お腹が弱いワンちゃんにはどんなドックフードを選ぶべき?

人間にも胃腸が弱い方はたくさんいます。

 

胃腸が弱いということは、全身にも影響を与えかねません。

 

腸からは、全身に栄養が送られているのです。

 

腸が不健康な状態となってしまえば、健康を大きく阻害することになります。

 

ワンちゃんの中にも軟便である、といったケースがあります。

 

体質的にお腹が弱い、といったこともあるのです。

 

しかし、お腹に関してはドックフードが大きな影響を与えています。

 

お腹が弱いワンちゃんにマッチングしたドックフードを与えれば、回復するかもしれないのです。

 

今回は、お腹が弱いワンちゃんに適したドックフードについてお教えします。

 

どんなタイプのドックフードを与えれば健康を取り戻してくれるのでしょうか。

 

 

■ドックフードに使用されている脂に注目すべき

 

・何の脂を使用しているのか記しているものを購入すること

 

ドックフードには、必ず脂が利用されています。

 

その脂がワンちゃんの体調に大きな影響を与えていることがわかっているのです。

 

良質な脂を利用しているのか、といったことを確かめてからドックフードを購入しなければなりません。

 

 

・食べてはいけない!危険な脂とは?

 

「動物性脂肪(動物性油脂)」といったものが原材料表などに掲載されている場合には、どの動物のものが利用されているのかがしっかりと見えてきません。

 

どの動物の脂が利用されているのかを必ず確かめてください。

 

 

・安心な脂とは?

 

たとえば、「牛脂」といった表記がある場合には安心です。

 

牛脂に関しては牛の腹部や背部などから採れる食用の脂です。

 

エネルギーの補給的な効果が非常に高く、さらに指向性もあるので美味しく感じられ食欲を増す、といった効果まで期待できます。

 

牛脂に関しては、タンパク質が含まれていない、といった特徴にも注目が集まっています。

 

タンパク質を含んでいないので、仮に牛アレルギーがあるワンちゃんでも食べられます。

 

「ガンマ-リノレン酸」に関しては、科学的な成分名にも聞こえるので心配になってしまう方もいるかも知れません。

 

しかし、ガンマ-リノレン酸は月見草などの植物の種子に含まれている脂肪酸です。

 

天然成分から利用しているものなので、大きな問題は確認されていません。

 

加齢やストレスによる影響を減少させる作用があることでも知られています。

 

さらに皮膚病にかかってしまっているワンちゃんにも高い効果を持っていることが分かっています。

 

 

■穀物の配合量が少ない、もしくは入っていないもの

 

・ワンちゃんの胃腸の負担いなってしまう穀物

 

もともと、ワンちゃんは穀物類を食べません。

 

しかし、人間の近くにいるので食べるような状態になっているのです。

 

穀物に関しては、胃腸に関して即大きな影響を与えるとはいえませんが、大量に摂取したり、長期間摂取してしまったりした場合に問題を発生させます。

 

穀物の消化を得意としていないのがワンちゃんなので、穀物類が少ないタイプのドックフードを与える、ということがおすすめなのです。

 

注意して欲しいのが、コーンや小麦、そして大豆が含まれているものです。

 

アレルギーを発生させてしまう可能性のある食材でもあります。

 

近年では、グレインフリー(穀物不使用)のドックフードも出てきており、胃腸の弱いワンちゃんに関してはそちらのタイプのドックフードの利用もおすすめします。

 

 

・良質な肉を使っているドックフードを与えよう

 

肉が主原料というだけでなく、良質なものを使っているのか、といったことにも注目するべきです。

 

良質な肉を使っていれば、当然、消化吸収も良くなるものですよ。

 

 

■食物繊維が含まれているドックフードを与えてみる

 

・腸の状態を良くしてくれる機能あり

 

食物繊維に関しては、便を柔らかくする作用もあるので、絶対的におすすめできるものではありません。

 

しかし、注目して欲しいのが腸内フローラです。

 

我々動物の腸内には細菌がたくさんいます。

 

その細菌ですが、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌に分かれているのです。

 

特に善玉菌と悪玉菌は日々腸内で争っています。

 

どちらが優勢になるかで、体調も大きく変化してくるのです。

 

悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内環境が悪化して便秘や下痢といった症状を招いてしまいます。

 

 

・食物繊維の素晴らしい効果

 

食物繊維には善玉菌をサポートする機能がある、といったものです。

 

善玉菌ですが、善玉菌の餌になります。

 

善玉菌をパワーアップさせる効果があるので、腸内環境が良くなるのです。

 

しかし、ワンちゃんの食事で食物繊維を摂取させる、というのは簡単なことではありません。

 

ドックフードに含まれていることもありますが、容量が限られているのです。

 

胃腸が悪いワンちゃんを飼っている場合には、ドックフードにプラスしてワンちゃんが食べられるタイプの野菜を付加させてみる、といった方法もおすすめです。

 

野菜を食べるのが好き、といったワンちゃんもいるので、思ったよりも与えやすい、といった特徴がありますよ。

 

あまり食べてくれるようんな雰囲気がなかった場合には、味付けを変えてみる、といった方法もあります。