納豆菌入りドックフードは愛犬の腸の調子を整えてくれる

納豆菌といえば、腸内環境を良くしてくれる機能を持っています。

 

毎日納豆を食べてお通じを良くしている、といった方も多いのではありませんか。

 

その納豆菌ですが、実は人間だけに効果を発揮するのではありません。

 

実はワンちゃんに対しても良い効果を持っていることがわかっているのです。

 

今回は納豆菌入りのドックフードはワンちゃんに対してどのような効果をもたらしてくれるのか、といった話をさせてもらいます。

 

特にワンちゃんの腸内環境に不安がある、といった方は必見です。

 

 

■納豆菌が腸内に与える影響とは?

 

・善玉菌をサポートできる

 

ワンちゃんの腸内にも人間と同じように、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌が居ます。

 

基本的に、善玉菌が優勢であれば、腸内の環境は良い状態となり、全身の健康にも良い働きをしてくれるようになります。

 

一方で、悪玉菌が優勢になってしまうと、腸内環境が悪化してしまいます。

 

腸内の状態が悪化すれば、その影響は全身へと波及しかねないのです。

 

納豆菌に関しては、その善玉菌と悪玉菌に対しておおきなはたらきをもっています、基本的に腸内の善玉菌を増やせる効果が有るのです。

 

腸内の善玉菌を優勢にできるので、健康にも大きく寄与してくれます。

 

しかも納豆菌に関しては、特にデメリットはありません。

 

安心して与えられるタイプの菌なのです。

 

ワンちゃんの体質に合わない、といったことも基本的にはありません。

 

実際に納豆菌が含まれているドックフードですが、合成香料が付いていなかったり、合成着色料が付いていなかったり、といったものが多くなっているのです。

 

では、もう少し納豆菌がもたらしてくれる効果について調べていきましょう。

 

腸内環境を良くすると、どのような結果が得られるのでしょうか。

 

 

■納豆菌入りドックフードを与えるとどのような効果がもたらされるのか?

 

・スムーズにトイレをしてくれるようになる
・毛並みが良くなる
・臭いが減る
・皮膚を健康的な状態にしてくれる

 

ここに記載したのが、納豆菌の効果の一部です。

 

他にも様々な効果があります。

 

 

・納豆菌入りドックフードで臭いが減る理由

 

腸内環境が良くなることで、ワンちゃんお様々な臭いが軽減します。

 

口内から発生られる臭いや、目元ら発生られる臭い。

 

さらに、尿や糞から発せられる臭いも軽減するのです。

 

実は臭いというものは、腸内環境と密接に結びついています。

 

腸内環境が良い状態のワンちゃんであれば、便の臭いも実際に少ないんですよ。

 

納豆菌入りのドックフードを与えると、まず大きな変化が現れるのが腸内環境です。

 

善玉菌が優勢になるので、悪玉菌が弱くなります。

 

実はその悪玉菌が減る、といったことが非常に重要なのです。

 

悪玉菌は様々な問題を引き起こしてしまうのですが、臭いに対しても影響を与えています。

 

腸内の中で臭いがきついガスを発生させてしまうのです。

 

ガスだけであれば、おならで排出されれば問題ない、と思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、腸内で発生したガスは血液の中に入り込むことがあります。

 

全身を駆け巡り、様々なところで臭いとして放出されるわけです。

 

口臭のあるワンちゃんは口内環境が悪化しているケースも有りますが、実は腸内環境が関わっていた、といったこともあるんですよ。

 

飼っているワンちゃんの臭いが気になったのであれば、納豆菌入りのドックフードを与えてみませんか。

 

 

・便通が良くなる理由

 

納豆菌が善玉菌の見方になることは述べました。

 

その善玉菌ですが、便通にも大きな役割を果たしていたのです。

 

善玉菌が優勢ということは、それだけ腸内が活性化している、ということでもあるのです。

 

朝は蠕動運動といったものを起こして便を排出に向かわせるわけですが、悪玉菌が優勢だとその運動が衰えてしまいます。

 

いつまでも、便が腸内にとどまってしまうこともあるのです。

 

散歩に行ってもなかなかトイレをしてくれなくて困った経験はありませんか。

 

そういった方は、納豆菌入りのドックフードを与えて便通を良くしてあげましょう。

 

ワンちゃんにとってもすっきりとした状態になるので、嬉しいと感じるものなんですよ。

 

 

・皮膚の状態が良くなる理由

 

皮膚の状態悪化の原因としては、アレルギーが絡んできます。

 

アレルギーが発症してしまうと、肌に湿疹ができてしまうこともあります。

 

湿疹ができている状態だと、毛並みも悪くなってしまいます。

 

毛に送られるべき栄養素が、皮膚の修復などに利用されてしまうこともあるからです。

 

納豆菌については、免疫力を向上させる働きがあります。

 

免疫細胞が正常化することになるので、アレルギーも発症しにくくなります。

 

結果的にワンちゃんの肌も良い状態になるのです。

 

 

・毛並みが良くなる理由

 

ワンちゃんの毛並みが悪くなってしまう理由として考えられているのが、栄養がしっかりと送られていない、といったことです。

 

腸内環境が悪化すると、消化吸収が悪くなってしまいます。

 

その結果、全身栄養が送られなくなり、毛の状態も悪化してしまいます。

 

納豆菌で腸内環境を良くできれば、毛にも効率的に栄養が送られて毛並みも良くなるのです。