こんなに違うの?ドックフードで毛並みや毛艶が全く違うんです

ドックフードを与える場合に注意したいのが、ワンちゃんの毛並みや毛艶です。

 

人間でも、食べ物によってお肌が綺麗になったり、状態が悪くなったりしますよね。

 

実はワンちゃんの場合は、食べ物が毛に大きな影響を与えます。

 

悪いものを与えてしまうと、毛艶や毛並みが悪くなってしまうこともあるんです。

 

こちらでは、どんなドックフードを与えると毛艶や毛並みが良くなるのか、といったことをお話します。

 

 

■高品質なタンパク質を含んでいるドックフードがおすすめ

 

・毛はタンパク質から作られている!

 

人間も一緒ですが、毛はタンパク質によって作られている事実があります。

 

ですから、たんぱく質不足の状態になってしまうと、毛の状態に大きなマイナスの影響が出てしまうのです。

 

たとえば、毛の成長が遅くなってしまったり、毛が細くなる、といった可能性もあります。

 

特に注意してほしいのが艶です。

 

ワンちゃんの毛に艶がないと、元気が無いように見えてしまいますよね。

 

飼い主としても心配になってしまうものです。

 

ドックフードですが、基本的にどのタイプにもタンパク質は含まれています。

 

重要な栄養素だからです。

 

問題になってくるのが、どんな原材料からタンパク質を摂取するのか、といったことです。

 

人間で言えば、高タンパク低カロリーの大豆が良いとされています。

 

しかし、ワンちゃんは違います。

 

犬は、内臓が肉の消化に適しているのです。

 

確かに大豆などを摂取して毛に利用することも出来ますが、消化吸収が非効率になってしまいます。

 

ワンちゃんにとって質の良いタンパク質はお肉です。

 

お肉を主成分としているドックフードを与えてください。

 

毛並みや毛艶がだいぶ変わってくるはずですよ。

 

 

■脂質の量にも注目しよう

 

・一定以上の脂質の量も重要

 

タンパク質だけあれば毛並みや毛艶が良くなるわけではありません。

 

他にも、脂質がしっかりと含まれている、といったことが重要なのです。

 

脂質の保有量ですが15.0%以上に設定されているものがおすすめです。

 

 

・植物性・動物性の脂質があると良い

 

植物性のオイルが含まれているだけであったり、動物性のオイルだけが含まれているものはあまりおすすめではありません。

 

双方のオイルをバランス良く配合しているものがおすすめです。

 

鶏脂、サーモンオイル、オリーブオイルといったものが含まれているものがベストです。

 

脂があることで皮脂の量も増え、毛並みもよく見えるようになりますよ。