子犬用のドックフードはなぜ成犬に与えてはいけないの?

ドックフードは子犬用(幼犬用)と成犬用、そしてシニア犬用などと分かれています。

 

そこで問題になってくるのが、幼犬の時のドックフードを成犬になったあとに与えても良いのか、といったことです。

 

幼犬の時に与えていたドックフードが余っている、といったケースも有りますよね。

 

実は子犬用のドックフードを成犬に与えてはいけません。

 

大きな問題が発生してしまうかもしれないのです。

 

こちらでは、子犬用のドックフードをなぜ成犬に与えてはいけないのか、といったことを明らかにします。

 

すでに子犬用のドックフードを成犬に与えてしまっている方、これから与えようと思っていた方は必見です。

 

 

■子犬用のドックフードを成犬に与えると栄養過多になってしまう

 

・子犬用ドックフードは栄養価が高い

 

栄養価が高い、といったことは良いことのように感じるかもしれません。

 

しかし、大きな問題もあります。

 

そもそも子犬の時は、大人よりも食べられませんよね。

 

食べる量が少ないので、少ない量でもすくすくと育てるように栄養価が非常に高くなっているのです。

 

子犬の時は急激に成長をするので、大人権よりも栄養が必要となります。

 

その結果、少ない分量であるのに、大量の栄養価が含まれている、といった状態になるのです。

 

そこで発生するのが、成犬が食べてしまうと太ってしまう、といったことです。

 

現在、犬の肥満、といったものが大きな問題になっています。

 

犬も太ってしまうと、生活習慣病のようなものが発症してしまいます。

 

内臓に大きな負担を与えてしまうかもしれません。

 

エネルギーを大量に摂取したとしても、それが消費されなければ蓄積されるようになるのです。

 

ワンちゃんの健康を害してまで与える必要はあるのでしょうか。

 

成犬は小型犬よりも食が太いです。

 

その結果、大量に食べてしまいます。

 

栄養価の高すぎるドックフードを大量に食べてしまえば、どうなってしまうのかは火を見るより明らかです。

 

 

■逆に成犬用のドックフードを子犬に与えても良いのか?

 

・栄養不足になってしまう

 

全く逆の状態を生んでしまうので辞めて下さい。

 

成犬に対して幼犬用のドックフードを与えてしまうと、タンパク質などの栄養が圧倒的に足らなくなってしまうのです。

 

確かに、成犬用のドックフードには栄養素が含まれています。

 

しかし、その栄養素に関しては、あくまで成犬用に必要なものです。

 

幼犬に必要なものではありません。

 

幼犬の時は、とにかく栄養が必要です。

 

この時にたっぷりと栄養が補給できなければ成長できません。

 

身体も小さくなってしまいますし、体質が弱くなってしまうことも考えられます。

 

実際に、幼犬の時に成犬用のドックフードを与えてしまった、といった方も少なからずいます。

 

大人になってから病気がちになってしまった、といったケースも報告されているのです。

 

要件お時には体を作るためにも、効率的な食事を与える必要があります。

 

少ない量でたっぷり血栄養補給が出来る、子犬用のドックフードを必ず与えて下さい。

 

 

■幼犬用ドックフードから成犬用ドックフードに切替方法について

 

・10ヶ月位から切り替え時になる

 

ワンちゃんによっても成長スピードには違いがあるので、はっきりとした切り替え時期は決まっていませんが、ある程度体の成長が泊まってきた、と判断できた場合には、成犬用のドックフードを与えることがおすすめです。

 

一つの目安としては、生後10ヶ月から12ヶ月くらいです。

 

そのくらいの時期になったら、子犬用から成犬用の食事に切り替えていきましょう。

 

 

・一気に成犬用のドックフードに切り替えても良いのか?

 

徐々に切り替えるべきです。

 

いきなり子犬用のドックフードから成犬用のドックフードに切り替えないでください。

 

ワンちゃんもびっくりしてしまいます。

 

そもそも、幼犬用と成犬用のドックフードには大きな違いがあります。

 

その違いとは、硬さです。

 

幼犬用に関しては、まだワンちゃんの顎や歯がそれほど強くない、といったこともあります。

 

ですから、柔らかく作られていることが多いのです。

 

一方で、成犬用は顎も発達し歯もしっかりとしているので、比較的硬いタイプが多いです。

 

仮に、いきなり成犬用にドックフードを切り替えてしまうとワンちゃんもびっくりしてしまいます。

 

そもそも、いきなり食べ物が固くなることで、顎が疲れて食事量が少なくなってしまうのです。

 

食事量が減ってしまい、栄養不足になってしまう可能性もあります。

 

 

・どのように子犬用から成犬用に切り替えていくべきなのか?

 

1週間から2週間程度の時間をかけて、子犬用のドックフードに成犬用ドックフードを増やしていきます。

 

1日毎に、成犬用ドックフードの分量を増やしていくのです。

 

そもそも、成犬用と子犬用でドックフードの味わいが異なることもあります。

 

味が変わってしまうと、食が細くなるワンちゃんもいるので、ミックスするような状況をしばらく続け、慣れてきたら、成犬用に完全に切り替えるのがおすすめです。