ワンちゃんの気になる口臭はドックフードで改善できます

人間も口臭がしてしまいますが、ワンちゃんからも口臭がしてしまうことがありますよね。

 

ワンちゃんの口臭は健康に問題がある、といったことを指し示すバロメータでもあります。

 

口臭がある場合には、何かしら問題があるわけです。

 

たとえば内臓の病気があるかもしれません。

 

口内環境が悪化している、といったケースも考えられます。

 

そこで注目して欲しいのが、口臭対策が出来るドックフードです。

 

内臓の病気には対応できませんが、ドックフードによっては効果ない環境を整えられるものもあります。

 

歯や歯茎の状態が良くなれば、臭いは落ち着くのです。

 

今回は口臭対策のできるドックフードについてお話します。

 

ワンちゃんの口臭に悩んでいる、といった飼い主さんは必見ですよ。

 

 

■ワンちゃんの口臭対策が出来るドックフードの特徴とは?

 

・消化吸収率の高いドックフードを与えること

 

確かにドックフードでは、内臓の病気には対抗できません。

 

しかし、胃腸の消化機能を改善させることは可能です。

 

ワンちゃんの内臓からの臭いの一つには、消化に問題があり発生してしまっているケースが多いのです。

 

そこで注目して欲しいのが消化吸収率の高いドックフードです。

 

消化吸収率が高ければワンちゃんの腸内にずっと食べ物がとどまっていることもありません。

 

すぐに処理されるので、臭いが発生しにくい状態になっているのです。

 

 

・消化吸収率の高いドックフードとは?

 

肉を主原料としたドックフードです。

 

ワンちゃんの主食はお肉です。

 

狼の子孫でもあるので、基本的には肉食ですが、人間と生活することによって現在では雑食化してしまいました。

 

ドックフードに関しても、肉を主原料にしているタイプもあれば、穀物系を主原料にしているものもあるのです。

 

穀物系のドックフードである場合には消化できないわけではありませんが、消化しにくい状態を作ってしまうことは間違いありません。

 

いつも穀物系のドックフードを与えてしまっている、といった方のワンちゃんの口臭が強い場合には、ドックフードに大きな問題がある可能性が高いです。

 

肉を豊富に使ったドックフードで対処しましょう。

 

 

・ウェットフードではなくドライフードを与えよう

 

ドックフードの種類についても注意しなければなりません。

 

ドックフードは大まかに分けて、ウェットフードとドライフードがあります。

 

ウェットフードのほうが食いつきは良いとのことで、積極的に与えている方も居ますが、注意しなければなりません。

 

実はウェットフードは歯垢がつきやすい、といったデメリットがあるのです。

 

歯垢がついてしまうと、口内に菌が発生しやすくなります。

 

その結果、歯周病を発生させてしまうことがあります。

 

人間と同じように歯槽膿漏になってしまうケースも多く報告されているのです。

 

口内環境が悪化すれば、当然口から臭いがしてしまいます。

 

単純に臭いだけがあるのではなく、健康を害してしまうこともあります。

 

歯が抜けてしまうような状況を生んでしまうこともあるのです。

 

ウェットフード与えており、しかもワンちゃんのお口から臭がする、といった場合にはなるべくドライフードに切り替えてあげて下さい。

 

最初は食いつきが悪いかもしれませんが、しばらくすれば慣れるので大丈夫です。

 

 

■ワンちゃんのための口臭対策法〜ドックフード以外〜

 

・歯磨きを定期的に実施すること

 

口内環境が問題で口臭になっている場合には、大きな効果が期待できます。

 

歯磨きを定期的に実施することで、歯垢などがつきにくくなり歯石の発生が抑えられるのです。

 

歯周病などが発症してしまう確率もだいぶ低くなるので、仮に口臭がないワンちゃんであったとしても歯磨きは定期的に実施すべきです。

 

 

・歯磨きはどのように行うべきか

 

専用のペーストを使う方法もありますが、使わないでも一定の効果があります。

 

歯についている汚れを落とすだけであれば、水を濡らした布で歯を拭いてあげるだけでも一定の効果が期待できます。

 

ちなみにワンちゃんの歯ですが、人間と同じように歯の裏側に問題が出てきてしまうこともあります。

 

歯の表面だけをケアするのではなく、歯の裏側のケア、といったことも実施しましょう。

 

歯の裏側も布などを使って軽く拭いてあげるのです。

 

歯磨きの回数ですが、利用は1日1回です。

 

今日1日の食事が全て終わった時に、歯磨きをしてあげて下さい。

 

菌の繁殖も抑えられ、歯周病が発生しにくくなります。

 

ただ、毎日の歯磨きは難しい、といった方もいるでしょう。

 

そういった方は1週間に1回くらいでも構いません。

 

一定期間に1回だけでも歯を綺麗にしておくことができれば、ワンちゃんの口内環境も劇的に変化して臭いが抑えられるわけです。

 

ちなみに、歯磨き以外にも、歯磨きガムやスプレー、そしてサプリメントなどもあります。

 

そういったアイテムを併用して口内の状況を良くする、といったことも考えておくべきです。