獣医師が開発したドックフードは他のものと何か違いがあるの?

ドックフードをチェックしていると、気になる文言が掲載されているものがありますよね。

 

たとえば、「獣医師と共同開発」といったものです。

 

獣医師が開発に関わっているドックフードと、開発に関わっていないドックフードにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

こちらで詳しく解説します。

 

 

■無添加ドックフードである

 

・着色料フリー
・香料フリー
・保存料フリー
・防腐剤フリー
・酸化防止剤フリー

 

獣医師が開発に関わっているドックフードのほとんどには添加物が含まれていません。

 

専門家は、添加物が含まれているドックフードの危険性、といったものがはっきりとわかっているのです。

 

身体に対して害を与えてしまうような可能性のあるドックフードの利用はおすすめできないとしています。

 

添加物の恐ろしい所は、すぐに結果が現れない、といったことです。

 

仮にすぐに症状が現れるのであれば、その添加物は直ぐに利用が中止されるでしょう。

 

しかし、体内で蓄積され、少しずつ影響を与えてしまうケースが殆んどなのです。

 

添加物入りのドックフードを食べ続けることで、知らず知らずのうちに体調が悪化していきます。

 

そしてある時、病気が発生してしまいます。

 

ちなみに、日本はドックフードの規制が極めてゆるいことでも知られています。

 

人間に使ってはいけない系統の添加物が使われても問題なし、とされている状況なのです。

 

我々は添加物の専門家でもないので、どの添加物なら安全なのか、どの添加物なら危険なのか、といったことは全くわかりません。

 

獣医師が開発に関わっているドックフードであれば、彼らが責任をもって危険な添加物が含まれていないかをチェックしてくれます。

 

安心してワンちゃんに与えられるわけです。

 

 

■穀物が不使用になっているケースが多い

 

・穀物系ドックフードには問題点も多い

 

ホームセンター等にドックフードを買いに行くと、ものすごい安さで販売されているものもありますよね。

 

それなりの容量が入っているのに、価格とチェックすると数百円、といったこともあるわけです。

 

安く販売されているドックフードの多くが原材料に穀物を利用しています。

 

肉と比べて原材料費を抑えられるので、利用しているケースが極めて多くなっているのです。

 

しかし、安いからといって、ワンちゃんの体にあっているのか、といったことを考えると素直にはうなずけません。

 

そもそも、ワンちゃんの体は肉を食べるようにできているのです。

 

人間との生活が長いので、雑食ではありますがその子孫をたどれば肉食動物であることは明らかです。

 

狼なので、肉を食べて生きてきたわけです。

 

肉を食べるための消化器官となっているので、穀物系のドックフードを与えてしまうと、胃腸に負担をかけてしまうことになりかねません。

 

結果的に消化不良になってしまったり、免疫疾患が起こってしまったり、アレルギーが発症してしまったり、といったことも多くあるのです。

 

人間にとって穀物は主食系ですよね。

 

身近なものなので安心感を持っているかもしれません。

 

しかし、ワンちゃんにとっては身近なものではない、といったことを覚えておきましょう。

 

獣医もワンちゃんの本来の主食は肉であることをしっかりと把握しています。

 

ですから、穀物系を多く居含んでいるようなドックフードの開発には関わっていません。

 

 

【穀物系ドックフードに含まれていることが多い穀物例】
・とうもろこし
・お米
・小麦など

 

■人間が食べられる原材料を使っているケースが多い

 

・人間が食べられるほどの安全性あり

 

昔のドックフードは、人間が食べたら問題があるようなものも多く含まれていました。

 

人間が食べると何かしらの悪影響が出てしまうかもしれないのです。

 

しかし、獣医さんが開発に関わっているドックフードであれば、人間が食べても平気なほどの安全性の高いものが多くなっているのです。

 

「ヒューマングレード」といった言葉を知っているでしょうか。

 

要は、「人間でも食べられる」といった意味を持っている言葉です。

 

獣医が開発に関わっているドックフードは基本的にヒューマングレードタイプです。

 

人間が食べても平気なものなので、ワンちゃんの健康を害してしまうようなことはないと考えられています。

 

 

■獣医が監修しているドックフードを購入する方法

 

・ネット通販などを駆使することも必要

 

獣医が監修しているグレードの高いドックフードですが、幾つかの問題が出てきてしまうことがあります。

 

ワンちゃんの健康面の問題ではなく、手に入れる場所が限られてしまうこと、さらにお値段があります。

 

獣医が監修しているドックフードは、一般的なホームセンターやスーパーマーケットで販売されることはほぼありません。

 

基本的に、ペットショップやネット通販を利用することになります。

 

最近では、ネット通販を利用してドックフードを購入している方もいるので、それほどネットで買うことに抵抗感がある方は少ないかもしれません。

 

料金については仕方のない部分もあります。

 

製造コストもかかっていますし、原材料費もそれなりにかかります。

 

可愛いワンちゃのためにも、一定の出費については覚悟して下さい。