犬の毛艶をよくするにはドックフードだけじゃなくシャンプーも重要

ワンちゃんの健康状態をチェックする時には、やはり毛艶をしっかりと見ることが大切です。

 

毛艶が悪くなっていると、身体に何らかの変調をきたしているケースが出てくるわけです。

 

そこで注目しておきたいのが、毛艶対策にはどのようなことが必要なのか、といったことです。

 

もちろん、栄養が足りていない可能性があるので、ドックフードを変えてみる、といった対策方法もあります。

 

しかし、その他にも注目しなければならいことがあります。

 

実は、毛艶にはシャンプーも極めて重要なのです。

 

こちらではワンちゃんの毛艶とシャンプーの関係性に迫ります。

 

 

■シャンプーの前にしっかりとしたブラッシングを行うこと

 

・シャンプー前の準備が極めて重要である

 

シャンプーにだけこだわっているのでは、ワンちゃんの毛艶は良くなりません。

 

シャンプーだけでなく、その事前準備としてのブラッシングも必要なのです。

 

ワンちゃんのブラッシングを定期的に行っているでしょうか。

 

ほとんど行っていない、といった飼い主さんもいるではありませんか。

 

ブラッシングをしっかりと行っていないと、毛艶はどんどん悪くなってしまうかもしれません。

 

シャンプーとともに、ブラッシングにも注目すべきです。

 

シャンプー前にブラッシングを行うべき理由は2つあります。

 

まずは、毛についた汚れや、お肌についた汚れを落とす、といったものです。

 

汚れたままだとワンちゃんのシャンプーの機能がしっかりと発揮されません。

 

実際に泡立ちが悪くなる、といった状況になりかねないわけです。

 

もう一つ注目しておきたいのが、ブラッシング自体が結構を高める、といったものです。

 

お肌に一定の刺激を与えられます。

 

要は、マッサージ効果のようなものが得られるわけです。

 

ワンちゃんの毛も、人間の毛と同じように血液によって栄養が送られることで生えてきているわけです。

 

血行が悪くなってしまえば、毛が細くなってしまったり、つやもなくなってしまったりしてくるわけです。

 

ブラッシングを定期的に行っておけば、そのたびに血行が回復するような状況になります。

 

毛艶も良くなりますよ。

 

 

・ブラッシングはどの程度の頻度で実施すべきか?

 

できれば毎日実施して下さい。

 

2日から3日に1回でも効果がないわけではありませんが、毛は毎日成長しています。

 

効率的に栄養が送られるようにするためにも、毎日のブラッシングが必須なのです。

 

外側からの対処法ではありますが、目に見えた効果が出てくることもあります。

 

そもそもブラッシングをしているとワンちゃんも喜びます。

 

素晴らしいコミュニケーションツールの一つにブラッシングがあるのです。

 

ワンちゃんとの信頼関係を築くためにも、定期的なブラッシングは欠かせません。

 

 

■犬用シャンプーを定期的に利用すること

 

・肌を綺麗にすることが肝心

 

ワンちゃんはもちろんもともとは、洗われるようなことはありませんでした。

 

しかし、皮膚に疾患を抱えるワンちゃんは多いですよね。

 

何らかの問題が皮膚に出てきてしまっているわけです。

 

その皮膚の状態悪化が、毛の状態に問題をもたらしてしまうことも十分に考えられます。

 

犬用シャンプーは肌についたホコリやダニなどを落とす役割もありますが、犬の肌を健やかに保つためにも利用されているのです。

 

それこそ、ホコリやダニが犬の肌を覆っている可能性があります。

 

それを定期的にシャンプーで落としてやるわけです。

 

犬のシャンプーをする感覚ですが、月に1回から2回程度が理想です。

 

あまりに高頻度でシャンプーをしてしまうと、犬のお肌を痛めてしまうかもしれません。

 

お肌に油分がなくなると刺激に弱くなって、かえってお肌に疾患が出てきてしまうことも十分に考えられるわけです。

 

 

■どんな犬用シャンプーを利用すべきか?

 

・保湿機能があるものを利用すること

 

ワンちゃんの肌トラブルの多くは乾燥肌によるものです。

 

お肌が乾燥してしまうことで、赤みが出てしまうことがあるわけです。

 

犬用シャンプーはお肌を綺麗にする効果があるわけですが、乾燥肌を促進させてしまう可能性があります。

 

お肌にうるおいを与えていた油分が取り除かれてしまうのです。

 

そこで注目して欲しいのが、保湿成分が含まれている犬用シャンプーです。

 

保湿成分がしっかりと含まれている状態であれば、シャンプーをしたあとであったとしても、一定の保湿効果が得られている状態になります。

 

乾燥肌から開放されるわけです。

 

 

■犬用シャンプーと併用すべきアイテム

 

・化粧水がおすすめ

 

犬用の化粧水、といったものが販売されているのです。

 

シャンプーを行ったあとなどに犬用のシャンプーを塗布してあげることで、お肌が守られるような状態なります。

 

お肌が健康になれば、健やかな毛が成長してくるものです。

 

艶も増し、毛も1本1本が太くなります。

 

犬用化粧水に関しては、シャンプーと同じように高い効果を生むかもしれないものです。

 

ワンちゃんの毛艶で悩んでいる方は、犬用化粧水の利用を計画すべきです。