人気のミニチュア・ダックスフンドには他の犬種より食事に注意

ミニチュア・ダックスフンドが大人気になっています。

 

街でもよく見かけるようになりました。

 

あの愛らしい容姿にやられてしまっている方が続出中なのです。

 

しかし、ミニチュア・ダックスフンドを飼うにあたって注意しなければならいことがいくつかあるのも事実なのです。

 

しっかりと対応しなければ、ワンちゃんの健康を害してしまうかもしれません。

 

今回は、ミニチュア・ダックスフンドを飼うにあたって、食事についてどのようなことに気をつければよいのか、といった点についてお話します。

 

食事にしっかりと対応しなければ、ワンちゃんの健康を守ることは出来ません。

 

非常に大切なテーマです。

 

 

■低カロリーな食事を与えることが肝心

 

・ミニチュア・ダックスフンドは太ったら命の危険性あり

 

ミニチュア・ダックスフンドを見ていると、わかることがあると思います。

 

胴が長い特殊な体型をしていますし、足も短いですよね。

 

実は、ちょっとでも太ってしまうと腰を痛めてしまう可能性があるのです。

 

他の犬種のワンちゃんよりも体重増加の影響が腰に出やすい、といった特徴を持っており、仮に腰を痛めてしまうと、命にも関わってしまうかもしれません。

 

そこで気をつけるべきなのが、ドックフードのカロリーです。

 

カロリーが高いドックフードを与え続けてしまうと、腰の負担が大きくなってしまい、足腰に問題が生じてしまうかもしれません。

 

将来的に寝たきりの状態になってしまう、といったことまで考えられるのです。

 

そこで注目して欲しいのが、カロリーが低いドックフードとはどういったものなのか、といったことです。

 

どんなタイプのドックフードであればカロリーが低めに抑えられるのでしょうか。

 

・チキンを主原料としているドックフード
・野菜が使われているドックフード

 

要はカロリーが低いタイプの食材を含んでいるドックフードを与えるべきなのです。

 

肉は確かにカロリーが高いですが、肉の種類によってはカロリーがそれほど大きくありませんよね。

 

牛肉であればカロリー過多の状態になってしまいますが、チキンであればそれほどカロリーはありません。

 

野菜についてもそれほどカロリーを気にせずに与えられる、といったメリットが有ります。

 

それらの原材料を含んでいるドックフードを与えておきましょう。

 

体重の管理がしっかりとできるようになれば、大きな健康被害が発生してしまうような恐れもありません。

 

 

・塩分にも気をつけること

 

ドックフードの中には塩分が大量に含まれているものもあります。

 

ワンちゃんは味を感じにくいので、どうしてもドックフードを濃い味付けにしてしまっていることもあるのです。

 

その結果、塩分を大量に含んだ状態となってしまい、ワンちゃんの健康を害してしまう可能性があります 。

 

一般的なドックフードを与えているうえであれば、大きな問題に発生することは少ないと考えられていますが、人間の食事をミニチュア・ダックスフンドに与えている場合には十分に注意して下さい。

 

人間の食事には炭水化物も多いので、太る原因を作ってしまうことになります。

 

 

■ミニチュア・ダックスフンドを飼うにあたって、日頃から気をつけるべきこと

 

・しっかりと運動をさせること

 

先程述べたように、犬種的に太ること自体が命取りになってしまうのです。

 

ですから、しっかりと運動させることが何よりも必要になってきます。

 

そもそも、ミニチュア・ダックスフンドは狩猟犬の一種です。

 

運動すること自体が好きであり、活発に動きたいと考えています。

 

散歩をあまりしてあげていないと、ストレスが溜まってしまうかもしれません。

 

足腰の筋肉が弱ってしまうと、椎間板ヘルニアになってしまう可能性もあります。

 

しっかりと散歩をさせ、定期的にストレスの発散と筋肉を鍛える、といったことを行ってあげましょう。

 

散歩の時間ですが、1日あたり2回程度が良いとされています。

 

20分から30分程度を想定してくだい。

 

小走り程度に散歩をするのがおすすめとされています。

 

 

・段差のある所にはなるべくおかないこと

 

ミニチュア・ダックスフンドは腰に負担がかかりやすいので、段差のある環境はあまり良くありません。

 

室内外をしていると思うので、ワンちゃんがいるところに関しては、なるべく段差を廃しておくのがおすすめです。

 

小さな段差をなくしておくことで、ワンちゃんが躓いてしまうようなことを防ぎます。

 

若い時は平気かもしれませんが、ミニチュア・ダックスフンドも年齢を重ねると弱ってきます。

 

年齢に合わせた対策も積極的に行うべきなのです。

 

ちなみにミニシュアダックスフンドはかなり高寿命であることも分かっています。

 

平均すると14歳から17歳程度まで生きるとされているのです。

 

少しでも長く健康に生きて欲しいと思ったら、ちょっとした段差もなくしていきましょう。

 

滑りやすいフローリングなどにも対策を施してあげると、ワンちゃんも室内でさらに快適に生活できるようになりますよ。