尿路結石のワンちゃん用のpHコントロールのドックフードがある

ワンちゃんの中にも人間と同じように、尿路結石になってしまうことがあります。

 

そもそも、尿路結石というものはものすごい痛みを発生させるものとして知られていますよね。

 

飛び上がるような痛みになってしまうこともありえるのです。

 

飛び上がるような痛みを経験したことがある方は、ワンちゃんにそんな思いをさせたくない、と思うはずです。

 

こちらでは、ワンちゃんの尿路結石をひどくさせないためのドックフードについてお話します。

 

実際に、尿路結石ができるドックフードがあるのです。

 

果たしてどのような特徴を持ったものなのでしょうか。

 

ワンちゃんの健康を守りたい、と考えている飼い主さんは必見です。

 

 

■pHをコントロールできるドックフードがある

 

・尿を弱酸性の状態にできるドックフードがおすすめ!

 

尿路結石になってしまうワンちゃんですが、尿がアルカリ性になっているのです。

 

いわゆる、尿のpH値がアルカリ性に傾いてしまうと尿路結石ができやすくなってしまうので、前もってしっかりと対策を立てておく必要があります。

 

ドックフードには、そのpHの値を中和し、結果的に弱酸性へ持っていくタイプが有ります。

 

そうすることで、尿路結石が発生しにくくさせるのです。

 

 

・そもそも尿路結石が出来てしまうメカニズムとは?

 

何らかの理由で、尿のpHが乱れてしまっているのです。

 

その結果、ストルバイト結石といったものができやすくなります。

 

ただし、注目して欲しいことがもう一つあります。

 

実は、アルカリ性ではなく酸性が強くなったとしても結石ができてしまう、といったこともあるのです。

 

酸性が強くなってしまってできる結石のことをシュウ酸カルシウム結石、と呼んでいます。

 

こちらはカルシウムが結石となってしまうのです。

 

尿は基本的に弱酸性となっています。

 

弱酸性の状態であれば問題なのですが、アルカリ性や酸性が強くなってしまうと、結石ができる、といったメカニズムを持っています。

 

 

■ミネラル成分の量を確認することも大事

 

・カルシウム
・マグネシウム

 

上記のミネラル成分ですが、多く含まれていると尿路結石ができやすくなってしまいます。

 

尿中のミネラルが飽和状態になってしまうので、結果的にそれが原因になって結石を生み出してしまいます。

 

ドックフードを選択する場合には、まずミネラル量を確認して下さい。

 

大量に含まれていないタイプを選択すれば問題ありません。

 

普段からドックフードの成分表をチェックしていなければ、そのミネラル成分が多いのか、それとも少ないのか、といったことはわかりませんよね。

 

ドックフードを購入するときは、成分表をチェックする、といったことを必ず実施して下さい。

 

癖をつければ、ワンちゃんを健康にできるドックフードが自然と選べるようになりますよ。

 

 

■尿路結石を抑える方法はドックフードだけではない!

 

・水を多めに与えることも大事

 

水分摂取量が少なくなれば、当然ですが尿に含まれているミネラルの成分が高まってしまいます。

 

濃度が高い状態になってしまうのです。

 

その結果、尿路結石が出来てしまいます。

 

そこでおすすめなのが、水をしっかりと飲ませる、といったことです。

 

水を多めに飲ませることができれば、尿の量も自然と多くなります。

 

尿に含まれているミネラル成分の濃度も著しく下がるので、尿路結石ができる確率を大幅にダウンさせます。

 

ただ、水を与えようとしてもワンちゃんが積極的に飲んでくれない、といったこともありますよね。

 

そんな時にはドックフードに少し混ぜてみましょう。

 

ドックフードをふやかして与える、といった方法もおすすめです。

 

ドックフードを食べることで、水を摂取することになるので水分不足、といったものの解消ができるわけです。

 

また、散歩が終わってかえってきたら水を与える、といったことも習慣づけましょう。

 

身体を動かすと、汗をかかないワンちゃんもどうしても体内の水分量が減ってしまいます。

 

その状態が続いてしまうと、尿路結石のリスクが著しく高まってしまいます。

 

すぐに水を飲ませれば、尿の濃度も落ち着いてくるので安心ですよ。

 

 

■尿路結石ができるタイプのドックフードの銘柄とは?

 

・ロイヤルカナン『pHコントロール』

 

ちょっと高額なタイプですが、非常に品質が良いドックフードとしても知られています。

 

1kgあたりの価格は1,500円程度となっていますが、多くの飼い主さんから支持されているのです。

 

pHコントロールと商品名に入っているとおりに、カルシウムとマグネシウムに関してはほんの少ししか含まれていません。

 

尿路結石ができるチャンスを大幅に低減できるわけです。

 

獣医さんからもおすすめされることのあるドックフードですよ。

 

 

・forza10『リナールアクティブ』

 

さらに高額なタイプのドックフードです。

 

1キログラムあたり1,800円程度してしまいます。

 

腎機能や泌尿器の状態を良くする系のドックフードとなっており、利尿作用のある成分なども含まれています。