やっぱり安心して与えられるのは無添加のドックフードなの?

安心して与えられるドックフードは無添加のものです。

 

添加物には大きな問題があります。

 

ワンちゃんの体の状態を悪くしてしまう可能性が少なからずあるのです。

 

確かに、1日や2日程度与えるのであれば問題はありません。

 

しかし、毎日与えるような状態になってしまうと、いろいろな問題が起こってしまうこともありえるのです。

 

こちらではなぜ無添加のドックフードをおすすめするのか、といったことをお教えします。

 

ワンちゃんを飼ったばかりで、どのようなドックフードを与えたらいいのかで頭を悩ませている方は必見です。

 

 

■無添加のドックフードで免疫力が向上する

 

・自然治癒力がアップする

 

ワンちゃんも様々な病気にかかってしまうことがあります。

 

しかし、免疫力がしっかりとあれば大きな問題には発展しません。

 

無添加のドックフードを与えることによって、身体の負担が減るのです。

 

具体的なお話をすると、添加物は腸内に関してかなりの悪影響を与えてしまうことがあります。

 

腸内の状態に問題をもたらしてしまいます。

 

腸内には免疫細胞がたくさんあり、腸の状態が悪くなれば免疫細胞の働きも悪くなります。

 

その結果、腸から様々なウイルスが身体に入り込んでしまうのです。

 

無添加ドックフードを食べることで腸内の負担も減ると、免疫細胞の活動が活発化します。

 

ワンちゃんの体に、ウイルスが入り込むようなことも少なくなっていくのです。

 

注目して欲しいのが、免疫システムが正常化するとガンにもなりにくくなる、といったことです。

 

実際に、添加物を含んでいるドックフードには発がん性があるとされており、かなりの危険があります。

 

仮に、無添加タイプのドックフードを与えて腸内環境を整えられている状態であれば、ドックフードと関係なしに発生するガンを効率的に退治することができるようになるのです。

 

無添加タイプのドックフードは、ワンちゃんの寿命を伸ばしてくれるような効果もある、といったことは覚えておくべきです。

 

 

■運動量がアップして痩身効果も期待できる

 

・無添加ドックフードで肥満対策も出来る

 

ワンちゃんの肥満といったものが大きなテーマになっています。

 

ワンちゃんがどうしても食べ過ぎてしまい、肉が付いているケースがあるのです。

 

若い時であれば、ある程度太っていても良いかもしれません。

 

しかし、問題になってくるのが、年齢を重ねてからです。

 

シニア犬になってからでも太っている状態が続いてしまうと、足腰に悪い影響が出てしまいかねません。

 

足を引きずって歩いてしまうような状態になりかねないのです。

 

人間と同じように、太っていると関節をやられてしまいます。

 

無添加ドックフードですが、食べるとワンちゃんが細胞単位で元気になります。

 

細胞にも効率的に栄養が供給されるようになるのです。

 

実は、前記した腸内環境の正常化作用が大きく関わっています。

 

食べ物は腸で消化吸収され、栄養が決意液に入り込み全身に送られるのです。

 

腸が元気になれば血液に効率的に栄養が入り込むことになるので、全身の細胞に栄養が送り込まれる感覚です。

 

細胞分裂も活性化して、どんどんエネルギーを消費してくれるようになるわけです。

 

また、栄養が全身送られるようになれば、ワンちゃんも活動的になります。

 

散歩の量も自然と増えるような状態になり、どんどんと健康体を手に入れていくわけです。

 

ちょっと太り気味である、といった段階で無添加タイプに切り替えてみましょう。

 

ワンちゃんのメタボを早めに防ぐのです。

 

 

■無添加ドックフードはどのくらいの期間与えると体質が変化してくるのか?

 

・3ヶ月程度は与え続けるべき

 

無添加ドックフードですが、1週間や2週間ではまだ目に見えた効果はありません。

 

3ヶ月程度立ってくると、体質も変わり始めて、ワンちゃんが元気になってくるのがわかってくることもあります。

 

特に注目して欲しいのが毛艶です。

 

毛にもしっかりと栄養が送られるようになると、毛艶も良くなってまさに健康体といった雰囲気が出てくるわけです。

 

 

・無添加ドックフードをやめたら効果はなくなってしまう?

 

継続して利用することが必須とされています。

 

途中で利用をやめてしまうと、急激に体調が悪化するわけではありませんが、徐々に元の状態に戻っていくのです。

 

無添加ドックフードで得た効果については、無添加ドックフードを続けることによってしか維持できません。

 

確かに無添加タイプのドックフードは高いわけですが、高いからといってワンちゃんの体調を無視することは出来ません。

 

無添加タイプであったとしても、1キログラムあたり1,000円を下回っているタイプもないわけではありません。

 

探せば安いものが見つかることもあるので、なるべく継続して与えて下さい。

 

安い時にまとめ買いをしてしまう方もいますが、無添加タイプのドックフードは総じて消費期限が早くやってきてしまうので気をつけて下さい。

 

ちなみに開封した場合は、1ヶ月以内に使い切るべきです。