アレルギーがある犬でも安心して食べられるドックフードとは

人間にもアレルギーはありますが、ワンちゃんにもアレルギーがあります。

 

様々な症状となってあらわれることもあるので注意しなければなりません。

 

アレルギーに気づきにくい、といったこともあり、大きな健康被害になってしまうかもしれません。

 

こちらではアレルギーが有るワンちゃんでも食べられるドックフードについてお話しします。

 

どんなタイプのフードであれば安心して与えられるのでしょうか。

 

 

■穀物類を含んでいないドックフードを選択しよう

 

・穀物類を含んでいるドックフードはアレルギーを引き起こしやすい

 

ワンちゃんにも小麦アレルギーや大豆アレルギーを持っているケースがあります。

 

そういったワンちゃんに、穀物類を含んだフードを与えてしまうと、アレルギーが発症してしまう可能性が高まってしまうのです。

 

そもそも、ワンちゃんは穀物類系のドックフードは身体に合わない、といったこともあります。

 

なるべく穀物類を中心としたドックフードはあたえないでください。

 

肉類を中心としたものがおすすめです。

 

 

■無添加のドックフードを利用しよう

 

・添加物でアレルギー症状が出てきてしまうこともある

 

人間もですが、添加物を多く取しているとアレルギー体質になりやすくなってしまうことがあります。

 

ワンちゃんの食事に関しては、どうしても添加物にこだわる、といったケースが少なくなってしまいます。

 

その結果、大量の添加物がワンちゃんの体に入り込んでしまい、結果的にアレルギーを引き起こしやすい体質になってしまいます。

 

無添加タイプのドックフードは少し高いです。

 

しかし、家族の健康に繋がることですよね。

 

ちょっとした出費については仕方ありません。

 

無添加タイプの品質の良いドックフードをぜひ選択してくださいね。

 

 

■どんな肉が入っているのかも確認しよう

 

・原料の肉によってはアレルギーが発生してしまうこともある

 

肉は穀物よりはリスクが高くありません。

 

しかし、肉の種類によってはアレルギーが発生してしまう可能性もあるのです。

 

特に注意して欲しいのが、牛肉や豚肉のドックフードです。

 

牛肉や豚肉を食べるとアレルギーを発生させてしまうワンちゃんもいるので、実は馬肉やラム肉がおすすめです。

 

馬肉やラム肉であるとアレルギーが発症しにくい、といったことも分かっているのです。

 

牛肉や豚肉を食べさせて少しおかしいな、と思ったら、馬肉やラム肉に切り替えてください。

 

アレルギーが完全に発症する前に手をうっておくことが大切ですよ。

 

 

犬のアレルギー対策には国産の無添加ドックフードがいいの?

飼っている犬のアレルギーに悩んでいる、といった飼い主さんも増えてきています。

 

ワンちゃんがアレルギーを発症させてしまい、痒みなどいろいろな問題を発生させてしましいます。

 

飼い主さんが何も対策を立ててあげなければ、長期間ワンちゃんを悩ませることになってしまいかねません。

 

アレルギーですが、実はドックフードが大きく関わっているケースが多いのです。

 

ドックフードに問題がある状態のままにしてしまうと、アレルギーが発症する確率が高くなってしまうので注意しなければなりません。

 

こちらでは、アレルギーの発症を抑えるタイプのドックフードについてお話します。

 

 

■国産の無添加タイプのドックフードがおすすめ!

 

・アレルギーの発症確率を引き下げられる

 

アレルギーが発症する原因は様々ありますが、実は添加物が大いに関わっている、とされているのです。

 

添加物を大量に摂取してしまうと、アレルギー体質になってしまい、様々な症状に悩まされてしまうかもしれません。

 

添加物が大量に含まれているドックフードも実際に販売されています。

 

たとえばディスカウントストアやホームセンター等ではものすごく安いドックフードが販売されていますよね。

 

それらのドックフードに関しては、添加物が含まれています。

 

安く販売できるということは何かしらの裏があると考えて間違いありません。

 

コストを引き下げられる理由として、添加物でドックフードの品質を維持させている、といったこともあるのです。

 

国産タイプの無添加ドックフードであれば、問題の添加物は含まれていません。

 

その代わり、早い段階で消費しなければ品質に問題が出てきてしまいますが、少なくてもアレルギーの発生率を高めてしまうようなことはなくなくなります。

 

ワンちゃんの健康度合いをアップさせる効果が国産の無添加タイプのドックフードにあるのです。

 

 

■無添加ドックフードは国内だけではない|海外の無添加ドックフードはおすすめなの?

 

・海外のものもおすすめできる

 

無添加ドックフードは国内だけではなく、海外のものも存在しています。

 

実は、海外のほうがドックフードには先進的な考えを持っており、昔からかなり厳しい規制の元で製造されているのです。

 

人間に使ってはいけないとされる添加物をドックフードに含めてはならい、と決めているのです。

 

国内のドックフードに過疎のような規制がなく、かえって無添加ではないドックフードには大きなリスクがあると言っても過言ではありません。

 

国内の場合は無添加を選ばなければ危険なのです。

 

問題は、国産の無添加ドックフードと海外の無添加ドックフードのどちらがおすすめなのか、といったことです。

 

実は両方ともおすすめ、と判定させてもらいます。

 

国内の基準は緩いのですが、無添加とされている時点で、危険性がなくなるからです。

 

海外の無添加ドックフードも添加物が含まれていない、といった店では一緒です。

 

ですから、両方とも良いドックフードである、といった判断ができます。

 

 

・食材の鮮度を考えると国産がやや有利、といった考え方もある

 

外国産のドックフードですが、海外で製造されてから日本に入ってくることになります。

 

輸送にはそれなりの時間がかかり、その輸送環境もどうなっているかわかりません。

 

管理には気をつけているとは思いますが、国内で販売されている時には、少しドックフードの品質が落ちている可能性も捨て切れません。

 

一方で、国内の無添加ドックフードに関しては、国内工場で作られており、すぐに販売される流れとなっています。

 

海外から日本に持ち込むほどの輸送工程を経ないので、比較的早い段階で手に入れることが可能なのです。

 

ドックフードの品質が悪化することも少ないので、ドックフードの品質だけを考えると国産のほうが有利、といった考え方もあります。

 

 

■無添加タイプのドックフードでおすすめのものとは?

 

・主原料が肉であること

 

ドックフードに使われている食材ですが、穀物系をメインにしているものと、肉系をメインにしているものがあります。

 

実は、穀物系のドックフードには添加物が含まれているケースが多いのです。

 

さらに無添加であったとしても、穀物系自体が、ワンちゃんの内蔵に負担をかけることも分かっています。

 

腸などが穀物を消化しやすいようにできているわけではありません。

 

毎食大量に穀物の入ったドックフードを与えてしまうと、健康被害が発生する可能性も捨てきれないのです。

 

肉を主原料としている無添加系ドックフードであれば、非常に素晴らしい健康効果を得ることも可能です。

 

肉に関しては人間にとっては消化に負担が掛かるかもしれませんが、ワンちゃんには特別な酵素といったものがあり、効率的に消化吸収が出来るようになっているのです。

 

ワンちゃんにとっては穀物類よりも肉のほうが健康的な食材と言えます。

 

ワンちゃんお健康を考えてドックフードを選びたいと考えているのであれば、無添加であり肉を主材料として使っているものを選択して下さい。

 

できれば国産タイプを選ぶ、といったこともお忘れなく。

 

 

ドックフードで犬にもアレルギーが起こるって本当なの?

本当です。

 

犬も人間と同じように、食べ物からのアレルギーを発症してしまうことは少なからずあるのです。

 

しかし、人間のように、アレルギーが発見しづらいこともあるわけです。

 

こちらでは、ドックフードと犬のアレルギーの関係性について詳しく解説します。

 

 

■犬のアレルギーの症状とは?

 

・体中を痒がってしまう
・くしゃみが止まらなくなってしまう
・下痢をしてしまう
・口臭がきつくなってしまう
・嘔吐をしてしまう
・湿疹ができてしまう、など

 

人間のアレルギーと基本的には同じような内容になります。

 

しかし、犬をしっかりと観察していないと、見逃してしまうこともあるのです。

 

特に湿疹や口臭に関しては、はっきりとした症状が見えるわけではありません。

 

ちなみに、最も多く起こりやすいとされているのが、「痒み」です。

 

ひどい場合には、血が出るほどかいてしまう、といったことも起きてしまいます。

 

犬は自分で食べるものを変えることができません。

 

飼い主さんがしっかりと観察してアレルギー症状が出ていないかを確かめなければダメなのです。

 

 

■なぜドックフードでアレルギーが起こってしまうのか?

 

・添加物が含まれているから

 

市販されているドックフードの殆どに添加物が含まれています。

 

それらを積極的に摂取することで、ドックフードのアレルギーが発症してしまうのです。

 

・酸化防止剤 ( 防腐剤 )
・保存料
・発色剤
・着色料

 

といった添加物が実際にあります。

 

すべてのワンちゃんにアレルギーが起こるわけではありませんが、入っているドックフードを食べていると、いつかは発症してしまうかもしれないのです。

 

そもそも、添加物の中にはアレルギー症状が出なかったとしても、ガンを誘発してしまうかもしれないものがあります。

 

ワンちゃんの健康をしっかりと守るためにも対応を考えなければなりません。

 

 

■ワンちゃんのアレルギーを抑えるためにはどうしたら良いのか?

 

・無添加のドックフードを与えること

 

添加物配合のドックフードに問題があるのですから、無添加タイプのドックフードを購入して与えるようにすればよいのです。

 

もちろん、原材料によっては、アレルギーが発生する可能性はあります。

 

しかし、添加物によるリスクよりは少なくなるので、安全性が飛躍的に高まるわけです。

 

無添加のドックフードですが、スーパーやホームセンターで取り扱っていないことが多いです。

 

ネット通販や犬用品の専門店などで購入する必要がありますよ。

 

 

犬のアレルギー症状|ドックフードがワンちゃんを危険にさらす

人間にはアレルギー症がありますよね。

 

食品などにもアレルギーがあり、食べると様々な症状が引き起こされてしまいます。

 

ワンちゃんも人間と同じようにアレルギーが起こってしまうことも考えられます。

 

そのアレルギーですが、元になってくるのがドックフードだって知っていましたか。

 

あまり意識していないかもしれませんが、ワンちゃんがアレルギー症状のサインを出していることもあるのです。

 

身体を思いっきりかいていたら、それはアレルギーが出ている証拠かもしれません。

 

こちらではドックフードとアレルギー症状の関係性についてお話します。

 

 

■そもそもワンちゃんはどのくらいの割合で食品アレルギーを持っているのか?

 

・40%ほど

 

驚きの割合といっても良いかもしれません。

 

国産ペットフード業者の調べた結果なので、かなり信ぴょう性のあるデータです。

 

半数近いワンちゃんに、何らかの食品アレルギーがある、といっても過言ではありません。

 

もちろん食品アレルギーにも様々な種類があり、それほど重篤ではないこともあります。

 

しかし、注意して欲しいのが、最初は軽い症状であったのが、どんどんときつくなっていく、といったことです。

 

アレルギーは繰り返し引き起こされていることで重度の症状が出てきてしまうことも考えられます。

 

十分に注意しなければなりません。

 

 

■ワンちゃんの行動からアレルギー症状を探る

 

・皮膚の疾患がないかを確かめよう

 

ワンちゃんのアレルギーですが、多くは皮膚の疾患です。

 

皮膚の状況を確認することで、アレルギーが発生しているかを確認できるのです。

 

身体をかきむしっている
フケがている
毛が抜けている(普段よりも抜け毛量が多くハゲができている)
皮膚が赤くなっている
足の裏や指の間などをかんだり舐めたりしている

 

上記のような行動をしているとアレルギーが発症している可能性が高いです。

 

早急に対処しましょう。

 

 

■ドックフードに含まれるどんな食品でアレルギーが発症してしまうのか?

 

・牛肉
・乳製品
・小麦
・羊肉
・鶏肉
・鶏卵
・大豆
・とうもろこし
・その他、添加物など

 

様々な食材にアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

 

ドックフードの多くに含まれるような食材でアレルギーが起こることもあり、注意しなければなりません。

 

特に危険性があるのが添加物です。

 

ドックフードの中には添加物が多く含まれているものもあるので、アレルギー症状を引き起こさないためにも無添加タイプのドックフードの利用を考えましょう。

 

 

アレルギーのある犬に与えるドックフードを選ぶポイントとは

ワンちゃんの中にもアレルギーがあるケースが増えてきているとされています。

 

もちろん、以前と比べて犬にもアレルギーが有ることが分かり始めているので、アレルギーが発覚しやすくなっていることもありますが、それでもアレルギーに関してはしっかりと対処しなければなりません。

 

今回は、アレルギーのあるワンちゃんに与えるドックフードの選び方、といったものについて徹底解説します。

 

実際にアレルギーのあるワンちゃんを飼っている方は必見です。

 

 

■アレルギーの原因がわかっている場合|アレルギーの含んでいないものを

 

・小麦アレルギー
・大豆アレルギーなど

 

アレルギーに関しては、人間と同じようにワンちゃんも様々な食材で起こってしまうことが分かっています。

 

アレルギーの原因がはっきりとわかっている場合には、その食材が含まれていないものを選ぶ、といったことが極めて重要になっているのです。

 

仮に、その食材が含まれているものを与えてしまえば、どんなに品質の良いドックフードであろうと、アレルギーは発症してしまいます。

 

発作が出てしまうことになるのです。

 

アレルギーはもはや反射のようなもので、体内に入り込んでしまえば自動的に発生してしまうようになります。

 

アレルギーのあるワンちゃんは、まずはアレルギーの原因を探って下さい。

 

動物病院でしっかりと調べてもらうことも大切なことです。

 

 

・どんなワンちゃんでもアレルギーが発症しないドックフードはあるのか?

 

残念ながらありません。

 

そもそも、アレルギーは様々な食材で発生してしまいます。

 

どんなワンちゃんのアレルギーも発生しないようなドックフードはありえない、といっても過言ではありません。

 

アレルギーを持っているワンちゃんの場合は、原材料を事細かに調べて下さい。

 

そしてアレルギーを発症させてしまうような成分が含まれていないことを確認するのです。

 

この作業は特に重要な事なので、手を抜かないようにしましょう。

 

ドックフードを買うたびに、原材料を確認する、といったことを習慣づけるべきです。

 

 

■穀物系のドックフードを避ける方法がおすすめ

 

・穀物系ドックフードはアレルギーが発症しやすい

 

ワンちゃんは雑食性ではありますが、生物学といった観点から見ると肉食なのです。

 

穀物が極めて危険と言っているわけではありませんが、一定の問題が発生する可能性も捨て切れません。

 

肉食であるワンちゃんが大量の穀物を摂取してしまうと、胃腸などの内臓が負担に感じてしまうのです。

 

アレルギーに大きく関わっているのが免疫細胞です。

 

その免疫細胞は特に腸にたくさんあります。

 

穀物系ドックフードの影響で腸に問題が発生してしまうと、免疫システムに問題が発生してしまいます。

 

その結果、アレルギーが発症しやすくなってしまうのです。

 

穀物は、ワンちゃんにとっては消化するのも大変なものです。

 

摂取する利点といったものがあまりないので、穀物系のドックフードを与えない、といったことも考えておきましょう。

 

現状で小麦やとうもろこしを主原料としているドックフードを与えている方は、肉がメインで入っているドックフードを積極的に与えるべきです。

 

ちなみに。

 

ドックフードの切り替えは少し難しい可能性があります。

 

慣れ親しんだ味が変わるとワンちゃんもびっくりしてしまうのです。

 

一時的に食が細くなってしまうこともあります。

 

一方で、穀物系のドックフードからお肉系のドックフードに切り替えることでかえって食いつきが良くなった、といった報告もあるのです。

 

ワンちゃんにとっては穀物よりも肉のほうが美味しく感じるので、食欲が回復することもあります。

 

 

■無添加タイプのドックフードを与える

 

・添加物はアレルギーを発生させる原因になることも

 

ドックフードには添加物が含まれているタイプもあります。

 

一方で、無添加タイプもあります。

 

実は、その添加物がアレルギーに大きな関わりと持っていることが分かっています。

 

ドックフードの品質を維持するためにも、防腐剤や保存料として含まれているケースも有るのですが、人工的・科学的に作られたものが生物の体に良いわけがありません。

 

大きな問題を発生させてしまうこともあるのです。

 

食品添加物が多く含まれているドックフードを食べ続けると、添加物自体が体内に蓄積されてしまうこともあります。

 

その結果として、アレルギーが発症してしまうこともある、と考えられているのです。

 

驚きかもしれませんが、特に国内のドックフードは危険です。

 

添加物の無法地帯となっており、海外のドックフードには含まれていないような危険性のある添加物も含んでいるのです。

 

だからこそ、国内のドックフードを与えるのであれば、なおさら完全無添加のものを利用すべきです。

 

 

・無添加のドックフードは高いのでは?

 

確かに値段は高いです。

 

管理や製造などにもコストが発生してしまうので、価格に付加されてしまうのです。

 

だからといってワンちゃんの健康をないがしろにして良いわけではありませんよね。

 

ワンちゃんの健康を願うのであれば、無添加のドックフードを与えましょう。