老廃物が溜まると病気の原因に!犬だってデトックスが必要です

老廃物は身体にとっては不必要なものです。

 

すぐにでも体外に排出しなければなりません。

 

ずっと体内にあるような状態にしてしまうと、老化を招いてしまうこともあります。

 

内臓に問題が起こってしまうことも十分に考えられるわけです。

 

その老廃物ですが、なにも人間だけに発生するのではありません。

 

ワンちゃんにも発生してしまうことが分かっています。

 

ワンちゃんに老廃物が溜まってしまうと、大きな問題が発生してしまうことも十分に考えられるわけです。

 

健康を阻害してしまうこともあります。

 

意外かもしれませんが、ワンちゃんにもデトックスが重要なのです。

 

今回は、ワンちゃんをデトックスさせるにはどういったことが必要なのか、といったことをお話します。

 

まずは、老廃物がワンちゃんに溜まっているかを確かめる方法からお教えしますね。

 

 

■こんな症状があったら危険!老廃物が溜まっているかを確かめる方法

 

・目やにが大量に出ている
・目の周りの色が変わっている
・おしっこが濃い色である
・おしっこの臭いがきつい
・ワンちゃんの口臭がきつい
・ワンちゃんの体臭がきつい
・耳から悪臭が漂っている
・耳を痒そうにしている
・足の指の間をよく舐めている
・足の指に間が腫れ上がっている
・おしりを痒そうにしている
・皮膚に湿疹ができている

 

上記のものに一つでも当てはまっている場合には、老廃物がワンちゃんの体内に溜まってしまっている可能性があります。

 

複数の状況が重なって閉まっている場合には、かなり深刻な状況になっている可能性も出てきます。

 

もちろん、老廃物が溜まっているからといって、急に命を奪ってしまうことはありません。

 

しかし、寿命を短くしてしまうような可能性が高いのです。

 

老廃物を定期的に取り除いてやることが極めて重要になります。

 

老廃物があるとワンちゃんのお肌の状況も急激に悪化します。

 

その結果、毛艶が悪くなることもあります。

 

内蔵に負担をかける可能性も指摘されています。

 

結果的に、免疫力をダウンさせてしまい、癌細胞の増殖を許してしまう、といったこともあるのです。

 

 

■簡単なワンちゃんのデトックス対策方法

 

・水をたくさん飲ませること

 

人間と一緒ですが、体内の水分リュオが少なくなると、水分を体外に放出させにくくなります。

 

水分がこれ以上減ってしまうのは危険、と判断するわけです。

 

そうなると、老廃物が水分と一緒に体の外に排出されなくなってしまいます。

 

そのまま体内に留まってしまうような感覚になるわけです。

 

そこでおすすめしたいのが、ワンちゃんに積極的に水を飲ませる、といったことです。

 

水をたくさん飲ませることで、体内に水分を貯めこんでおく必要がありません。

 

おしっこの量も多くなり、老廃物もたくさん体外に排出されるようになるのです。

 

ただ、ワンちゃんに水を飲ませようにも、なかなか飲んでくれないことがあります。

 

そんな時は、ドックフードに水分を含ませましょう。

 

ドライフードの場合の水分量は極めて少ないので、水分補給にはなりません。

 

そこでそのドックフードに少しでもいいので水を混ぜてやるのです。

 

結果的に水分補給ができるようになるので、デトックス効果を生んでくれます。

 

 

・水を飲んでくれない場合のおすすめ対処方法

 

おすすめしたいのが、肉を似たそのスープを与える、といったものです。

 

ワンちゃんは花が非常に良いので、水にお肉の臭いがつくと美味しそうに感じるわけです。

 

その結果、その水に興味を持って飲んでくれることがあります。

 

与える時に肉を入れる必要はないので、ワンちゃんの体型維持などの心配も基本的にありません。

 

水をあまり飲んでくれないワンちゃんには、お肉を煮たスープを与えてみましょう。

 

 

■デトックス効果のあるドックフードを与えよう

 

・魚メインのドックフードを与えてみる

 

魚メインおドックフードには、タウリンと言った成分が多く含まれています。

 

精力剤などにもよく見かける成分ですが、実は体の内臓に大きな働きをもたらしてくれるのです。

 

タウリンには、肝臓の働きをサポートする能力があります。

 

肝臓には解毒効果があり、体のバランスを整える効果まで期待できるのです。

 

老廃物が溜まっているワンちゃんは、肝臓の機能が弱まっているケースが多くなっているのですが、タウリンでサポートしてあげれば肝機能を向上させデトックス効果をもサポートできるわけです。

 

 

・野菜が少量でも含まれているドックフードを与えてみる

 

野菜にはカリウム、といった成分が含まれています。

 

カリウム自体には利尿作用があります。

 

体内にあるナトリウムを排出してくれるので、水分量を減らしてくれるような機能を持っているのです。

 

カリウムには他にも細胞の酸素反応をサポートするような機能もあり、代謝が活発になる、といった機能もあるのです。

 

要は結構も良くなるような状況が期待でき、体内に流れるリンパ液の排出もスムーズにできるようになります。