手作りのドックフードは市販のものと比べて栄養が偏りますか?

ワンちゃんに安心・安全なドックフードを与えたい、と思っている飼い主さんは本当に多いと思います。

 

ワンちゃんも家族の一因として、大切にされているわけです。

 

そこで飼い主さんが考えているのが、ワンちゃんに対して手作りのドックフードを与える、といったことです。

 

手作りドックフードの利点は、なんといってもからだに悪いものを含んでいない、といったことです。

 

市販されているドックフードには添加物が含まれている可能性があります。

 

添加物にはアレルギーを発症させたり、発がん性のあったりするものも少なくありません。

 

一方で、手作りドックフードには大きな問題もあります。

 

それは、市販のものと比べて、栄養に問題が発生しやすいのです。

 

たとえば、市販されているドックフードはワンちゃんが食べるために作られています。

 

ワンちゃんに必要な栄養素をしっかりと含んでいるわけです。

 

手作りドックフードの場合ですが、栄養の偏りが気になってしまいますよね。

 

入れる食材によっては、栄養に問題が出てくるかもしれません。

 

今回は、手作りドグフードを与えるとどのようなデメリットがあるのか、といったことについて、栄養の偏りを中心にお話します。

 

 

■手作りドックフードは栄養バランスに問題が発生する

 

・ビタミン不足
・ミネラル不足
・たんぱく質不足など

 

手作りドックフードに関しては、様々な栄養素が足りなくなってしまう恐れがあります。

 

確かに、品質の良い食材はつかえるかもしれません。

 

添加物が含まれていない食事を与えることも可能です。

 

しかし、食材によっては栄養に大きな違いがありますね。

 

たとえば、タンパク質だって全ての肉に同じ量が含まれているわけではありません。

 

そもそも、同じ動物だって与える部位によってタンパク質が多かったり少なかったりするわけです。

 

ビタミンを与えようとして野菜を手作りドックフードに入れることもあるでしょう。

 

しかし、毎回同じ野菜を入れるでしょうか。

 

その時時の旬の野菜を入れていることも多いと思うのです。

 

野菜によっても含まれているビタミン量は大きく異なっています。

 

毎回同じ食材を用意できる場合には、一定の栄養をワンちゃんが摂取し続けることになりますが、食材を変えてしまえばワンちゃんのからだづくりに大きな問題が出てしまうかもしれません。

 

 

■手作りドックフードはワンちゃんの好き嫌いを生んでしまう

 

・毎回味が変わると食べなくなってしまうことも

 

手作りドックフードですが、入れる食材を変えれば栄養素だけでなく、味わいも大きく変化していくことになります。

 

我々だって、お肉を食べる時ですが、牛肉と豚肉の味は違いますよね。

 

さらにラム肉になると大きな違いが生まれてしまうわけです。

 

手作りドックフードを与える時に毎回使う食材を変えていると、味がその時々で変化していきます。

 

ワンちゃんにも好き嫌いがあるので、好きな味わいの時は非常に食い付きが良くなり残さずに食べてくれます。

 

しかし、毎回味わいが変化していけば、嫌いな味わいであった時には食べない、といったことが起きてしまいます。

 

待っていれば、あの美味しいドックフードをまた貰えるのではないか、といったことを考えてしまいます。

 

定期的に食が細くなるような状態が続いてしまえば、ワンちゃんに入ってくる栄養が著しく低減してしまいます。

 

そういった状態にならないようにするためにも、なるべく毎日同じドックフードを与えて下さい。

 

市販されているドックフードであれば、毎回同じ味わいなので、食付きに変化が出てくることもありませんよ。

 

 

■手作りドックフードであればかえってお金がかかってしまう

 

・食材を購入するのはかなり大きな出費になる

 

高級ドックフードであったとしても、1キログラムあたり1,000円を超える程度です。

 

それほど高額とはいえません。

 

一方で、手作りドックフードを与える場合には、すべての食材を自分で購入しなければなりません。

 

お肉も購入します。

 

野菜を購入します。

 

さらに穀物を利用することもあるでしょう。

 

まさに、人間の食事を作っているような状態になってしまうのです。

 

食材も無農薬などにこだわっていくと、高額な費用が発生します。

 

一方で、最近ではドックフードも完全無添加のものも増えました。

 

オーガニックタイプのドックフードも出来たのです。

 

実は、それらを買ってしまったほうが、一つ一つの食材を購入してドックフードを作るよりも安上がりであることは広く知られています。

 

経済的な面からみても、手作りドックフードにはあまり良いところがありません、

 

 

■手作りドックフードは手間がかかってしまう

 

・1食から2食分余計に作る感覚

 

自分の食事を作るのだけでも大変に思ってしまいますよね。

 

しかし、ワンちゃんにも作ってあげるとなると、1食分から2食分を毎日余計に作らなければなりません。

 

少なくても1日明かり20分から30分程度の時間を割くことになります。

 

ドックフードであれば袋から出して与えるだけなので、手間のかかり方の違い、といったところにも注目すべきです。