ドックフードを柔らかくふやかして与えるのは何カ月頃まで?

幼犬の場合は、堅いドックフードだと食べにくいですよね。

 

顎が疲れてしまうこともあります。

 

その結果、食べる量が減ってしまう、といったことも十分に考えられるのです。

 

そこで、幼いワンちゃんには、ドックフードを柔らかくして与える、といったことを実行している方も多いと思います。

 

こちらでは、ドックフードを柔らかくして与えるのは何ヶ月なのか、といったことをお話します。

 

赤ちゃんワンちゃんを飼っている方は必見です。

 

 

■3ヶ月から4ヶ月くらいまでは、柔らかくして与えよう

 

・大人の歯に生え変わったら堅いドックフードで問題なし

 

ワンちゃんも歯の生え変わりがあります。

 

大人の歯になれば、堅いものでもしっかりと噛み砕けるようになるので、それまではやわらかくしてドックフードを与える、といったことが大切です。

 

大人に生え変わる今での期間ですが、犬種にもよりますが、基本的に3ヶ月から4ヶ月位です。

 

ですから、3ヶ月から4ヶ月くらいたってしまえば、カリカリのまま与えても問題ないのです。

 

ただ、いきなり全てのドックフードを固いままあたえないでください。

 

 

■少しずつ慣らしていくことが肝心

 

・まずはおやつから堅いものを与えてみよう

 

3ヶ月から4ヶ月経ち、歯が生え変わったら、まずはおやつなどで固いドックフードを与えてみましょう。

 

まずは固さに慣れさせることが肝心なのです。

 

固いドックフードに最初は戸惑ってしまうこともあるので、ある程度量を抑えるべきです。

 

たとえば、おやつで2粒から3粒のドックフードを与える時に固いままで与えてみる、といったことをしておきましょう。

 

いきなり食事の固さを切り替えてしまうと、顎が疲れてしまい、食事量が少なくなってしまう可能性があります。

 

少しずつ慣らしていくことがおすすめで、食事についても最初は3分の1、1週間経ったら半分、さらにもう一週間経ったら全部を固いまま、といったペースがおすすめです。

 

段階を踏む、といったことが極めて重要なのです。

 

 

■犬種によっては一生ふやかして与えることもあり得る

 

・グレートデン
・アイリッシュウルフハウンド

 

上記のような胃捻転になりやすい犬種は、固いドックフードを与えてはなりません。

 

一生涯ふやかして与えるケースも有るのです。

 

自分の飼っているワンちゃんの犬種を確かめて、どんな食事がおすすめなのか、といったことを確かめてください。

 

固いものでも食べられるのであれば、前述した3ヶ月から4ヶ月を目安にしてくださいね。