添加物の多いドックフードは癌に!愛犬には安全な食事を

ドックフードはすべてが安全とはいえません。

 

一部のドックフードには問題点も指摘されているのです。

 

その一部の問題点のあるドックフードですが、添加物といったものが大いに関わっています。

 

添加物が含まれているようなタイプのドックフードは、ワンちゃんの健康に問題をおこしてしまう確率が高いとされているのです。

 

中にはガンを招き寄せてしまうようなものまであります。

 

こちらでは添加物の多いドックフードを食べてしまうとどうなってしまうのか、といったことについて詳しく解説します。

 

 

■添加物が多いドックフードはガンが発生する可能性あり!

 

・がんを招く可能性のある添加物

 

発がん性のある添加物がいくつか報告されています。

 

少量であれば問題ないとされているものも多いのですが、たしかに1回ずつの摂取は少量かもしれません。

 

しかし、ドックフードは毎日食べるものですよね。

 

毎日食べるということは、結果的には大量に摂取してしまうこともありえます。

 

添加物が体内に蓄積されてしまう、といったことも考えられるわけです。

 

添加物の全てが尿などで体外に排出されるわけではありません。

 

どんどんと蓄えられてしまい、結果的に体がその影響に耐え切れなくなってしまうこともあります。

 

ちなみに、ドックフードには防腐剤がよく使われています。

 

その名の通りに、ドックフードの品質を保つような効果が期待できます。

 

要は、腐るのを防いでくれるわけです。

 

しかし、その防腐剤は特にガンを招く可能性が高いとされています。

 

たとえば防腐剤の一つであるソルビン酸には発がん性があることもわかっているのです。

 

防腐剤が多く使われているようなドックフードはワンちゃんのためにも与えないで下さい。

 

 

■ワンちゃんの腸内環境を悪化させる可能性のある添加物

 

・腸内環境の悪化は全身に影響を与えてしまう

 

腸の調子が良くなれば、それだけ身体が健康になる、といったことも期待出来るわけです。

 

しかし、ドックフードの中には、ワンちゃんの腸内環境を悪化させてしまう可能性のある成分も多く含まれているのです。

 

特によくないとされているのが湿潤剤として利用されているものです。

 

ウェットタイプのドックフードに含まれているケースが多い添加物としても知られています。

 

成分表に「プロピレングリコール」と書かれていたらかなり危険だと思って下さい。

 

ドックフードの水分量を守るために利用されているのですが、実は腸に対して悪い影響を与えてしまう可能性があることでも知られています。

 

プロピレングリコールは、便を固くしてしまう、といった作用があるのです。

 

便が固くなってしまえば、排出されにくくなってしまいます。

 

腸内に便が留まってしまうことにより、腸内でガスなどを発生させることもあります。

 

便秘になることで、悪玉菌がどんどん繁殖して善玉菌が不利になってしまうかも知れません。

 

腸内環境が悪化すると、免疫細胞も弱ってしまいます。

 

身体の半分以上の免疫細胞が腸にあるとされているのです。

 

ワンちゃんの体調が悪くなってきたら、もしかしたら添加物の影響かもしれません。

 

ドックフードの切り替え、といったものも前もって考えておくべきです。

 

 

■ビタミンが添加物として含まれていても意味は無いって本当?

 

・半分は本当です

 

ドックフードには食材以外に、ビタミン成分を添加物として含ませていることもあります。

 

注意して欲しいのが、そもそもドグフードに食材ではなく添加物としてビタミンを入れていたとしてもほとんどワンちゃんには吸収されない、といったことです。

 

ミネラル剤は吸収率が圧倒的に悪いので、栄養補給としてはあまり意味をなしません。

 

そのほとんどが、尿などで体外に排出されてしまうのです。

 

ちなみにビタミンBやビタミンEに関しては、酸化防止剤の役割として含めていることもあります。

 

 

■どんなドックフードであればワンちゃんのがんの発生率を引き下げられるのか?

 

・無添加タイプを与えよう

 

ドックフードですが、添加物が含まれていないタイプもあるのです。

 

添加物が含まれているタイプのドックフードは健康被害に注意しなければなりません。

 

いずれ身体に大きな影響が出てきてしまうこともありえるのです。

 

無添加タイプであれば、ほとんど原材料そのままの状態でドックフードとされています。

 

科学的な薬品も使われていません。

 

人間が食べたとしても問題がない、とされているほどです。

 

 

・ヒューマングレードに注目

 

ドックフードを探していると「ヒューマングレード」といった言葉を目にすると思います。

 

ヒューマングレードは、人間が食べても問題ないとするレベルに達しているドックフードに使われているケースが多いです。

 

犬に使って良い添加物であったとしても、人間には使ってはいけない、としているケースも多くなっています。

 

ヒューマングレードであれば、安心してワンちゃんに与えられます。

 

近年のワンちゃんは15年や20年近く生きるケースも出てきました。

 

健康的に生きてもらうためにもドックフードの安全性にはこだわりましょう。