ドックフードは原産国もきちんと見て選ぶことをオススメします!

ドックフードを選ぶときはどのような部分に注目しているでしょうか。

 

たとえば、穀物を主原料として使っているか、肉を主原料として使っているか、といったことをチェックすると思います。

 

主原料に何が使われているかを知ることで、そのドックフードにどのような栄養が豊富に含まれているのかがなんとなくでも理解できるわけです。

 

他にも添加物が入っているか、それとも無添加であるか、といったことをチェックするでしょう。

 

そしてもう一つ注目して欲しいのが、原産国です。

 

様々な国でドックフードは作られています。

 

日本でも作られていますし、海外で作られたものが日本位輸入されているケースもあります。

 

果たして、どこで作られたドックフードの品質が良いのでしょうか。

 

そして日本で作られているドックフードは良いものなのでしょうか。

 

徹底解説します。

 

 

■おすすめできるドックフードの原産国はどこか?
・アメリカ
・カナダ
・ドイツ
・フランス
・イギリス
・オーストラリアなど

 

上記のようなドックフードの原産国がおすすめとされています。

 

その理由としてあげられるのが、安全基準の高さです。

 

ペットフードに含んではいけない添加物が多く認められています。

 

それらの高い基準を守ってペットフードを作っているので、安全性はピカイチとされているのです。

 

それの国で作られているドックフードの中には、人間に使ってはいけない添加物を一切含んでいない、といったことを徹底しているケースも珍しくはありません。

 

要は、人間が食べても問題ないようなドックフードもあるわけです。

 

実際に、ドックフードの出来そのものは、その国のペットに関する考え方が大きく関わっています。

 

ペットを家族の一因として受け入れているような地域で作られているペットフードの品質が良いのは当然です。

 

添加物を含んでいないタイプのドックフードも上記した国には多く、比較的値段の高い高品質タイプである、プレミアムフードも多く生産されています。

 

人間の食事に匹敵するほどのドックフードも出てきており、それを与えるのが当たり前、といった文化もあるわけです。

 

日本国内にもそのような考え方は広がりつつありますが、まだまだ敵わない、といった状態になっています。

 

 

・ペットフードの生産大国アメリカについて

 

アメリカについても、比較的品質の良いドックフードを多く生産していると述べましたが、少し問題があります。

 

アメリカも比較的厳しい基準を設けているのですが、日本では認められていない添加物が食品や家畜の飼料に使われていることもあります。

 

ですから、場合によっては、アメリカ原産のドックフードにも問題が出てくる可能性があるのです。

 

ちなみに、アメリカの食材を使ったドックフードは世界各地にあります。

 

ドックフードに徹底的にこだわりたいのであれば、それぞれの食材の原産国も調べましょう。

 

ワンちゃんに危険性のあるものは一切食べさせたくない、という場合には、アメリカで作られた食材が含まれたものは避ける、といったことがひつようになってきます。

 

 

■国産のドックフードは品質が良いのか、悪いのか?

 

・無添加タイプであれば問題なし

 

添加物が含まれているドックフードに関しては問題があると言っても過言ではありません。

 

実は日本はペットフードでは後進国ともいえるのです。

 

ペットフードですが、国内では添加物の基準が甘すぎます。

 

人間には使ってはいけないとされている添加物をべっとりと使っているドックフードもあるのです。

 

そのようなタイプのドックフードを利用してしまうのは避けなければなりません。

 

そもそもなぜ人間に使ってはいけないとされているのでしょうか。

 

それは継続的に摂取していけば健康被害が起きるかもしれないからです。

 

では、人間よりも身体が圧倒的に小さいワンちゃんが摂取したらどうなるでしょう。

 

人間よりも大きな影響を受けてしまうかもしれませんよね。

 

そんなことはなんとしてでも避けなければならないのです。

 

ペットフードですが、日本では「雑貨」扱いです。

 

大事な家族が食べるものが雑貨扱い、というのはどうしても納得がいきませんよね。

 

そこで注目して欲しいのが、国産のドックフードで無添加タイプのものです。

 

無添加としているのであれば、添加物自体が含まれていません。

 

人間に使ってはいけないとされる添加物はもちろん、人間に使って良いとされる添加物も含まれていません。

 

アレルギーを発症させたり、がんを発生させたり、といった可能性を著しく下げてくれるわけです。

 

 

・国産のプレミアムフードを利用しよう

 

海外産は避けたいと思っている方もいるでしょう。

 

一方で、上記したように日本産にも問題があるわけです。

 

そこで注目してほしいのが、国産のプレミアムフードです。

 

プレミアムフードはこだわりを持って作られています。

 

原材料にもこだわっており、しかも添加物が含まれていないものも多いです。

 

お値段は張りますが、大事な家族に与える食事として適しているのです。