人気の超小型犬チワワを飼う上で気をつけたい食事の注意点

超小型犬として抜群の人気を誇っているのがチワワです。

 

一時期は、消費者金融のテレビコマーシャルに出てすごいことになりました。

 

あまりの可愛らしさに飼う方が急増したのです。

 

現在ではだいぶ人気も落ち着いてきましたが、まだまだ飼っている方も多く人気の犬種、といっても間違いではありません。

 

チワワですが超小型犬ということもあって、飼っている時にはいくつか気をつけたいことがあるのです。

 

特に食事には目を向けなければなりません。

 

今回はチワワと食事について徹底解説します。

 

チワワをすでに飼っている方、これから飼おうと思っている方は必見です。

 

 

■栄養がしっかりと摂取できるドックフードを与えるべき

 

・チワワは活発なワンちゃんである

 

チワワは大人しい訳ではありません。

 

イメージとしても、甲高い声でよく鳴いている、といったイメージがありませんか。

 

実際に、小さいながらもかなり活発に動き回るワンちゃんなのです。

 

室内飼いを行うと思いますが、家の中を非常に活発に動き回ります。

 

活発なワンちゃんであるからこそ、一定以上のカロリーが必要になります。

 

小型犬だからといって、少量の餌を与えてカロリーをしっかりと与えていないと、健康を害してしまうかのせいも出てくるのです。

 

もちろんチワワは小型犬なので、中型犬や大型犬のように多くの量を食べられるわけではありません。

 

だからこそ、比較的カロリーの高い食事を与えてあげる必要があります。

 

カロリーが低いほうが健康によい、と思っている飼い主さんは逆効果になることもあるので注意して下さい。

 

 

・栄養が吸収しやすいドックフードを与えてあげることも大切

 

実は、ドックフードに関しては主原料によって吸収がしやすかったり、しにくかったり、といったことがあるのです。

 

たとえば、栄養がしっかりと含まれており、カロリーも高いドックフードがあったとします。

 

しかし、その主原料として利用されている食材が吸収しづらいものであればいかがでしょうか。

 

食材が吸収しづらいということは、せっかくの栄養素のカロリーも摂取できません。

 

栄養不足になってしまうこともあるのです。

 

吸収しづらい食材としては穀物があります。

 

穀物を主原料としているドックフードをチワワに与えてしまうと、ワンちゃんの健康に大きな問題が発生してしまうかもしれません。

 

一方で、ワンちゃんにとって消化吸収しやすい食材とされているのがお肉です。

 

お肉であれば、消化がしっかりとできるので、栄養になりやすいわけです。

 

しかも、お肉の場合はカロリーが高い、といった印象もありますよね(チキンを除く)。

 

チワワに与えるドックフードに関しては、なるべくお肉を主原料として利用したものが良いのです。

 

 

■ドックフードの粒にも注目すべき

 

・粒があまりに大きいと食べづらく感じてしまう

 

チワワは小型犬なので、それほど顎の力が強くありません。

 

あまりに大きなドックフードであったり固かったり、といった状態になってしまうと、食べるだけで疲れてしまうのです。

 

食が進みにくくなってしまい、痩せてしまう、といったリスクも生まれてしまいかねません。

 

飲み込むと気に喉に引っかかるような感覚なってしまう可能性もあります。

 

そもそも、ワンちゃんはドックフードを多少はかみますが、そのほとんどは丸呑みしているのです。

 

チワワのような小型犬が大粒のドックフードを食べるのは極めて困難なのです。

 

チワワに与えるドックフードですが、小型犬用のなるべく小粒のものを与えて下さい。

 

ウェットフードを与える、といった手法もありますが、歯につきやすいといったデメリットもあります。

 

ウェットフードを与える場合には、食事後の歯磨きを必ず行って下さい。

 

ドライフードであったとしても、歯磨きは行ったほうが良いです。

 

 

■ドックフードは1日に複数回与えること

 

・1日に1回の食事だとチワワに健康被害が出てしまう

 

チワワの特性の一つとして注目されているのですが、実は子犬の時に低血糖になってしまうことがあるのです。

 

特に長時間食事を取らないような状態が続いてしまうと、低血糖のような状態になってしまいます。

 

その結果、突然死してしまうこともあります。

 

1日1回の食事しか与えていない、といった飼い主さんはすぐに改めて下さい。

 

食事をしてから随分立っているのに散歩に釣れ出したら、その途中で倒れてしまうかもしれません。

 

・チワワの子犬時代における1日の推奨食事回数・・・4回から5回
・チワワの成犬時代における1日の推奨食事回数・・・2回から3回

 

成犬になって方も、1日辺り2回以上は必ず食事を与えるようにして下さい。

 

前述したように、チワワは活発に体を動かすワンちゃんなので、エネルギー不足になりやすいのです。

 

栄養たっぷりなドックフードを、1日あたり2回以上与えることもチワワの健康を守るためには大事なことです。

 

ちなみにチワワの低血糖は、特に生後3ヶ月から4ヶ月辺りまでは起こりやすいので気をつけて下さい。