愛犬のお口の健康のためにはドライフードの方がおすすめです

ワンちゃんは人間のように自分で歯磨きができるわけではありません。

 

ですから、仮に虫歯菌がついてしまうと虫歯ができてしまうこともあるのです。

 

そもそも、ワンちゃんは雑食なので、歯周病になりやすい、といった特徴を持っています。

 

こちらではワンちゃん大口の健康を守るためにはどういったことがおすすめなのか、といったことをお話します。

 

実は、食べ物によっても口腔内の健康状態が変わってくるんですよ。

 

 

■ドライフードのほうがお口の健康は保たれる

 

・歯につきにくくなる

 

歯に食べ物のかすが付いてしまうと、それがプラークとなり、さらに時間が経つと歯石になってしまうのです。

 

歯周病を発生させる原因になってしまいます。

 

問題は、食べ物のカスがはが歯につきにくいような状態にすればよいのです。

 

ウェットフードについては、ワン茶の歯にどうしてもついたままの状態になってしまいます。

 

歯周病になってしまいやすいです。

 

一方で、ドライフードはカスとして歯に残りにくい、といった特性があります。

 

ドライフードの場合は、それなりの固さがあります。

 

そして弾力もあるのです。

 

ドライフードを食べることで、歯についてカスが削ぎ落とされる、といったこともあります。

 

実はドライフードによって歯のカスがつきにくくなる、といった傾向があるわけです。

 

ワンちゃんにウェットフードとドライフードのどちらを与えようか悩んでいる方は、歯の健康のことも考えてドライフードにしてみませんか。

 

ワンちゃんの将来的な健康を守ることにもつながってきますよ。

 

 

■歯のプリメントを利用することも考えるべし

 

・犬の歯の健康用サプリメントも販売されている

 

ドックフードなどにふりかけることで摂取させてあげられるサプリメントも登場しているのです。

 

ワンちゃん大口の環境を良くする成分が多数含まれており、実際に歯周病が改善した、といった報告もあるほどです。

 

一旦、口腔環境が悪くなると、なかなか元の状態には戻りません。

 

しかし、サプリメントで良い成分を継続摂取させていけば、早い段階で効果があることも考えられるのです。

 

ワンちゃん用の歯のサプリの素晴らしいところは、校内の環境だけでなく、胃腸の環境も考えている、といったところです。

 

実は、ワンちゃんの口腔環境は胃腸が関わっていることも多いのです。

 

実際に、乳酸菌が含まれているサプリメントも存在しています。

 

ワンちゃんの歯の状態が気になったら、ドックフードにこだわったりサプリメントの利用も考えましょう。