無添加とオーガニックのドックフード@何か違いはあるの?

よく似た言語にオーガニックと無添加があります。

 

双方ともに同じような意味合いで使われているケースも有ると思うのですが、たとえばドックフードで、無添加と書かれている方がワンちゃんに良いのか、それともオーガニックと書かれている方が良いのか、と行ったことが気になってしまうでしょう。

 

こちらでは、まずは無添加ドックフードとはどのようなものなのか、さらにオーガニックドックフードとはどのようなものなのか、といったことをお話します。

 

 

■無添加とオーガニックの具体的な違いについて

 

・無添加の特徴とは

 

無添加とは、その名の通りに添加物が一切含まれていないことを指しています。

 

ドックフードには防腐剤といったものや着色料といったものを含んでいる可能性があります。

 

無添加に関しては、それらの添加物が一切含まれていないことを指しているのです。

 

製造段階で自然界にないものは含まれません。

 

安全性が極めて高いといえます。

 

ちなみに、ドックフードに関しては、人間に使ってはいけないとされる添加物が含まれていることもあるのです。

 

かなり高い危険性があり、なかには発がん性が指摘されているものもあります。

 

大事なワンちゃんに与えたくはないタイプのドックフードも実際に多いのです。

 

 

・オーガニックの特徴とは

 

オーガニックとは、有機農法であったり無農薬で作られたりしている原料を使っていることを指しています。

 

ドックフードに使われている穀物や肉などが農薬などの科学的なものが使われていないことを指しているのです。

 

原材料の健康度合いが極めて高いタイプといえます。

 

 

・無添加とオーガニックの違いまとめ

 

無添加は製造段階で添加物を含んでいないものを指しています。

 

一方で、オーガニックとは、原材料が作られている時に科学的な薬品が使われていないことを指しています。

 

要は、無添加は製造段階にメリットが有り、オーガニックは原料の状態にメリットがあるのです。

 

似たような言葉として使われる無添加とオーガニックですが、言葉としての意味合いに関しては大きな違いがあるわけです。

 

 

■実際に無添加とオーガニックのドックフードには何らかの違いがあるのか?

 

・どちらもこだわっているタイプのドックフードであることには変わりなし

 

ドックフードに関しては、一般的に有機農法で作られているケースは少ないです。

 

製造段階で添加物を含めるケースも多くなっているので、無添加とオーガニックのタイプであったとしても質の良いタイプのドックフードであることには変わりありません。

 

実際に、ドックフードを調べてみると、無添加タイプやオーガニックタイプは、通常のドックフードよりも高めに設定されているのです。

 

無添加タイプは添加物を含めないので、管理などに相当な気を使わなければならず、コストに反映されてしまいます。

 

オーガニックタイプに関しても、製造する段階にそれなりのコストが発生します。

 

穀物や家畜の生産管理に膨大な時間とコストがかかってしまうのも仕方ないことなのです。

 

無添加タイプのドックフードやオーガニックタイプのドックフードには大きなメリットがあります。

 

しかし、価格、といったデメリットが有ることはしっかりと把握しておかなければなりません。

 

 

■無添加とオーガニックのドックフード|どちらがおすすめなのか?

 

・欲張り!無添加でありオーガニックなドックフードがおすすめ

 

たとえ無添加であったとしても、原材料が製造段階に大量の農薬を使われているとしたら大きな問題があります。

 

原材料自体に危険な物質が多く含まれている可能性もあり、ワンちゃんの体調に悪影響をもたらしてしまうかもしれません。

 

オーガニックに関しても気をつけなければなりません。

 

仮に原材料に農薬などが扱われていなかったとしても、製造段階で添加物が大量に使われてしまっては、意味が無いのです。

 

体調に悪影響をもたらしてしまうかもしれません。

 

原材料に不要な物質がなかったとしても製造段階で不要な物質が含まれてしまえば、どのみち、危険な食べ物となってしまいますよね。

 

そこで注目して欲しいのが、オーガニックプラス無添加のドックフードです。

 

2つの良い所をしっかりと兼ね備えているドックフードも販売されています。

 

そもそも、オーガニックで作られた原材料を利用したドックフードは、安価に売るつもりはありません。

 

製造にもこだわって、安全性の高い特別なドックフードを目指しているのです。

 

実はオーガニック系の原料を使っているドックフードは無添加であるケースも少なくありません。

 

ワンちゃんの健康を考えるのであれば、継続的に一定の出費を続けていくことになってしまいますが、高品質なドックフードを利用すべきです。

 

 

■農薬たっぷり、添加物たっぷりのドックフードを食べるとどうなってしまうの?

 

・内臓に大きな負担が出ることも

 

すぐに悪影響は出ませんが、しばらくすると身体に大きな問題が出てくるかもしれません。

 

添加物などが蓄積されて、アレルギーを発症させてしまうこともあります。

 

腸内環境を悪化させて、免疫システムがおかしくなることもありえます。