なぜワンちゃんに無添加のドックフードがおすすめなのか?

ドックフードにも、最近では無添加のものが増えてきました。

 

添加物が含まれているドックフードよりも、実は無添加タイプのドックフードのほうがワンちゃんには良いんですよ。

 

こちらでは、無添加ドックフードの特徴について詳しく解説します。

 

ワンちゃんの食べ物について、全く関心を払ってこなかった方には必見のテーマですよ。

 

 

■添加物がアレルギーを起こしてしまうこともある

 

・人間も添加物でアレルギー反応を起こすことがある

 

添加物は、自然界に含まれていないものを含めてしまうようなものです。

 

人間の食べ物にも、添加物が含まれていることが多く、それが人体に大きな影響を与えてしまっているのです。

 

そもそも、人間もワンちゃんも同じ哺乳類ですよね。

 

人間の健康を阻害してしまうかもしれない添加物を含んだ食べ物を食べてしまうのは、どう考えても大きなマイナスなのです。

 

ワンちゃんの命を縮めてしまうことになるかもしれません。

 

人間であれば、自分の好きなモノを食べられます。

 

しかし、ワンちゃんは人間に与えられた食べ物を食べるしかありません。

 

だからこそ、飼い主さんは責任をもって安全性の高い無添加のドックフードを与えるべきなのです。

 

 

■無添加のドックフードはワンちゃんにとっても美味しいもの

 

・自然な味わいが楽しめる

 

ワンちゃんにとっても添加物が多く含まれているドックフードは美味しくない、と感じるケースが多いようです。

 

実際に、添加物を含んだドックフードから、無添加のドックフードに切り替えると、食べる量が増えた、なんてケースも多く報告されているんですよ。

 

ワンちゃんも、夏は体力を失ってしまい、食が細くなってしまうこともあります。

 

そんな時に無添加のドックフードを与えてやれば、夏バテになる機会も減らせるわけですよね。

 

 

■無添加のドックフードでワンちゃんの見た目にも変化が現れる

 

添加物を含んでいないドックフードで、健康になるのはなんとなくでも理解していると思います。

 

しかし、無添加のドックフードを食べるとワンちゃんに大きな変化が合われることもあります。

 

 

・毛並みが良くなった、との報告あり

 

ワンちゃんの健康状態をチェックする時に注目して欲しいのが「毛並み」です。

 

栄養不足などに陥ってしまうと、すぐに毛並みが悪くなってしまうのです。

 

年令を重ねても毛並みが悪くなりますよね。

 

しかし、無添加のドックフードを摂取することでアンチエイジング作用や栄養問題が解決することもあるのです。

 

「うちのワンちゃんの毛並みが悪いな」と思ったら無添加タイプのドックフードを利用してみませんか。