は、日本におけるドックフードの取り扱いは雑貨品です。

 

ですから、かなり基準がゆるくなっており、様々な添加物がつかえる状態となっているのです。

 

それを毎日食べるワンちゃんとしては、たまったものではありません。

 

もしも日本産のドックフードを与える場合には、無添加タイプを選択して下さい。

 

一方の、外国産のドックフードですが、実は人間と同じ基準で作られているものが多いのです。

 

人間が食べてはいけないとされている添加物も含まれていません。

 

いわゆる、ヒューマングレードで作られているドックフードが基本となっているのです。

 

どちらのほうの安全性が高いのかは明らかですよね。

 

 

■海外産のドックフードが良いのはわかった!問題点はないの?

 

・肥満には気をつけよう

 

日本犬は体型がすっきりとしている柴犬のようなイメージを持つかもしれませんが、実は最近ちょっとした問題が起こっているのです。

 

いわゆるおデブ犬、といったものが出てきてしまったのです。

 

ワンちゃんが太ってしまうと、いろいろと問題が発生しかねません。

 

太ってしまうと関節に負担が出てきてしまい、歩くのも辛くなってしまいます。

 

その結果、余計に太ってしまう、といった状況になってしまうことも考えられるのです。

 

外国産のドックフードは栄養型ポプリと含まれています。

 

しかも、主原料には肉が使われていることが多いので、消化率や吸収率も良いのです。

 

お肉の栄養がワンちゃんの体にしっかりと活かされるような状況になるので、ちょっとでも食べ過ぎてしまえばそれが身についてしまいます。

 

太る原因にもなりやすいので、しっかりと対策を立ててダイエットの成功を目指しましょう。

 

ちなみにダイエットを成功させるためには、食物繊維入りのドックフードがおすすめです。

 

腸内で大きくなるので、満腹感が得られやすいのです。