水に浮くドックフードがよくないといわれる理由と根拠とは?

ドックフードを水の中に入れたことはあるでしょうか。

 

ドックフードを水の中に入れると沈むケースもあります。

 

一方で浮き上がってくることもあるのです。

 

実はドックフードに関しては水に入れると浮き上がってきてしまうタイプは良くない、とされている事実があります。

 

なぜそのように言われているのでしょうか。

 

探ってみます。

 

 

■栄養が詰まっていない可能性あり

 

・ドックフードに身が詰まっていないからこそ水に浮いてしまう

 

栄養がほとんど含まれていない状態で、スカスカになっているのです。

 

当然、ドックフードの粒は軽くなってしまい、水に浮き上がってしまいます。

 

中には、かさ増しする目的で、空気がドックフードの中に大量に入るように設定してあるものもあります。

 

そんなドックフードを食べたとしても、ワンちゃんが健康になるはずがありません。

 

水に浮いてしまうドックフードでは、栄養不足になってしまう可能性がある、といったことはしっかりと覚えて置かなければなりませんよ。

 

ドックフードを与えているのに、ワンちゃんが痩せてきてしまった、といったケースはこちらのタイプのドックフードに該当するかもしれません。

 

 

・ドックフードと発泡剤

 

前述した「かさ増し」に関わってくるものですが、ドックフードに発泡剤が含まれていることもあります。

 

発泡剤が含まれていることで空気を粒が含んでいるのです。

 

たしかに、見た目には大量のドックフードにも見えます。

 

しかし、その実、ほとんど中身が無いわけです。

 

蛋白質やビタミン、そしてミネラルなどの大切な栄養素が摂取できなくなるかもしれません。

 

発泡剤が含まれているドックフードの利用はおすすめできないのです。

 

 

■膨張剤が含まれている可能性あり

 

・発泡剤と同じような感覚で入れられている

 

膨張剤に関しては、満腹感に関わります。

 

水分などを含むと膨張するような性質を持っており、腸内などで大きくなる特性持っている添加物なのです。

 

もちろん膨張剤の入っているドックフードでは栄養不足になってしまう可能性もあります。

 

栄養不足になってしまうようなことがあれば、特にシニア犬の場合は足腰が弱ってきてしまいます。

 

ダイエット目的でワンちゃんにドックフードを与えるのであれば、膨張剤ではなく食物繊維が含まれているものを利用しましょう。

 

食物繊維は天然のものなので体に悪い影響をあたえることはない、とされています。

 

一方で、腸内で膨張するといったような膨張剤とほとんど同じような効果を併せ持っているのです。

 

どうせなら天然成分のほうが安心ですよね。

 

ワンちゃんも喜んでくれるでしょう。

 

 

■ドックフードに動物性油脂が吹きつけられている

 

・ドックフードがコーティングされている状態

 

ドックフードには基本的に動物性の油が含まれています。

 

沈まないドックフードに関しては、その動物性油脂をドックフードの外側に塗っているケースが多いのです。

 

脂なので、水につけたとしても水分が浸透してきません。

 

その結果、ドックフードが浮き上がってしまう状況になるわけです。

 

動物性油脂をドックフードの外側に塗るという行為に関しては、特別大きな問題は指摘されていませんが、動物の肉に含まれているものをそのまま使うわけではないので、添加物といった言い方もできるわけです。

 

 

■浮いていても大丈夫!と考えることも可能

 

・ドックフードの種類が時期によっても変化あり

 

悪いドックフードがすべてみずに浮き上がるわけではありません。

 

ドックフードの種類によっては浮き上がってしまうものもあります。

 

また、乾燥している冬の季節は特に浮き上がってしまう、といった現象が報告されています。

 

たとえば、冬に浮いていたドックフードの梅雨の時期になると沈むケースもあるのです。

 

要は湿気によって、ドックフードの浮沈が左右されてしまうことがあるわけです。

 

実はドックフードが水に沈むというよりは、ふやけるかといったほうが重要です。

 

 

■水にふやけるタイプをドックフードを利用すべき

 

・消化が良いと判断できる

 

ドックフードを見ずにつけても全くふやけない場合は、腸内に入っても消化されにくいと考えられます。

 

消化されなければ栄養が吸収されません。

 

ドックフードの栄養が生かされない状態になってしまうわけです。

 

一方で水にふやけやすいドックフードに関しては、消化が極めて良い、と考えられているのです。

 

腸内に入り込んでもすぐに消化吸収されるため、栄養がワンちゃんの体に役立ってくれます。

 

 

・ふやけないドックフードにはメリットはないのか?

 

ダイエット目的のワンちゃんにはおすすめです。

 

消化されにくい、といった特性があるので、ふやけないドックフードに関しては、腹持ちがかなり良くなっているのです。

 

消化吸収も比較的良くないので、栄養が身についてしまう確率も引き下げられます。

 

ダイエット目的のワンちゃんを飼っている場合は、ふやけないタイプのドックフードを利用するメリットがあるわけです。