愛犬の涙やけの原因はドックフードかも!涙やけをケアするには

ワンちゃんの涙やけがある、といったケースも珍しくありませんよね。

 

定期的にケアしているのに、出来てしまっている場合にはドックフードに大きな原因があるのかもしれません。

 

こちらでは、涙やけのケア方法についてドックフードを中心にお教えします。

 

 

■ドックフードによるアレルギーが関連している可能性あり

 

・穀物アレルギー
・添加物によるアレルギー症状

 

ドックフードには様々なアレルギーが実際に存在しています。

 

穀物アレルギーであったり、添加物によってアレルギー症状が引き起こされることも珍しくありません。

 

ドックフード選びを間違えなければ、ワンちゃんの健康はかなり向上します。

 

原材料をチェックすれば、ドックフードにどのような成分が入っているのかもしっかりと把握できるのです。

 

穀物系のドックフードは、穀物が原材料表にしっかりと記載されているはずです。

 

添加物に関しても、必ず記さなければならない、といった決まりがあります。

 

ドックフードを購入するときは、必ず原材料をチェクして、穀物が含まれていないもの、添加物が含まれていないものを選択してください。

 

 

■おやつが涙やけの原因になっていることも

 

・ジャーキーを与えていませんか?

 

ジャーキーだけではありませんが、基本的におやつは栄養が偏ってしまっているのです。

 

その栄養の偏りが、涙やけの原因になってしまうこともあります。

 

涙がどろどろの状態になってしまい、涙管に詰まってしまうのです。

 

その結果、涙焼けが発生してしまいます。

 

おやつを与えるのであれば、なるべく健康的な栄養バランスのとれたものを与えてください。

 

 

■逆さまつげになっている可能性あり

 

・まつげの刺激によって涙が増えてしまう

 

人間にも逆さまつげがありますが、ワンちゃんにも発生してしまうことがあるのです。

 

まつ毛によって眼球が刺激を受けてしまいます。

 

その結果、涙がどんどんと出てきてしまうのです。

 

逆さまつげに関しては、まつげをカットしてあげたり、毛抜きで抜いてあげると症状が落ち着いてきます。

 

嫌がってしまうワンちゃんもいるのですが、涙やけのためなので逆さまつげの可能性はチェックしておく必要がありますよ。

 

 

■加齢の影響も考えられる

 

・涙管が衰えてしまう

 

ワンちゃんも年をとると様々な期間が弱ってしまいます。

 

涙管の機能が弱まってしまい、涙やけの症状が出てきてしまうのです。

 

年についてはしかたがないので、定期的に涙やけを取り除いてあげる、といったことを実施してください。

 

涙やけ防止の専用ドックフードって売ってないんですか?

ワンちゃんに起こりやすいものとして、「涙やけ」あがあります。

 

目元が可哀想な状態になっていますよね。

 

雑菌などが繁殖してしまい、大きな健康被害をもたらしてしまう可能性も指摘されているのです。

 

しっかりと対処していかなければならいません。

 

そこで注目して欲しいのが、涙やけ防止機能があるドックフードはないのか、といったことです。

 

毎日の食事から対処ができれば言うことなしですよね。

 

特に涙やけができてしまった経験のあるワンちゃんを飼っている方は、そういったドックフードを利用したい、と思っているはずです。

 

こちらでは、涙やけ防止専用のドックフードについて徹底解説します。

 

 

■涙やけ予防タイプのドックフードは販売されている

 

・涙やけ専用ドックフードは発見できず・・・

 

涙やけ対策が専用でできるタイプのドックフードに関しては確認できませんでした。

 

国内だけでなく海外も探してみると見つかるかもしれませんが、その数は極めて少ないと考えられます。

 

実は涙やけですが、その涙やけ自体を解決するのではなく、品質の良いドックフードを与えると改善する、とされているのです。

 

 

・涙やけに効果的なドックフードの特徴とは?

 

無添加タイプのものです。

 

涙やけが出来てしまう一つの原因となっているのが、涙管が詰まってしまう、といったものです。

 

涙管が詰まってしまうことで、そこに菌が繁殖して目元に大きな問題を発生させてしまいます。

 

涙管が詰まってしまう原因として指摘されているのが、添加物なのです。

 

添加物が多く含まれているようなドックフードに関しては、涙管を詰まりやすくさせ、涙やけを招いてしまいます。

 

涙やけを招いてしまわないように、確実な対策を練っていきましょう。

 

まずは添加物を含んだドックフードを与えない、といったことが重要です。

 

近年では、ワンちゃんの健康も考えたドックフードが数多く出てきているのです。

 

無添加ドックフードもその一つです。

 

ちなみに、無添加ドックフードに関しては涙やけだけではなく、アレルギーの発生確率を引き下げる力もあるとされています。

 

ただし、値段が高いといったデメリットがあるので、多くの飼い主さんを悩ませています。

 

 

■どんな添加物が涙やけを引き起こしてしまうのか?

 

・着色料
・保存料
・香料など

 

ドックフードには様々な添加物が実際に含まれています。

 

着色料をリ用して、ドックフードの色を鮮やかにするケースもあります。

 

保存料を加える事で賞味期限・消費期限を伸ばす、といったことを実施しているケースもあるのです。

 

ワンちゃんの食欲を高めるために香料を利用しているケースも少なくありません。

 

それらの添加物がワンちゃんお体内に入ると、涙管をつまらせてしまうこともあるのです。

 

涙の中にそれらの添加物が入り込んでつまらせてしまう、といった指摘もされています。

 

無添加系のドックフードであれば、それらの添加物は一切含まれていません。

 

涙やけの原因の一つをクリアできるわけです。

 

涙やけになりやすいワンちゃんを飼っている場合には、食事対策から実施してみませんか。

 

 

■涙やけになりやすい犬種とは?

 

・パピヨン
・コッカー・スパニエル
・ビションフリーゼ
・ブルドッグ
・キャバリア
・ポメラニアン
・シーズー
・トイプードル
・チワワ
・マルチーズ
・パグなど

 

比較的小型犬が多いことがわかると思います。

 

小型犬を飼っている飼い主さんは、涙やけが発症していなかったとしても、そのリスクはある、といったことを前もって認識しておくことが必要ですよ。

 

 

■ドックフード以外の涙やけ対策はないのか?

 

・拭きとりケアを実施すること

 

涙が出ているワンちゃんは涙やけになりやすいです。

 

問題は涙が出ているままにしておくことです、ワンちゃんの場合は毛がたくさん生えているので、涙がその部分に残り、雑菌を繁殖させてしまう恐れがあります。

 

定期的に拭きとりケアを実施して下さい。

 

1日あたり数回の拭きとりケアをするだけでも、涙やけが発生する確率を大きく減らせるはずです。

 

 

・目の周りの毛を短くカットする

 

目に怪我入って涙がたくさん出ている可能性があります。

 

毛が目に刺激を与えないように、定期的に目の周りの毛をカットする、といったことも極めて重要です。

 

特にシーズーやマルチーズといった犬種は目の周りにも長い毛が生えているので、涙を大量に発生させてしまう恐れがあります。

 

目の周りの毛の長さを確認して伸びてきたと思ったらカットするようにしてください。

 

 

・水分をしっかりと摂取させること

 

水分を摂取することで老廃物などが体外に排出されやすくなります。

 

水にはデトックス効果もあるのです。

 

涙やけは、涙管が詰まってしまうことで発生します。

 

涙管は老廃物が詰まっても発症してしまうので、水分を積極的に摂取して、老廃物を涙管以外から排出させてしまうことが極めて重要なのです。

 

食事中にも水分を積極的に摂取させるように考えなければなりません。

 

ウェットフードを与える方法もあります。

 

また、ドライフードに見ず混ぜることも考えるべきです。

 

 

ドックフードでワンちゃんの「涙やけ」も改善できるのか?

ワンちゃんに起きるケースの多い症状の一つに、「涙やけ」といったものが有ります。

 

これはワンちゃんの涙が顔に残ってしまい、その水分に菌が繁殖することで起きてしまいます。

 

目の異常に発展することもあるので注意しなければなりません。

 

そんな「涙やけ」ですが、実はドックフードでも対処できることが分かっています。

 

こちらでは、どんなドックフードを選んだら「涙やけ」が出来にくくなるのか、といったお話をさせてもらいますね。

 

 

■無添加タイプのドックフードを選ぶこと

 

・涙やけは添加物によって引き起こされることも

 

そもそも涙やけの原因は、涙腺が詰まっている事によって引き起こされてしまいます。

 

ワンちゃんの中には、犬種によって涙腺をつまりが起きやすいケースも有り、気をつけてあげなければなりません。

 

犬種によって起きやすい場合は仕方ない場合も有りますが、実は添加物によって引き起こされる、といったケースも報告されているのです。

 

添加物を含んでいる食事をとっていると、老廃物の問題が出てきます。

 

体内の老廃物が溜まってしまい、それが涙腺をつまらせてしまうのです。

 

そこで、無添加タイプのドックフードに白羽の矢が立つわけです。

 

ドックフードの中では少し高級なタイプとなってしまいますが、ワンちゃんの健康を守るためには欠かせない出費といえます。

 

 

■ドックフードに内臓系が含まれていないこと

 

・動物の内臓を食べると涙やけを起こしやすい

 

ワンちゃんは肉食なので、基本的にドックフードには基本的に肉関連のものが多く含まれています。

 

一般的な肉であればよいのですが、実は肝臓や腎臓といった内臓が含まれているケースが極めて多いのです。

 

内臓を食べてしまうと、ワンちゃんは消化吸収が難しい、といった問題が出てしまいます。

 

消化しきれないものは、老廃物として体をめぐることになってしまい、これまた涙腺をつまらせてしまう可能性が出てくるのです。

 

純粋な肉を含んでいるドックフードをワンちゃんに与えて下さいね。

 

 

■低カロリーのドックフードを選ぶこと

 

・高カロリーなドックフードは涙やけを引き起こす

 

高カロリーなドックフードは栄養があるものも多いのですが、ワンちゃんの負担になってしまうことも考えられるのです。

 

肥満になってしまうことも十分に考えられます。

 

特に脂質を取り過ぎてしまうと、老廃物が多くなり、涙やけの原因になりかねません。

 

脂質が少なめの、カロリーが低いドックフードを選んで下さいね。