体重管理用のドッグフードって普通のものと何が違うの?犬のカロリー控えめな食事

体重管理用のドッグフードといったものがあります。

 

実はワンちゃんの間でも肥満といったものが大きな問題になっているのです。

 

生活習慣病を発病してしまっているワンちゃんも多くなっており、人間と同じような悩みを抱えているケース額少なくありません。

 

こちらでは体重管理用のドッグフードの特徴についてお話します。

 

一般的なドッグフードとはどのような違いがあるのでしょうか。

 

ほとんど違いはないのでしょうか。

 

徹底調査してみました。

 


■体重管理用のドッグフードには二つの種類があることを知ろう!

 

・減量用ドッグフード
・体重維持用ドッグフード

 

減量用ドッグフードと体重維持用ドッグフードがあり、どちらを望んでいるかによって使い分けていく必要があります。

 

すでに肥満に陥っているワンちゃんに関しては、減量用ドッグフードを利用して下さい。

 

一方で、普通体型ではあるけど最近太り気味になってきているのではないか、といったことで気にしている場合には体重維持用のドッグフードを活用して下さい。

 

減量用はその名の通りに、ワンちゃんの体重を減らすことを目的としたドッグフードです。

 

普通体型のワンちゃんが利用してしまえば、不健康になってしまうかもしれません。

 

栄養不足状態になってしまうおそれがあるのです。

 

体重維持用に関しては、いまの体重を維持させようとするものです。

 

維持させるタイプのものですが、いままでの食事とは少し内容が異なってくるので、基本的に食べたワンちゃんは多少体重が落ちます。

 

しかし、一定以上は体重が落ちない、といったやはり維持目的のためのドッグフードなのです。

 

おすすめ記事:体重維持に最適なカナガンドッグフードはこちら

 

 

【減量用ドッグフードの内容をもう少し詳しく】
一般のドッグフードに比べて15%程度のカロリーを減らしています。

 

ですから、今までどおりの量を食べたとしても、自然と15%のカロリーダウンを達成していることになるのです。

 

ワンちゃんが1,000キロカロリー摂取していた場合には、同じ量を食べても850キロカロリーの摂取で済みます。

 

毎日15%のカロリーダウンが出来ることになるので、肥満が徐々に解消されていくのです。

 

ただし、通常の体型のワンちゃんに関しては、適していないタイプのドッグフードです。

 

15%のカロリーダウンは思ったよりも大きいのです。

 

体重を大きく減らしてしまう可能性もあります。

 

一般体型のワンちゃんには絶対にあたえないで下さい。

 


【体重維持用ドッグフードの内容をもう少し詳しく】
避妊や去勢といったことを行ってホルモンバランスが乱れたワンちゃんや、適正体重を少し超えてしまっているワンちゃんに適したタイプのドッグフードです。

 

体重管理ができるほどのカロリーカットが実施されており、高いダイエット効果は期待できませんが理想的な体重を目指せるフードなのです。

 

カロリーカットに関しては、通常のドッグフードに比べて10%程度になっています。

 

大幅なカロリーカットにはなりませんが、毎日10%減るということになるので、確実に普通体型を目指せるようになります。

 

たとえば、肥満に悩んでいるワンちゃんに対しては、最初は減量用ドッグフードを与えます。

 

ある程度体重が減って理想の大樹に近づいてきたら、体重維持用のドッグフードで調節に入るのです。

 

ドッグフードの使い分け、といったことも考えておきましょう。

 

 

■体重管理用のドッグフードの特徴とは?

 

・どのような成分が含まれているのか?

 

食物繊維が多めに含まれていることが多いです。

 

食物繊維は人間と同じようにワンちゃんの腸内環境を良くする効果が期待できます。

 

便秘などの発生を抑制してくれるのです。

 

さらに食物繊維には、腸内で大きくなる、といった特徴もあります。

 

腸内で食物繊維が大きくなることで、ちょっとした満腹感が得られます。

 

ワンちゃんの食事量を抑えるためにも非常に有効な成分なのです。

 

タンパク質が多く含まれている、といった特徴にも目を向けましょう。

 

タンパク質が多く含まれていることで、脂肪になりにくい食事内容となっているのです。

 

脂質や炭水化物が多く含まれてしまうと、ワンちゃんもどうしても太ってしまいます。

 

脂質や炭水化物量を減らすことで、脂肪がつきにくくなるのは人間と一緒です。

 

 

・キブル(粒)の特徴にも注目

 

※ドライフードの粒のことをギブルと呼ぶ

 

ギブルですが、体重管理用のドッグフードに関してはちょっとした特徴を持っているものもあります。

 

リング状のものになっていることが多いのです。

 

ドーナツのような形状をしています。

 

そのような形状をさせることで、早食いを防止させます。

 

ゆっくりと噛み砕かねければ食べられないので、満腹感がえられるようになるのです。

 

また、リング状のギブルにすることで、カサマシしたような状態にもなります。

 

食事量が多く見える、といった効果を生むのです。

 

後者に関しては、食事を与えすぎてしまう飼い主さん対策にもなります。

 

ワンちゃんが可愛くて食事を与えすぎてしまう、といった方はドッグフードの形状にもこだわるべきです。

 

 

ワンちゃんの肥満対策|太ったら専用の体重管理用フードを提供しよう!

人間と同じように、食べ過ぎてしまったり、運動不足になってしまうとワンちゃんも太ってしまいます。

 

お腹周りのお肉がぶよぶよしているワンちゃんも少なくありません。

 

しかし、肥満は人間と同じようにワンちゃんにも悪いものです。

 

ワンちゃんは人間ほど検査を受けないので、肥満の影響を把握していない飼い主さんも多いですよね。

 

ワンちゃんの健康のためにも肥満の時には体重管理用フードといったものをおすすめします。

 

体重管理用フードと聞いても、どんな特徴があるか分かりませんよね。

 

こちらで詳しく説明させてもらいます。

 

 

■カロリーバランスが出来るドッグフードである

 

・カロリーを抑えてワンちゃんをダイエットさせる

 

人間のダイエットと全く一緒です。

 

ドッグフードで摂取できるカロリーを低減するわけです。

 

一般的なドッグフードの10%から20%ほどカロリーを落としているケースが比較的多いです。

 

15%程度落としているものが主流となっています。

 

体重管理用フードにはダイエット目的だけでなく、体重維持用と呼ばれるタイプのものも有ります。

 

こちらもカロリーが制限されており、一般タイプに比べて10%ほどカロリーが低くなっています。

 

主に太りやすい犬が体重を維持するために利用しているケースが多いです。

 

 

■ドッグフードの形状に違いはあるのか?

 

・特に違いはなし

 

ドッグフードの粒の大きさや形などには大きな違いありません。

 

体重維持用フードだからといって、いきなり形が変わってしまうと、ワンちゃんがびっくりして食べてくれなくなるかもしれません。

 

しかし、基本的に形だけでなく、食感もほとんど変わりないので、いつもどおりに食べてくれることが多いですよ。

 

ただし、中には、少し形状にこだわっているものも有ります。

 

ドッグフードの中央部分に空洞を設けているケースも有るのです。

 

その場合は、食べる時間を増やすことで満腹度をアップさせよう、としているわけです。

 

 

■体重維持用フードにはどんな素材が使われているのか?

 

・食物繊維、タンパク質が多めに含まれている

 

お腹の中で膨らんで満腹感がえられるように考えられています。

 

食物繊維を多く含んでいるのです。

 

さらにタンパク質を多めに含んでいるのも大きな特徴です。

 

ワンちゃんの肉体改造を行う、といった意味合いもあります。

 

脂質については減らしています。

 

太る原因になるような原材料は極力減らしており、肥満状態になるリスクが少ないのがで体重維持用フードです。