鹿肉ドッグフードの与え方@犬に良い鹿肉栄養の効果・おすすめの理由

ドッグフードには様々な肉が使われており、肉によって栄養価にも大きな違いがあります。中でも鹿肉を使った鹿肉ドッグフードが犬にとってベストという話も多く聞かれます。今回は犬にとっての鹿肉栄養の効果やメリット・デメリット、そして鹿肉ドッグフードの与え方の注意点についてまとめました。通販で販売しているおすすめの鹿肉ドッグフードも紹介しているので、参考にどうぞ!

 

 

【目次】
1.犬に良い肉・鹿肉って何がいいの!?
1-1 鹿肉は高たんぱく・低脂質・低カロリー!
1-2 鹿肉には肉には珍しい不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸)がたっぷり!
1-3 鹿肉は鉄分やビタミンB群がたっぷり!

 

2.犬への鹿肉栄養の効果・メリットは?
2-1 鹿肉栄養は犬のダイエットに効果的!
2-2 鹿肉栄養は犬のアレルギーに効果的!
2-3 鹿肉栄養は犬の皮膚の健康・毛並みに効果的!
2-4 鹿肉栄養はシニア犬・老犬の老化予防に効果的!

 

3.犬に鹿肉フードのデメリットは?

 

4.鹿肉ドッグフードの選び方・与え方の注意点
4-1 鹿肉ドッグフードの選び方・注意点

 

4-2 鹿肉ドッグフードの与え方・注意点

 

5.通販で販売しているおすすめの鹿肉ドッグフードをご紹介
5-1 鹿肉ドッグフード「DOG STANCES(ドッグスタンス)麹熟成」
5-2 鹿肉ドッグフード「みらいのドッグフード長寿サポート」

 

6.犬に良い肉・鹿肉ドッグフード まとめ

 

 

犬に良い肉・鹿肉って何がいいの!?


鹿肉は犬に「良い肉」と、よく聞きますが実際のところ「何がどういいの?」と感じる方が多いのではないでしょうか。そこで、犬と鹿肉がどのように良いのかについてまとめたので、愛犬のために鹿肉についての調べている飼い主さんはチェックしてください。

 

鹿肉は高たんぱく・低脂質・低カロリー!


鹿肉は、脂肪が少ない赤身で、牛肉や豚肉などの一般的な肉と比べるとカロリーは1/3、脂肪は1/15程度と非常にヘルシーなお肉です。「カロリーが低いと栄養価が少ないのでは?」と心配になりますが、犬にとって最も重要なタンパク質は、牛肉の1.7倍、豚肉の1.3倍と非常に高タンパクなんです。低脂肪で低カロリーだから太りにくいのに、高タンパクだから丈夫で健康な筋肉を作ってくれる、犬にとっては「ベスト」な肉なのです。しかも、鹿肉は消化吸収がよいので消化器官に負担をかけずに、すぐに犬のエネルギー源になります。

 

鹿肉には肉には珍しい不飽和脂肪酸がたっぷり!


鹿肉が犬に良い肉と言われる大きな理由が「不飽和脂肪酸」です。鹿肉の脂質にはα-リノレン酸をはじめとしたオメガ3脂肪酸や、リノール酸をはじめとしたオメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸がたっぷり含まれています。実はこの不飽和脂肪酸は、主に青魚に含まれる成分で「DHA」なども不飽和脂肪酸のいとつで、犬の体内で生成することができなく、外部から摂取するしかありません。
しかし、ほとんどの肉類にはオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸が入っていないので、飼い主さんが苦労する栄養素なんです。DHAなどの不飽和脂肪酸は、脳の発育を良くしたり、中性脂肪を減少させたりする働きがあるので、ダイエット中の犬はぜひとも毎日摂取したい栄養素です。また、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸には犬の毛並みをよくしたり、皮膚を健康に保つ作用もあるので、ぜひとも愛犬には不飽和脂肪酸がたっぷり含まれている鹿肉は食べさせたいところ。

 

 

しかも、免疫力を高める効果もあるので、病気に負けない健康で丈夫な体を作ってくれます。鹿肉は、犬だけではなく飼い主さんにとっても嬉しいお肉ですね。

 

鹿肉は鉄分やビタミンB群がたっぷり!


鹿肉は牛肉と比べても、赤みの強い色をしています。牛肉も赤いですが、鹿肉の赤は「血のように」赤いのが特徴で、それは牛肉よりも鹿肉に鉄分が多く含まれている証拠なのです。

 

 

タンパク質の配合量が少ないドッグフードなどを食べている犬は、すぐ疲れて息切れをしやすくなり、毛並みも悪くなることが多く、ひどいと貧血になってしまいます。それは鉄分が足りていないからなのですが、鹿肉には鉄分がたっぷり入っているので鉄分不足になる心配もありません。豊富な鉄分は、疲労や息切れ、抵抗力の低下、被毛の質の低下などの症状を予防する効果があります。
また、鹿肉にたっぷり含まれているビタミンBには、皮膚や粘膜を健康に維持する働きがあるので、皮膚炎にかかりやすい室内犬や小型犬にも最適なお肉と言えます。

 

>>「鹿肉」を主原材料に使っているDOG STANCES(ドッグスタンス)麹熟成ドッグフード公式ページはこちら

 

 

犬への鹿肉栄養の効果・メリットは?


それでは、犬にとって鹿肉がどのようなメリットをもたらすのかを1つずつチェックしましょう。

 

鹿肉栄養は犬のダイエットに効果的!


鹿肉は、犬にとって一番重要なタンパク質がたっぷりと含まれているにも関わらず、脂肪分が少なく低カロリーなのでダイエットに最適の肉といえます。犬も人間も、自分にとって必要な栄養素が満遍なく入っている食事をとれば、摂取カロリーに関わらず満腹感を得ることができます。その点、鹿肉は低カロリーながらも犬にとって必要なタンパク質やビタミンなどのバランスがよいので、犬がストレスを感じることなく十分な栄養を摂りながらも摂取カロリーをダウンすることができます。さらに、鹿肉には中性脂肪を減らす効果があるDHAもたっぷり含まれているので、ただ体重を減らすのではなく、内臓脂肪とともに様々な病気のリスクまで減らすことができます。

 

 

鹿肉栄養は犬のアレルギーに効果的!


今や犬にとって食物アレルギーは、避けては通れない病気になりつつあり、犬の4割が何らかのアレルギーを持っていると言われているのです。そんな現代の犬にベストな肉類が「鹿肉」です。鹿肉がアレルギーに効果的な理由は、鹿肉は飼育されたものではなく「野生の鹿肉」という点と「鹿肉には不飽和脂肪酸が豊富に含まれているから」です。

 

 

野生の鹿は、家畜ではないので人間が与えるホルモン剤や抗生剤、輸入飼料などの危険なものは一切口にせずに、草木の皮や木の実を食べて生活しています。
鹿肉は、アレルギーを起こすリスクを高めてしまう添加物や医薬品などに一切汚染されていないので、アレルギーを起こすリスクがかなり低いのです。しかも鹿肉の栄養素には、たっぷりと含まれているオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸は、犬の免疫機能を正常化してくれるので軽度のアレルギーであれば、鹿肉を食べることでアレルギー症状を抑える効果も期待できます。

 

 

鹿肉栄養は犬の皮膚の健康・毛並みに効果的!


鹿肉には、「不飽和脂肪酸」と「ビタミンB群」という2つの毛並みや皮膚を健康に保つ栄養成分が含まれています。オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸は、犬の皮膚を健康に保ち、毛並みを良くしてくれる成分です。鹿肉以外が主原料のドッグフードにも、わざわざオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸を配合するほど犬の毛並みと皮膚の美しさを保つ効果がある栄養成分です。鹿肉にはビタミンBは皮膚と粘膜の健康を維持する効果があるので、皮膚がデリケートな現代の犬にとっては欠かせない栄養素を含んでいると言えます。

 

 

鹿肉栄養はシニア犬・老犬の老化予防に効果的!


鹿肉のタンパク質は他の肉よりも良質で高たんぱくなので、少量でも十分な量のタンパク質を摂取することができます。なので、食べる量が減ってしまったシニア犬や老犬でも十分な栄養を摂ることができるのです。鹿肉は消化吸収が良いので、弱ってしまったシニア犬の胃腸の負担になりません。
また、鹿肉に含まれる「セリン」という成分は、癌予防効果があることが報告されています。さらにセリンには強い抗酸化作用があるので、体を老化させる原因物質である活性酸素から体を守ることができます。なので、鹿肉の栄養素は愛犬の老化防止に高い効果が期待でき、シニア犬・老犬にぴったりの栄養がたっぷり入った肉です。

 

>>鹿肉栄養がたっぷり入ったDOG STANCES(ドッグスタンス)麹熟成ドッグフード公式ページはこちら

 

 

犬に鹿肉フードのデメリットは?

ここまで、「鹿肉は犬にとって最適な肉」とお話してきましたが、残念なことにデメリットもあります。では、鹿肉のデメリットについてもしっかりと見ていきましょう。

 

鹿肉は高い
鹿肉は鶏肉や輸入馬肉よりも高額になります。その理由は「全て国産の野生の鹿」だからです。野生の鹿は、地元の猟師さんが1頭ずつ捕獲するしかありません。だから、大量の豚や牛、鶏を決まった敷地で育てている養殖肉よりも1頭あたりの単価は高額になります。国産馬肉は、鹿肉よりも高額ですがドッグフードに使用されることはほぼありませんし、輸入馬肉は鹿肉よりも安いですが、食用ではなく飼料として輸入される低品質なものばかりで愛犬に食べさせるには抵抗があります。犬用馬肉として売られているものは、ほぼ全てが人間用の食肉用と同じ品質のものになりますので、それに比べると鹿肉の方が安いということになりますが、豚や牛、鶏肉よりは高額になってしまうことが鹿肉のデメリットになります。

 

鹿肉は供給が安定しない
鹿肉の2つ目のデメリット、それは「供給の不安定さ」です。鹿肉は、野生動物で猟師さんが捕獲しているため、季節や天候によって捕獲頭数が左右されてしまいます。また、夏場は猟師さんがエゾ鹿を捕獲しないことが多いので、夏場のエゾ鹿の確保は大変難しくなっています。なので、いつでも手に入る牛や豚、鶏肉とは違って供給が不安定で入手困難な時期があることが、鹿肉の2つ目のデメリットです。

 

>>鹿肉ドッグフードなら価格と供給共に安定!DOG STANCES(ドッグスタンス)麹熟成公式ページはこちら

 

 

鹿肉ドッグフードの選び方・与え方の注意点

では鹿肉ドッグフードであれば何でもいいの?というとそういう訳でもありません。鹿肉ドッグフードの選び方や与え方にはいくつかの注意点がありますので、一通り目を通して鹿肉ドッグフードを選ぶ時の参考にしてください。

 

鹿肉ドッグフードの選び方・注意点


鹿肉ドッグフードを選ぶときの注意点は3つあります。

 

・鹿肉の質

まずは鹿肉ドッグフードの公式ページを確認して、「主原料」の欄を確認してください。主原料の最初に「鹿肉」と書いてあれば1つクリアです。そして、鹿肉のグレードや取扱いが「ヒューマングレード=人間が食べるレベル」と明記されていれば合格です。しかし、もしヒューマングレードと書いていなくても、加工している工場が公的機関の認定を受けるなど、安全性が外部機関によって証明されていれば問題ありません。

 

・鹿肉以外の原材料や添加物
鹿肉さえ入っていれば愛犬が健康になるかというとそうではなく、それ以外の成分も非常に重要になります。まず、欠かせないのが「人口添加物の有無」です。特に日本のドッグフードの場合、ドッグフードに入れてもよい添加物の制限は海外の基準よりも緩いので、犬の体に負担となる添加物が入っている可能性があります。それを避けるためにできるだけ「無添加」や「人工添加物不使用」などと書かれている鹿肉ドッグフードを選びましょう。

 

 

また、グレインフリーも重要な要素です。グレインとは、穀物のことで多くの犬は穀物の消化は体に大きな負担を与えます。だから、鹿肉ドッグフードを選ぶときは「グレインフリー」もしくは、小麦粉やトウモロコシなどの犬が消化しにくいものを避け、犬が消化吸収しやすい穀物を使用している「グルテンフリー」を選んでください。

 

・原料の質と産地
鹿肉ドッグフードを選ぶときは、鹿肉だけでなく他の原料の産地もしっかりとチェックしておきましょう。原料の産地が明記されていない場合は、ドッグフードの販売元に問い合わせれば教えてくれるはずです。「国産=安全」と思いがちですが、海外産でも安全な原材料はありますので、公式ホームページに書かれている内容をしっかりとチェックしましょう。穀物や海藻は、土壌や海が汚染されている日本よりも、肥沃な大地や豊かな海で育った海外産のほうが質が高い場合もあるので、しっかりと見極めることも大切です。

 

>>安心安全の鹿肉ドッグフードDOG STANCES(ドッグスタンス)麹熟成公式ページはこちら

 

 

鹿肉ドッグフードの与え方・注意点


鹿肉ドッグフードの注意点は「シニア犬の給餌量」です。市販のシニア犬用のドッグフードを食べているシニア犬が、同じ量の鹿肉ドッグフードを食べると一時的に体重が増えることがあります。その理由は、市販にはドッグフードがカロリーを抑えるために犬にとっては体の負担になる穀物が多く配合されているからです。本来であれば、鹿肉ドッグフードは高タンパクながら低カロリーなので、太りにくいはずですが、低栄養価低カロリーの市販シニア用ドッグフードを食べている犬が同じ量を食べると、体重は太ってしまいます。なので、体型の変化を見ながら、鹿肉ドッグフードの量を加減しましょう。
また、鹿肉ドッグフードは歯ごたえを重視して水分量を減らしているものがあるため、噛む力が弱くなったシニア犬・老犬には、お湯などでふやかしたり、すり潰してあげると無理なく食べてくれます。シニア犬・老犬でなければ量を減らす必要はありませんが、愛犬の体重や体型の変化を見ながら食べる量を調整してください。

 

>>成犬だけではなくシニア犬・老犬にもおすすめDOG STANCES(ドッグスタンス)麹熟成公式ページはこちら

 

 

通販で販売しているおすすめの鹿肉ドッグフードをご紹介


最後に、通販で販売している鹿肉ドッグフードの中でも質が高く、安心して愛犬に食べさせることができるドッグフードを2つご紹介しておきます。鹿肉ドッグフードに興味がある方は両製品の特長を比べて、自分の愛犬にぴったりのドッグフードを選んでくださいね。

 

鹿肉ドッグフード「DOG STANCES(ドッグスタンス)麹熟成」


DOG STANCES(ドッグスタンス)麹熟成は、日本全国から集められた厳選素材の鹿肉ドッグフードです。驚くべきことに全ての素材が「ヒューマングレード」なので、何の心配もなく愛犬に食べさせることができます。国産の野生鹿の生肉が35%使用されているので、犬の野生の本能を呼び起こし、偏食気味の犬や食が細くなったシニア犬や老犬などもパクパクと嬉しいほどの食いつきを見せます。鹿肉が主原料なのでアレルギー対策には万全ですし、高タンパク低脂肪で消化吸収が良いので、シニア犬・老犬にも最適です。鹿肉などの主原料が国産ですし、国内で製造されているので国産ドッグフードを探している方におすすめの鹿肉ドッグフードですよ。

 


>>国産素材の鹿肉ドッグフードDOG STANCES(ドッグスタンス)麹熟成公式ページはこちら

 

 

鹿肉ドッグフード「みらいのドッグフード長寿サポート」


みらいのドッグフード長寿サポートは、鹿肉だけでなく玄米や乳酸菌、酵素、食物繊維、発酵素材などの「マクロビオティックドッグフード」です。犬専用のマクロビ発酵フードで腸内環境を整え、口腔ケアパウダーで口腔環境を整えます。人間も腸内環境を整えることで病気や風邪を予防できることが知られていますし、歯周病を予防することで、心筋梗塞などのリスクが低下することがわかっていますよね。
みらいのドッグフード長寿サポートは、犬が「健康に」長生きするために開発されたドッグフードなのです。今現在で、総勢36種類以上の素材を使われており、日々研究開発の成果により素材が追加され続けていますので、単純な鹿肉のドッグフードではなく、オールインワン鹿肉ドッグフードといえます。

 


>>犬の健康を考えた鹿肉マクロビオティックドッグフード「みらいのドッグフード長寿サポート」公式ページはこちら

 

 

犬に良い肉・鹿肉ドッグフード まとめ

 

鹿肉は犬にとっては最適で、良い肉です。野生の鹿は、ホルモン剤や抗生物質などの影響を一切受けていないので、繊細な犬にも安心して与えることができます。しかも豚肉や牛肉よりも脂肪が少なくカロリーが低いのに、タンパク質の量は多いため成犬やダイエット犬だけでなくシニア犬・老犬の栄養補給にもぴったりなんです。そして、鹿肉は他の肉類よりもアレルギーを起こす可能性が低く、肉類には珍しくオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸もたっぷり配合されているので、毛並みや皮膚を美しく健康に保つことができます。

 

 

今やドッグフードでグレインフリーやグルテンフリーはもちろん、高品質のドッグフードにはオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸も配合されているのが当然になっています。しかし愛犬の健康を考えている一歩進んだ飼い主さんの多くが、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸を素材そのものに含む鹿肉を使ったドッグフードにたどり着いています。アレルギーで悩んでいる飼い主さん、シニア犬・老犬の老化を食い止めたい飼い主さんだけではなく、愛犬の健康を考える全ての飼い主さんに、良質な鹿肉ドッグフードをおすすめします。

 


>>愛犬の健康維持には鹿肉ドッグフードがおすすめ!DOG STANCES(ドッグスタンス)麹熟成公式ページはこちら!

 

 

 




愛犬家がおすすめするドックフードランキング

 

 

ドックフード