アレルゲンカットのドックフードって売っているんですか?

人間もアレルギーが恐ろしいですが、実は犬もアレルギーがあり恐ろしい症状を引き起こしてしまうこともあります。

 

そもそも。

 

可愛いワンちゃんがアレルギーに苦しんでいる姿は見たくありませんよね。

 

そこで注目したいのが、アレルゲンをカットしたドックフードです。

 

もしもあるのであれば利用したい、と思っている方も多いのではありませんか。

 

実際に、アレルゲンをカットしたドックフードは販売されています。

 

果たして、そのアレルゲンカットのドックフードにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

果たして効果はあるのでしょうか。

 

徹底調査してみました。

 

 

■そもそもアレルゲンカットのドックフードとはどのようなものか?

 

・原材料にこだわっている
・天然系の材料のみを使っている
・着色料などを使用していない

 

アレルゲンカットのドックフードですが、基本的に原材料にこだわって作られているのです。

 

アレルギーが発生してしまう原材料はいくつか限られています。

 

たとえば、小麦であったり大豆といったりしたものがあります。

 

それらを含んだドックフードもあるのですが、当然ながらアレルギーの発生原因になりかねません。

 

では、アレルゲンカットのドックフードにはどのような原材料が含まれているのでしょうか。

 

 

・米や魚が利用されている

 

米や魚に関してはアレルギーが発生する確率が極めて低いです。

 

ですから、安心して与えられる、といったメリットがあるのです。

 

アレルゲンの恐れのある原材料をしっかりと排除していることになります。

 

添加物の一部が使われていることもありますが、天然系の添加物です。

 

人工に作られているような添加物を含んでいるわけではないので、アレルギーの確率を引き下げることが可能とされています。

 

添加物にはアレルギーを発症させてしまう可能性があるので、ドッグフーを選ぶ時には気をつけなければなりません。

 

着色料についても添加物の一種となっています。

 

特に着色料は添加物の中でもアレルギーを発症させやすい確率が高いので、含まれていないものを選択すべきです。

 

アレルゲンカットのドックフードには基本的に着色料が含まれていないので安心して下さいね。

 

 

■アレルゲンカットのドックフードがもたらす効果とは?

 

・アレルギーの発症確率を引き下げる
・アレルギーを持っている犬の発作の確率を下げる

 

アレルゲンカットのドックフードを利用することで、アレルギー自体の発症確率が大幅に引き下げられます。

 

普段から食べていることで、アレルギーのもとになるような成分を体に入れなくなるわけです。

 

アレルギーというものは、一定量蓄積されると発症するとされています。

 

アレルゲンカットのドックフードを利用していれば、アレルゲンを体内に入れないような状態になります。

 

蓄積されないような状態になるので、将来的なアレルギーの発症確率を引き下げられるのです。

 

すでにアレルギーを持っているワンちゃんにも効果を発揮します。

 

アレルギーを持っているワンちゃんですが、アレルゲンカットのドックフードを利用することで、持っているアレルギーの食材を摂取しないで済むケースが極めて多いのです。

 

小麦や大豆などがほとんど使用されていないものになるので、発作が起きてしまうような心配はありません。

 

アレルギーをすでに持っているワンちゃんにもオススメできます。

 

※アレルギーを持っているワンちゃんを買っている場合には、アレルゲンカットのドックフードであったとして必ず原材料を確認して下さい。

 

 

■アレルゲンカットのドックフードはどこで手に入るのか?

 

・ペットショップ
・インターネット通販など

 

アレルゲンカットのドックフードは少し特殊なタイプにもなるので、専門的なところでのみ販売している、といったケースが多くなります。

 

少し大きめなペットショップ等であれば取り扱っていることもあるのです。

 

最近では、インターネットで手に入れやすくなりました。

 

どこのメーカーのアレルゲンカッどのドックフードでなければ嫌だ、といったことがあるのであれば、インターネットを活用して手に入れましょう。

 

 

■アレルゲンカットのドックフードの問題点とは?

 

・タンパク質が少なくなっている可能性あり

 

ワンちゃんはもともと肉食であったので、タンパク質を大量に必要としています。

 

しかし、肉にもアレルギーが出てしまう可能性があるので、アレルゲンをカットしているドックフードにはあまり含まれていないことが多いのです。

 

ワンちゃんの体を考えると、ちょっとタンパク質が少ない状態になりかねません。

 

アレルゲンカットのドックフードを与える場合に関しては、タンパク質量を必ずチェックして下さい。

 

仮に20.0%を切っている場合であれば、少なめといえます。

 

理想としては25.0%以上含まれているものが良い、という点は覚えておきましょう。

 

ちなみにアレルゲンカットのドックフードに関しては、魚がタンパク源になっているケースが多いです。