粒が大きく硬いドックフードは砕くのとふやかすのどっちがいい?

ドックフードの粒ですが、かなり違いがあることを知っていますか。

 

大きさにもバリエーションが有ります。

 

さらに、固さにもバリエーションが有るのです。

 

一般的に大型犬には大きな粒で少し高めのタイプのドックフードが選ばれることが多いです。

 

小型犬には、小さい粒の比較的柔らかいタイプが選ばれることが多いです。

 

こちらでは、粒が大きく固いドックフードの与え方についてお教えします。

 

普通に考えると、ドックフードの粒が大きく固いものは食べにくい、といった可能性もあるわけです。

 

そんな時は水にふやかして与える、といった選択肢もあるのでしょうか。

 

それとも砕いて細かくして与えるほうが良いのでしょうか。

 

ワンちゃんへのドックフードの与え方で頭を悩ませている飼い主さんは必見です。

 

 

■粒が大きすぎたり硬すぎたりした場合のおすすめの対処法とは?

 

・砕くのもふやかすのもおすすめ

 

どちらのほうがダメで、どちらの方が良い、といったことはありません。

 

どちらでも対処できます。

 

砕くことで、顎に力のないワンちゃんでも簡単に食べられます。

 

ふやかした場合も、ワンちゃんがアゴで小さく噛み砕く必要はないので、食べやすい、といった特徴があるわけです。

 

注目して欲しいのが、どのような方法で砕いたり柔らかくしたりしたら良いのか、といったことです。

 

たとえば、ドックフードをふやかすにしても、何度の水でふやかしたらいいのかわかりませんよね。

 

高温のほうがふやかしやすい気もしますが、ドックフードの品質を下げてしまうのではないか、と思ってしまいます。

 

砕き方についても、すり鉢のようなもので砕くのは時間もかかりますよね。

 

何か効率的な方法はないのか、といったことで頭を悩ませている方も覆いと思います。

 

以下に、どのように砕いたらいいのか、柔らかくしたらいいのか、といったことをお話します。

 

 

■ドックフードの粒を細かく砕くおすすめの方法とは?

 

・オーソドックスな方法|包丁でザクザク切る

 

ドックフードを数粒単位で包丁にてザクザクと切っていきます。

 

完全に細かくするのではなく、ちょっとした書簡を残したい場合に有効な方法の一つといえます。

 

ただ、包丁を使って切る方法だと、ドグフードが飛び散ってしまう可能性もあります。

 

一方で、包丁は鋭利なので、切りやすい、といったメリットが有ることも確かです。

 

トンカチのようなもので、砕いたらいいのではないか、と思っている方もいるかもしれません。

 

しかしトンカチの場合は、それなりの力がいるのです。

 

さらに包丁よりも飛び散りやすくなってしまうので、毎回の掃除が大変になってしまうかもしれません。

 

トンカチを使う場合には、ジップロックなどに入れてその上から叩く、という方法を採用して下さい。

 

 

・最もおすすめできるドックフードを細かく砕く方法がこれだ!

 

フードプロセッサー
ミルミキサー

 

食材などを細かくする機能を持っているものを利用して下さい。

 

機械で簡単に細かく砕く、といったこともできるわけです。

 

ドックフードの粒自体もそれほど硬いものではないので、フードプロセッサーの刃でも簡単に砕けます。

 

時間にすると数秒で細かくなるので、時間短縮といった意味合いでもオススメできます。

 

しかし、粉末状になってしまうので、ちょっとした食感でも与えてあげたい場合にはあまり適していません。

 

また、口の周りを汚してしまいやすいので、食後のケアも忘れないで下さいね。

 

ちなみに、フードプロセッサーやミルミキサーを使う場合には、ワンちゃんのドックフード専用として利用すべきです。

 

ドックフードの匂いがこびりついてしまうので、人間の食事もドックフードの臭がしてしまうかもしれないのです。

 

 

■ドックフードをふやかすおすすめの方法とは?

 

・ぬるま湯程度の水でふやかすこと

 

ドックフードですが、高温であるほうがいいのではないか、と思う方もいるかも知れません。

 

しかし、高温の水でふやかしてしまうと、ドックフードに含まれている素材がダメージを負ってしまうかもしれません。

 

実はビタミンなどが壊れてしまうことがあるのです。

 

栄養価が低くなってしまわないように、なるべくぬるま湯にすべきです。

 

冷水でも良いのではないか、と思うかもしえれません。

 

実はこれにも問題があります。

 

ドックフード自体も冷えてしまい、ワンちゃんが食べると胃腸を冷やしてっしまうのです。

 

胃腸が冷えてしまうと下痢などに発展する可能性もあるので、あまりおすすめできません。

 

ぬるま湯ですが、30度くらいから40度くらいが基準です。

 

すぐに与えるとまだふやけていないので、固いままになってしまいます。

 

ふやかす時間は10分から20分程度にして下さい。

 

なかなかふやけないドックフードの場合は、30分程度ふやかしていても問題ありません。

 

 

・ふやかしたドックフードの問題点

 

歯石が溜まってしまいます。

 

ドックフードが歯にこびりついてしまい、歯石になって歯周病を発生させてしまうこともあるのです。

 

ふやかしたドックフードを与える場合には、なるべく歯を磨いてあげるようにしましょう。

 

濡れた柔らかい布で歯を拭いてあげるだけで構いません。